おいしい時間

Solo Stoveデビューとジャークチキン

先日、購入したソロストーブを使ってみた。
テストなので自宅ベランダが晴れ舞台です。


c0197219_16294084.jpg

c0197219_16302924.jpg



ソロストーブは先日のマキノキャンプでその性能のゆるい雰囲気が、
自分に合ってるような気がした。


そして本日、実際に使ってみましょう。
燃料はもちろんAmazonで購入した松ぼっくり!えっ?それは無い?(^o^)ですよね。
神社の松林で拾って来た松ぼっくりです。
c0197219_16371749.jpg

ソロストーブに松ぼっくりを二つ入れてバーナーで点火する。
するとみる見るうちに炎を高くゆらゆら揚げる。
ガスストーブとは一味も二味も違うゆらゆらの炎だ。
いいぞ!ソロストーブ、偉いぞ松ぼっくり!
c0197219_16374410.jpg

思わず叫んでしまうほどの高揚感。
火を見るとアドレナリンが分泌されるのだろう。
かなりハイテンションです。

そして今夜の肴は!?
ジャークチキンだ。
が度々作っててホンマに旨いの?焦げてるやん!とか思ってた。
朝から電話して詳しいレシピを伝授してもらう。
簡単である。
ジャークチキンのシーズニングソースを鶏ももにすり込んで漬け込む。
本当は冷蔵庫で2、3日漬け込むらしいが今朝聞いてソースを買いに走ったので今晩に間に合わないよ(>_<)
しかし裏ワザのアドバイス通り常温で5時間漬けこむ。常温がポイントね(^o^)
早速焼きましょう。
c0197219_16425226.jpg

(今回は鶏もも肉と唐揚げ用のチューリップを使用)
家庭ではオーブンで焼くのですが今回はソロストーブだから上手く焼けるか不安です。
しかしソロストーブとの相性はバツグン!
c0197219_16451575.jpg

目の前で火を調整する事が出来る。
簡単に言えば焼鳥を焼く要領です。
ソロストーブの醍醐味を味わえる一品となりました。
c0197219_1646628.jpg

「レモンは必須よ!」妹談
(げっ!レモンを盛るの忘れた…)

ジャマイカの熱い夜をどうぞあなたも。
ビールに合う!

ソロストーブは優秀な調理器具だ。
[PR]
by tipo-27 | 2013-06-15 16:51 | 自転車