おいしい時間

秩父へ行こう

4/26 am 2014
秩父に行く方法は新幹線での輪行か、車を使った方法の二者択一です。
当初は新幹線で行くつもりでしたが、乗り換えが面倒になり車を使う事にした。

それは何を意味するか。
自由度が増したのである。
遠方なので26日は移動日に当て、道中で観光することが可能だ。
自転車を買った当初から温めていたプランを実現しようではないか。
願ったり叶ったりの展開に笑みがこぼれた。



c0197219_1317168.jpg

そうです!そうなんです。

富士山なのです。
富士山を背に自転車で走りたい。



c0197219_13185856.jpg

中央道の甲府南ICでおり、358号線を南下し、精進湖を抜けて到着。

そしてお約束の珈琲タイム
天気は晴れ。
しかし、山頂付近にびみょ〜な雲がかかる富士。
西から吹く風に乗り止めなく連なる。

雲…




c0197219_131919100.jpg

湖に流れ込む小川でカップを洗うなんて贅沢ですね。




c0197219_13174276.jpg

爽やかな風が穏やかな気分にさせてくれる。





c0197219_13183157.jpg

西湖はkoro156さんの勧めで訪ねた。
自転車で少し走り富士山の存在感に感動しながら。
時間が許す限り見惚れてました。
そして雲が切れるのを(笑)





そして、いよいよ秩父に向う。
140号線(雁坂みち)で熊谷方面へ。




c0197219_13201284.jpg

途中、お腹も空いたし山梨グルメと云えば「ほうとう」でしょう。
こちらで戴くことに。





c0197219_13201876.jpg

里芋や大根、人参や南瓜やインゲン豆。
具沢山で食べ切るが大変でした。
ホッとする味と云うか安心する優しい感じです。
きしめんのような麺がもちもちして美味しい。

c0197219_13205338.jpg

店内から見た風景。
実は富士山が望めるお店のようでした。
やはりというか雲で見えない(笑)






山梨を抜け、秩父に入った途端に景色が激変した。
まさに渓谷だといえる。
高い山々に切立った斜面沿いに車を走らせる。
深い谷の下に荒川が見え隠れ。
ほとんど車からは見えません。

美しいの一言に尽きる。

電車ならこの絶景を見下ろしながら行くのでしょうね。
それはそれで良かったかも知れない。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-02 13:24 | 自転車