おいしい時間

ガツンと夏の肴 2

c0197219_2194322.jpg



手羽元をグリルで焼くだけだ。
ミディトマトとスウィートバジルのオイルビネガーマリネと。


夏の味と云えば「辛み」と「酢味」かも知れない。
私はどっちも好きだ。
お酢が好きな私は何にでも「酢」なのです。

そうです今回の主役は「酢」です。

手羽元を塩と酢で揉んで下味を付ける。
隠し味で醤油を少々…
このひと手間で「ただの塩焼き」からの脱却が可能です。
肉が酸っぱいなんてことは決してありませんよ。
酸味はトマトマリネで涼しげな夏の味を追加です。

サッパリしたトマトマリネと骨付き若鶏(手羽元)のボリューム感が食欲を増幅すること間違いナシ(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2012-07-18 21:57 | 料理