おいしい時間

アジ茶づけ

c0197219_02810100.jpg

アジは大好きである。
食べるのも釣るのも。
アジを釣るにはサビキ釣りがポピュラーだが、ルアーで釣る「アジング」が熱いのだ。
とはいえ神戸明石のショアで釣れるサイズは、年々ダウンしてるのが現実。
もっぱら買って喰うのが定着してしまった。

マアジの美味しさは格別だけど市販の物は丸アジが大半です。
開きは美味しいし否定しないが丸アジを購入するのは稀である。

しかしこの日はキレイに捌かれたアジフィレを発見する。
手間も省けるし「ナメロウ」で食べたくなった次第。
でも一切れ味見するとすげー生臭いではないか。

仕方ない。
火を通す調理を思案…。
オリーブオイルで焼く。
c0197219_0553720.jpg

定番だが旨い。





残りを岩塩を摺り込みアジボウダラ。
こんな日本語はないのだけど、要は「棒ダラ」のアジ版である。
グリルで焦げないよう水分をじっくり飛ばすように。

冷めてから裂くようにほぐし「お茶づけ」にした。
棒ダラ茶づけを周到する。

サラサラっ
程よい塩分がシャケ茶づけと遜色ないぞ。
いやいやアジの風味も健在だ。
[PR]
by tipo-27 | 2011-07-22 01:26