おいしい時間

久々の本気モード

このところ釣り熱が再燃しつつあります。
最近、アジやイワシを餌で釣るのが楽しかったからです。
所謂、サビキ釣りですね。
原点回帰とでも申しましょうか。
発端は淡路島テント泊ツーリングで穴釣りを友人に楽しんでもらったからに他ならない。
自転車と釣りを結びつける事にさほど時間は必要なかった。
好きなことは理屈抜きに融合するのである(笑)

c0197219_175577.jpg

自然の成り行きでルアーでの釣りに興味は移行するのです。

当然、ライトリグにトライしたくなって、これまた久々に釣具屋でリグを探した。1年はご無沙汰してました。
そして「34」のこれを発見!
キャストアシストのSキャリーと云うもの。
この手の小さなリグが大好きです。

c0197219_175229.jpg

狙いはアジです。
アジングです!もちろん

なぜ君なの?ミニマムガッシーくんよ!

c0197219_175373.jpg

そして苦手なタケノコメバルですやん。

ラン&ガン


カタクチイワシの猛攻を逃れ、ようやく見つけた真鯵ポイントで釣れた。
メバルの外道で簡単に釣れたアジですが狙うと難しい。
人生そのものだ。

フッキング出来ない。

半端な私が云うのもなんですが、楽しく行こうよ。
なんて考えながら。


それでも




この日は色気ムンムンで攻める。
ライトタックルを2セットとエギングタックルも持参していた。

アジングでフッキング出来ないお粗末な結果に逃げるかたちでイカのポイントに。


すると一級ポイントに先行者あり。
ため息混じりだが気合い十分です。
すると先行者くんがいきなり釣った。
良型だけどキロはない。

いいサイズだね!

ハイ、2投連続ですと軽やかな口調で返答した。えっ?そうなの?

ハイ、さっき釣ったのキロアップでしたと微笑む。
笑顔がいい感じの好青年だ。
すると私のラインに違和感が。
瞬時に反応すると

ぐぃ〜ん

ぐぃ〜ん

おお!きたぁ〜




c0197219_175415.jpg

久々の良型ですがシーズンを終えるには少々役不足です。
(帰宅して計量したら840g)
今シーズン最大なので素直に嬉しかった。


これで今季は終了とするとしよう。
今季は少ない釣行でも短時間で数釣りも楽しめたし、トルクフルな引も楽しめたからね。
2013 11/30






しかしながらキロ超えしないと悔しい。
今日も雷と局地的な雨に萎えかけたけど、こんな気圧ほど釣れるのである。
釣り人も居ないハズの日曜日の夜。
いくぞ!おれ(笑)

しかし今回も先行者あり。
でも釣行時間を決めて集中する作戦なのでそれも想定内だ。



稲光が遠くの雲から見える。
雷鳴は聞こえないから心配ないでしょう。

すると

ぐいっ

ん?
ロッドワークできくと。


ずしり

重く根掛りかタコのような押さえ込み。

ロッドを立てながらリーディングで更に違和感を確証する。

なんだ?なんなんだ?


すると


トルキーな押さえ込みと同時にラインを引き込む!

アオリイカだ!しかもデカイぞ。

きつめにセッティングしたドラグが悲鳴をあげる。

ジリッ

ジリジリッ

同時にぐいんぐいん

おお!引くよ


中々、寄ってこない。
ドラグを締めながら弓のように弧を描くロッド。

こんな事態でもロッドのしなりを見るのが好きだ。
限界点を把握しないといけないし、ターゲットのサイズを予測する。
釣り人なら誰しも楽しめる瞬間なのだ。
釣りの醍醐味はこの瞬間だといえます。

若い先行者くんは彼女と同行していて、タモ入れを志願してくれた。
いい男の片鱗を垣間見せてくる。
釣り人は気甲斐性がないといけない。
他人の釣果を我がことのように喜べるかで自身の釣りの行方も左右されかねない。
大袈裟だと思うかも知れないけど、世の中の仕組みは良心で成り立ってるのだ信じています。

直後に彼も私と同サイズを釣ることになる。

寒い夜にアドレナリンと感動で寒さも忘れた。
c0197219_175531.jpg

2013 12/1pm



写真も投稿もiPhoneから。








帰宅して計量したら1.4kgでした。
[PR]
by tipo-27 | 2013-12-01 11:25