おいしい時間

ウエル花夢へ

c0197219_22185097.jpg
「四万十キャンプツーリング 2014」
窪川を出発し雨の中を約30km走って今晩のキャンプ場のウエル花夢(ウエルカム)に着いた。
テントサイトを予約していたのですが、さすがに雨中テントを張って大人しく籠るなんて嫌だ。
ロッジ(ケビン)も空いていたのですが、ここはBBQサイトを借りれることになった。
屋根があるしテントも張れる。自立式テントならではの裏技です。



c0197219_21485419.jpg
テントを張り終え、まずは温泉につかろう。
山を降り川の近くにある大正温泉まで自転車で移動しましょう。
温泉や銭湯はもちろん、風呂好きであるゲンジさんの下調べは完璧ですね。
雨天走行で冷えた身体が甦るようだ。
風呂上がりに温泉宿の女将さんと話すと高知弁が小気味よい。
地元の言葉にふれると旅の臨場感が増すのです。楽しい♪


c0197219_21492257.jpg
風呂上がりに恒例の乾杯の儀式です。
ほっとする瞬間であり宴の始まりを意味してます。






c0197219_22233510.jpg
道の駅 あぐり窪川で調達した特産品のベーコンを焼きましょう。




c0197219_22244171.jpg
大胆かつ贅沢に超ぉ厚切りだ。



c0197219_22241365.jpg
ゲンジさん持参のプチパンを焚き火にぶち込むのです。
調味料はプチパンに焦げ着かないため少量のオリーブオイルのみ。



c0197219_22262190.jpg
焚き火に放置してしまった!でも大丈夫です。
何故なら前掛を持ってきてはる〜
厚手の綿の前掛、酒蔵で調達したようだ。
熱いパンを持っても平気なんだ!すげ
しかしコレを持って来れるパッキング術の方が興味深いよ。
しかも、焚き火の火の粉除けも兼ねるようで不意に衣服を焦す心配も軽減するとのこと。
計算された粋なチョイスです。
でも嵩高いでしょう?
c0197219_22265234.jpg
ただ焼いただけのベーコンが旨い。
フライパンで焼いたのも良かった。
c0197219_22274762.jpg
大正町のお酒「無手無冠」
koro156さんのリサーチです。
大正町の商店街でゲットしました。
この純米酒の旨いこと!日本酒に疎い私でも香りと味が豊かなのがわかる。
昨年、中村の「ちか」で呑んで感動した栗焼酎のダバダ火振と同じ酒蔵ではありませんか。
面白い巡り合わせに美味しい高知を堪能するのである。

こうして書いてると思い出したことがあります。
30年来の親友が宿毛出身なのですが、大昔に教えてくれたローカルCMのフレーズを思い出しました。
それはね…「四万十の鮎と大正のしいたけ〜♪」なんのCMかは不明(笑)

c0197219_22281710.jpg
これもあぐり窪川で調達したニラソーセージです。



c0197219_22282951.jpg
薫製してるけど生っぽいのと風味を活かすにはボイルですね。
食感も味もイケるぞ。
c0197219_22285138.jpg
なに?!これは!
と思うほど見た目を裏切る美味しさでした。
高知の豆腐は美味いと結論した。
(この豆腐が美味くて翌日も別の店で買って食べたけど同じく美味)
大豆の風味が素晴らしい。安いし美味いのです。
硬く木綿豆腐のようですが製法が違うのか、関西で売られてるパックではなく、袋に入り巾着のようにパックしています。
絹ごし派の私の豆腐感が崩れおちました。




c0197219_22295552.jpg
そして秩父キャンプツーリングでハマった「ずりあげうどん」を。
c0197219_22560873.jpg
koro156さんがネギを刻んでくれてます。
そう…
ここがBBQサイトです!奥にテントが見えるでしょう。

c0197219_22315376.jpg
生うどんを使うのがキモですよ。
粉のグルテンが程よいトロミを醸し出して出汁と絡んだうどんが素晴らしい。
これぞアウトドア、男の味です(笑)
c0197219_23001472.jpg





c0197219_22324800.jpg
この日の移動距離は凄いことに成りました。
羽田から高知まで飛んできたkoro156さん
明石から車で窪川まで車で自走したゲンジさん
プラス自転車で、ちょうど30kmでしたが雨の走行で大変でしたね。
私は余裕すぎてごめんなさい。

solostoveのプチ焚き火が心地いい。




[PR]
by tipo-27 | 2014-10-22 23:02 | 自転車