おいしい時間

山椒の実がなってた@自宅

c0197219_2352295.jpg

今更ながら植物の成長スピードについて往けない私です。
数週間前には若葉も皆無だった山椒の木が青々としていた。
実も生ってるではありませんか。慌てて収穫しました。
確か昨年はちりめん山椒を作ったような(笑)
今回は汎用性のある「山椒の醤油煮」を作る事にしましょう。



c0197219_23524532.jpg

下茹でして灰汁を抜き、日本酒と味醂、醤油少々で水分が無くなるまで焦さないように煮詰めます。




c0197219_23525380.jpg

完成して味見をすると濃味ではありますが、ピリリと辛く山椒の風味が実にいい。
そのままでも良い肴ではあるけど、少量の味噌と和えたら即席の肴が出来ました。
実に酒飲みのアテではありませんか。豆皿の上で個性豊かな風格を醸し出してる。
ちびりちびりとヤルのが作法で御座います。





基本の醤油煮を使いアレンジの一品も簡単に出来ます。
c0197219_2353276.jpg

出汁昆布を刻んで佃煮を作ろう。
梅干しも追加しての豪華版だ。




c0197219_23531082.jpg

しかし…失敗です。
昆布が固いんです。
短時間で市販のように程よい食感の美味しい昆布の佃煮を作るのは無謀だったのでしょう。
乾燥した昆布を使ったからかな?

水で戻した昆布を出汁ごと煮ると柔らかい佃煮が出来たかも知れないです。。。

まぁ…昆布が固いだけで味はいけます。

対策として包丁で叩いたら粘りが出て、相乗効果とでも云えばいいのか旨味が増した。
ほんと料理はオモロイですね。
ここにオクラとか山芋を追加したらネバネバ系の肴が出来そうだと思った。
ご飯にも絶対合うね!




c0197219_2353189.jpg

私が思い付いたのは叩いて「山椒と昆布の梅煮タタキ」(命名)をおにぎりの具に使うことにしました。

そして焼いた。

不味いハズもなく。

かんぺき!(笑)


形が不細工なのは勘弁して下さい。
三角おにぎりが握れないのです私(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-05 00:43 | 料理