おいしい時間

おかもち君2号 oishii

岡持ちで出前を運ぶ風景を最近あまり見ないですね。
形こそ違えどポタ中にお弁当や食品を運ぶケースを岡持ちと定義する。

「おかもち君2号」と襲名するにあたり、当然「おかもち君」を命名したSさんに敬意をはらった結果である。
その彼のユニークな発想でお弁当を運ぶリスクを数値化してくれたのだ。
彼の言葉を引用しよう。
「ベンチに腰掛けてべちょべちょぬるぬるの容器を取り出して蓋を取る。
うーむ、ヒドい有様です、弁当の運搬が如何に難しい行為なのか思い知らされますね。
上手く運べても落とす、ひっくり返す、弁当を取り巻く状況は危険が一杯です。
今後も同様の悲しい事故は起こりえます。
そこで数値レベルで弁当の被害状況を示せればと考えました。
世界的に採用されてる竜巻被害を示すフジタスケールのように。

オカモチスケール
レベル1 軽い片寄り、軽い汁漏れ
レベル2 重篤な片寄り、汁ダダ漏れ
レベル3 内容物が容器外に一部飛び出し、食用可
レベル4 内容物全飛び出し、でも食用可 何弁当だったのか分からない
レベル5 内容物全飛び出し、食用不可 弁当以外の物にも被害甚大 」


使わせていただきますハイ!




早速だが今回の任務はお弁当ではない。

「クリスピークリームドーナツを運べ」

食用に耐え得ることは勿論だが、その美しい外観を損ねてはいけない。
なんせドーナツなんで箱か袋なんだと想像していた。
関西では大阪ミナミと天王寺にしかないと思っていた。
(甲子園にもあるのを知らなかっただけ〜)
いずれにしろ、妹のところに行くついでに買って帰るのです。

おかもち君2号にして卑屈な状態でしか収まらない。
そしてハンディカムバッグが裏目に出た。
底にしかこの箱が収まらず、その上にハンディカムバッグを載せる格好だ。
輪行と走行に耐えれないだろう。
レベル4〜5を覚悟する。
c0197219_23481495.jpg

ギリギリです。





恐る恐る箱を取り出し蓋を開けた!
c0197219_23524565.jpg

レベル1ですな。奇跡的だ。
意外にケースがしっかり出来ていたからでしょう。


そして肝心のその味は軽い食感とガッツリ甘いのが良いぞ。
人気あるのが理解できました。
[PR]
by tipo-27 | 2012-06-13 00:02 | 自転車