おいしい時間

いがめんち oishii

「いがめんち」

決して誤字でも脱字でも御座いません。
では、いったい何ぞや?!

それは!
c0197219_21461889.jpg

ある素材を叩いてミンチ状にします。
つなぎに小麦粉を少々と全卵を使い、まるでハンバーグのようですね。

フライパンで焼きましょう。
c0197219_21571215.jpg

素材が不明だと特に目新しい程でもありません。
しかし、そこに私なりのストーリーが存在しているので今回のネタに発展したのです。
それは吉田類の酒場放浪記(BS-TBS)を観てると今回の「いがめんち」に遭遇したのだ!
その放送で青森は弘前のソウルフードだと知った。


青森訛りで「いがめんち」ですがイカのミンチで
イカメンチである。

美味そうだし食べたいと思った理由も、イカ釣りが好きだからなのは否定しません。
しかも出番待ちの冷凍ストックの悲痛ともいえる声が聴こえる(笑)

作りたいと食べたいが見事に融合した瞬間です。





c0197219_2391438.jpg

弘前のオカンの味、所謂お袋の味なので家庭で様々なレシピが存在するようです。
イカの下足をミンチにすることは基本で時々の野菜を刻んで入れるのがルーツのようだ。
今回は番組中で紹介されていた弘前の居酒屋「土紋」のレシピを再現してみました。
当然、野菜は玉ねぎを使うことに。
冷蔵庫の白ネギも刻んで入れることにしたのはアドリブです。

マヨネーズに一味を落とし醤油をかけて戴く。
炙りスルメと同じですね。

使ったイカはアオリイカ850gのゲソとエンペラ。このサイズを5枚しか作れなかった。
土紋さんで一日10食しか提供出来ないのもうなずける。

イカ釣りが好きなアングラーにお勧めです。
それ以上に関西圏でも楽しんで欲しい料理だし酒の肴に最適でしょう。
アレンジして自分好みのレシピを開発する意欲をそそる出会いでした。
[PR]
by tipo-27 | 2014-01-12 00:08 | 料理