おいしい時間

早い夕飯はカルボナーラでお腹を満たす

c0197219_21395945.jpg

自家製の簡単パンチェッタでカルボナーラを作る。
まぁしかし、塩豚と言った方が正しいのかも知れない。
簡単だし美味いからOKです^^!


















c0197219_21474188.jpg

これが仕込みの状態。













c0197219_2149859.jpg

2週間でこんな感じです。
見た感じより塩がしっかり入ってます。
なので「カルボナーラ」の塩分調整は炒めたものを味見して、スパゲティの茹塩で調整します。
生クリームを使わないのが私流。
最大の難所はオリーブオイルでカリカリに炒めたパンチェッタに、
パスタを入れて乳化させた次の行程だ。

生卵とパルメザンチーズのソースをフライパンで絡めるのが難しい。
温度やソースの量、タイミングが成功の要です。
ソースのボールにパスタを入れる方がダマに成らず見た目は成功だけど、
フライパンでパスタとソースを余熱で絡めるとでは、味は雲泥の差があります。
失敗を恐れずダマにならないように仕上げることが出来れば一人前なんでしょう。
[PR]
by tipo-27 | 2011-03-27 22:56 | 料理