おいしい時間

懐古とおNEW

c0197219_011461.jpg

c0197219_005675.jpg

中古釣具店の楽しさを知った。
店内は最近のモデルもオールドギアも混在する。
コンパクトな店内に整然と飾られた様は、
一見すると脈絡のない雑然とした風景に思えるかも知れない。

少しづつ読みすすむと現行店と明らかに違う「小さな発見」の連続に驚くことになる。
「探す」と「気づく」のである。
このバスディの「モーグルバイブ40S」も現行モデルの前身だ。(管極バイブ40S)
メバルに使えるでしょう?!
てな感じです。

中古釣具店の魅力はそれだけでは無い。
翌週に行けば「小さな変化」があって面白いし。
掘り出し物を期待する。
そして翌週も通う(笑)
対話するようにSHOPに行くのですね。
中古だから安いのも魅力です。

売るための手段としても手軽でいい。
オークションの方が高額で売れるのでしょうが、
小物だとか「まさかの一品!」も値が付くこともあるようです。

ともあれ飽きないのは、マニア受けする懐かしさが良いのです。
「宝探し」のような。
中古でも手にした時から自分にとってはNEWなんだよね。

この楽しさを伝授していただいたIWさんに感謝。


追記:Tyrrell 022 U.K♯3 (タメオ1/43)
   これも15年前ほど前に作った懐かしい一品です。
[PR]
by tipo-27 | 2010-02-18 00:10