おいしい時間

tikitのフロントパニアバッグによる首振り防止ストラップ

c0197219_12391680.jpg

この状態が何なのかお分かり頂けるでしょうか?

??

当然です!

それはスタンドを立てて自立させるとtikitのハンドルがクルリと回転して首を振ります。


c0197219_12393021.jpg

これも同じ状態です。
何故このような事が起きるかといえばフロントパニアバッグが重いからなんです。
便利で容量もあり重宝してますが弊害もあるのですよ。
回るだけならまだしも回転する勢いで必ずといって車体ごと転ぶ。
バッグが重いほど顕著に回る回る!転ぶ…(汗)

このデメリットを解決すべく友人が試作した物を使わせてもらいました。
これです↓
c0197219_133143.jpg




どう使うかと云えば。
c0197219_1355099.jpg

ストラップの端部にこのストッパーが取り付けてあります。




c0197219_138167.jpg

もう片方はボタンフックが付けてありフロントキャリアに固定します。





c0197219_1319212.jpg

折りたたみ時のハンドルステムの固定受けにストッパーを掛ける。
これで完了です。


ストラップ中央のバックルはパニアバッグの重量(積載)で微調整が可能。
バッグが重ければ短くするなどして対応します。





c0197219_13272236.jpg

走行時はこのように畳んでボタンフックで留めるわけです。

これでハンドルの回転と転倒が激減し、
真直ぐ自立したtikitの写真が上手く撮れます。
フロントパニアの首振りでお悩みの方にお勧めです。
とはいえまだ試作第2段だそうで次なる改良もあるそうです。(友人談)





c0197219_1340227.jpg

先日の嵐山でのスナップ。
美しく自立した2台のtikit
このストラップが無ければ実現しないのです。
ステキだ!(笑)





そしてもう一つ重要な性能があります。
それは万が一ストラップを付けたまま走り出すと危険極まりない!
ハンドル操作が出来ずに乗車したまま転倒してしまう。
なので完全固定にしない工夫がボタンフックなのです。

「もしもの時にキャリア側のボタンが外れる」

ハンドルを固定しつつ自立させる事と簡単に外れるという相反する構造を、
ボタンフックのサイズを換えて検証した念の入れよう。
安全対策も視野にいれた構造に頭が下がる思いです。
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-11 14:11 | 自転車