おいしい時間

速報 淡路島エギング

c0197219_17484433.jpg

ようやく釣れた!
親イカ=デカイカ神話とは程遠いサイズだがホント嬉しい1匹だ!

c0197219_17492625.jpg

一昨日補充したエギで釣れたことも嬉しさに華を添えてくれた。








c0197219_18365511.jpg何度来ても行きの定期船での数分間は気持ちいい!心地よい緊張感と景色。

沼島到着・・
我々3人とは別にソロのエギンガー君も乗船していて、
あろう事か同じポイントに向かっている。
あのポイントのあの向きだけは譲れない。
身軽な私が先頭を死守すべくひた走る(平静を装い歩幅を広くロングスライド歩きです)
例のポイントを確保しPOPYさんたけとさんに明け渡す。
任務完了!

私は先端まで行きエギンガー君と並んで釣ることに。
予めラインを通しているからエギを付けて投げるだけ。
そうアレの出番だ!
1投目はコレだと決めていた。

1投・
2投目・・すると漁船が入港して来るではないか!エギを高速回収。
3投目・・・スラックジャーク主体にボトムステイを長めにゆっくりとシャクリ寄せてくると、
      目視でエギの位置を確認、すると黒い影が!
      んっ?まさか?!
      間違いない!
      思わず「付いて来た!」と叫び、エギを2度軽くシャクリ上げフォール、
      続いて2度目のシャクリ後のフォールでドン!!
      まるで秋イカじゃあないか(笑)

足元まで寄せたエギの動きをチェックしたからイカの存在に気づいたけど、
普通にピックアップしていたら獲れてなかったかも知れない。
親イカと云えども基本に忠実でなければいけないな。


その後、3人+1でシャクレど・・移動し、またシャクリ・・・
無反応のまま撤収。

こんなにシャクったのに1匹しか居なかった。
残念。









c0197219_19512291.jpg 彼もまた我々を歓迎してくれて居たのだが。










さて・・刺身で頂こうかな?!
1~2日、熟成させてから食べることにしよう。

同行してくれたPOPYさんたけとさんありがとうございます。

上の2枚の写真撮影ならびに加工はPOPYさんです。
ありがとうです。
[PR]
by tipo-27 | 2009-06-21 18:19 | エギング