おいしい時間

エギング修行 in 和歌山

2009 4月9日(木)

その朝は静かで穏やかだった。

するとお隣のおじさんがボルボのルーフに普段取り付けていないキャリアを背負っていた!?
聞くと小型ボートで和歌山の串本にグレ釣りに行かれたようです。
ボクの心の中でなにかが爆発した!ドンッ!(笑)

かねてから和歌山遠征を考えてたので、和歌山の友人す~さんに大体のポイントを、
聞いていたのですぐに準備に取りかかる。
とはいえ、未知の土地だし不安は拭えない・・・。
何とかなるさ!
あはは


目指したのは白浜のホテル川久。
周辺にアオリイカのポイントが点在してるらしい。
ナビに入力完了!
シェラフよし。(車中泊だぁ・・・川久には泊まらない!)
c0197219_11364443.jpg









PM5:00に着いたものの全然ポイントが判別できない。
周辺を見渡せどエギンガーの姿はナシ。
どうしよう・・・
そう、聞いていた千畳敷に行ってみよう!
c0197219_11372440.jpg








こんなところで釣り出来んの??
c0197219_11371519.jpg









観光名勝じゃないすか?!
絶景です。
c0197219_11375428.jpg












居ましたアングラーが。
どうもエサ釣り師のようです。
まあ釣りが出来るようなので安心しました。
地面にピトンを打ち竿のグリップを掛けてます。
見慣れない釣りなので聞いてみると、活きアジを泳がせヤエンでアオリイカを獲る。
ヤエン師。
c0197219_1237652.jpg






さっそく私もシャクル事に。
ゆっくり日は傾き、美しい景観と夕日
素晴しい。
これだけでも来た甲斐ありますね!
c0197219_11405277.jpg






そのヤエン師のジモティー吉田さん(右)と岸和田のご夫婦。
アオリイカの生態や最近の釣果など興味深く聞かせてもらい、
エギングに適してるポイントも教えていただきました。
c0197219_11404815.jpg











ポイント移動するとヤエン師で溢れてます。
すでに釣られているようで、今夜は小さいと嘆いておられました。
久々のアオリイカなのでパチリ!(どちらもキロアップです!!)
私はといえば・・・深夜までしゃくりましたが・・・あはは・・・修行修行!!
お腹が空いたし帰りたくなったのは秘密(笑)
食事し仮眠することに。
c0197219_137893.jpg






2009 4月10日(金)

朝一のポイントはまたまた千畳敷に。
c0197219_1364517.jpg






ほどなく釣れたのはなんとこのサイズ・・・笑うしかないね。
c0197219_138464.jpg






千畳敷に見切りをつけポイント移動。
これまた別のヤエン師にポイントを入手(笑)
なんと現地まで連れて頂きました。
ほんと、ありがたいことです。

みなべ町の地磯に。
c0197219_1392330.jpg






地磯なんて初めてで興味津々。
満潮時に水没してしまいます。
*ゴンズイが・・・。
c0197219_1395714.jpg








c0197219_13104766.jpg







波止にはこんな墨跡がいたる所にあります。
しかしヤエンでの釣果。
2kg後半から3kg後半までが釣れたそうです。
とどめの一言をヤエン師に・・・エギでは難しいよ!
釣り場所も無いし、またもヤエン師からエギのポイントを聞きました。
それにしてもエギンガー少ないです。
昨日からエギンガーを2人しか見てません
c0197219_13112767.jpg







そして、ある岬の地磯に。
c0197219_1312093.jpg






ここにはヤエン軍団が。
大阪から来たグループで、すでに2kgUPを釣られてました。
活きアジには、とめどなくアタックがあるのに、エギには無反応。
c0197219_1312565.jpg






今回、逢った唯一のエギンガーの池田くん。
ソロだった彼に思わず声を掛け、状況確認しましたが、
やはり朝から活きアジばかりにバイトが集中してるようです。
和歌山市内から来てる彼も、私と同じエギング2年生。
ウエーダーを着込み本格派です。
しかし状況は悪化するばかり・・・
潮が満ちて来ると、地磯の恐ろしさを知る事になるとは。
c0197219_13125437.jpg

波が当たらない場所はポイントを知るヤエン師にキープされてるし(汗
そのうえ満潮になると、帰路の確保が難しく岸壁沿いに張られたロープを伝い歩かないといけない。
夕まずめを前に、またしてもポイント移動を余儀なくされる!




池田くんの案内で御坊のポイント。
c0197219_13133244.jpg






この時すでに私の心は折れかけ・・・
膝が笑ってる!
集中力も散漫になり和歌山テトラ(多面体)は無理と判断しました。
幸い池田くんが待望の一杯をキープ!
約600gかな?
サイズでは計れない1匹となりました。
c0197219_1313598.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2009-04-13 13:29 | エギング