おいしい時間

潮風にゆれる

c0197219_23251839.jpg

海岸沿い続く遊歩道を自転車で走ると、
至る所にこの茶褐色の海藻が干されてる。

ワカメである。

この多くは漁師の自宅用だと聞いた事がある。
もちろん市場に流通するものもあるだろう。
小規模なスペースに干されたそれは引退した漁師の小遣い稼ぎかも知れない。
海苔の養殖程ではないが、ワカメの養殖も行われているので、
実はこの程度の規模なのかも。

ただ、ワカメ漁をするのは漁師ばかりではない。
近隣の親父さん達のお楽しみなのだ。
各々長い棒の先にカマと熊手を取り付けた如意棒を担いで、
テトラや石積みに自生するワカメをこそぎ切るように採る。

この時期の新ワカメは柔らかく滑らかな舌触り。
株も小さいが美味さは最高なのである。

お湯にくぐらすと瞬時に鮮やかな緑色になる。

ワカメのお刺身は旨い。
お味噌汁も。

干すと日持ちするので早春の若竹と頂きたい。
「若竹煮」ですね。

さあワカメを買ってくるとしよう☆

















[PR]
by tipo-27 | 2012-02-21 00:14 | 季節