おいしい時間

オイルサーディンを作りましょう…再び

今回はスーパーで売られてた真イワシを使いましょう。



c0197219_22155128.jpg

しかもフライ用に捌いて開いて完璧、楽チン♫バージョンを発見しました。
素直にイワシのフライでもよかったのですがココはアレなんでコレで。

塩水に1時間漬け込んで味を決めます。
10%の塩水を作りその時間で味を決定する訳です。
今回は初回とは違うのである。
一度、経験すると格段にスキルが上がってる。
大きいので1時間でも塩っぱくないと踏んだ!





c0197219_22321682.jpg

オリーブオイルとサラダオイルをブレンドして鍋に。
そして…ここからが重要なのです。

IHヒーターの”1”
でじっくり煮るのだ。
決して揚げてはいけない(笑)
小さな気泡が優しくポツポツと。

初回は温度を上げて失敗した苦い思い出も懐かしいぞ。

ここでも1時間煮込む。

そして1時間冷ましてマリネする。
合計3時間の永き闘いであった。





春、イタリアンパセリの新葉が美味しい。
カリカリに焼いたオイルサーディン。
中骨の心配も取り越し苦労でした。
c0197219_22561094.jpg

程よい塩加減と香ばしい薫り”カリっとふわっ”なんです。

時間セレブなんでしょうか。
自転車もですが目的地に早く着かなくても楽しい。
ここに来るまでが楽しい。

次はどこ行きましょう。。。
[PR]
by tipo-27 | 2014-04-10 10:35