おいしい時間

ハレとケ

ふらっと京都に行くのが好きだ。
いつでも行けるから気が向いた時に行くのです。
昨年は友人に連れて行ってもらう事が多かったのですが自分で行くと、ひと味違う京都が見えて来た。

没後55年 北大路魯山人展
その存在は各所で見聞きして知ってはいるが実際に体感したことはなかった。
先日、上賀茂で生誕地の碑を偶然見付けて感動したのが最たるもの(笑)
そんな記憶も忘れ去られようとした或る日、京都在住のブロンプトン友達が魯山人展に行っていた。
そしてかき氷を食べてる!

この日のテーマは「魯山人とかき氷」に決定です。
魯山人から甘味に繋がる流れは素晴らしくて同じコースを辿るのも良いでしょうと思う。
自転車で京都を巡るに目的地が決まれば、後は楽しむだけ。
リアルなクチコミや情報はとても参考になる。


6/20(金) 2014
この日の早朝はW杯の対ギリシャ戦である。
金曜日でもあり用事があったので仕事を休んでTV観戦した後に京都でポタリングする計画。
代表は残念にもドローであった。
もやもや感も自転車に乗るとキレイさっぱり忘れた。

JR京都駅に着いたら午前11時なので時間に余裕がある訳ではないけど、河原町界隈を散策するだけなので逆に余裕が有り過ぎるくらいです。
ゆっくり走りながら知らない路地ばかり選んで進む。後戻りすることも(笑)
これが好きなんです。楽しい。
昼食を戴くお店を探しながら、扇子屋のウインドウで立ち止まり、豆腐屋の店先で写真を撮る。
c0197219_2315269.jpg

もう今週末で終りですね。
情報源としては最低です。

しかしこれは一見の価値アリで観てよかった。
少しは料理に興味がある方なら素で楽しめる。
何故なら料理を盛る皿なり器として使い易そうな物ばかりで、自分ならこの料理を盛りたい。
こんな酒器で呑みたい。
…なんて思うばかり。
逆に器が素敵なら料理の発想が自然に浮かぶこともある。
素朴だが力強い作品にみとれるばかりでした。
また陶芸をはじめようか。
良いもの作る自信ある(笑)




c0197219_233826100.jpg

四条通りから花見小路に入ると徳屋さんを見付けた。
カメラを構えると疾風が吹き暖簾が舞った。

平日でもあり列ぶこともなく店内に。
宇治金を頼んでローライトな店内を見渡す。
誰もかき氷を食べてないぞ。


c0197219_23541778.jpg

うずたかくそびえ細かな氷が涼しげ。
抹茶の特製シロップを自分で掛けて頂くスタイルです。
恐る恐るシロップを掛けた。

ちょ〜甘い予感はあっさり裏切られ、抹茶ビターな大人の味だ。
氷の下に隠れた金時と白玉。

自転車で夏場の涼を楽しむにはかき氷は至福な時だといえます。
自転車で走るコースに、かき氷の暖簾や張り紙を見付けたら迷わず食べて涼を得ましょうね。
無ければコンビニでガリガリ君も良いです(笑)
これからの時期は熱中症の恐れがあるので十分気をつけて走りましょう。



この曲はいいのにW杯の代表には伝わらなかったのでしょうか。
「混じりけの無い気高い青」
「何よりも熱く静かな炎さ」

[PR]
by tipo-27 | 2014-06-26 23:39 | ポタリング