おいしい時間

秋吉

c0197219_1591064.jpg

北陸路三日目はホテル泊で夜は福井グルメと言いましょうか、ジモティーであるゲンジさんの案内で酒場放浪記なのである。

福井発祥の「やきとりの名門 秋吉」
今や全国展開しているのでご存知の方も多いと思います。
福井のソウルフードだと教えてもらいました。

何はともあれ乾杯です!


c0197219_1592337.jpg

ほとんどのメニューに舌鼓を打ちながら、特に美味しかったのは「純けい」です。
ゲンジさんの注文の仕方も面白い。
地元民がそうであるように、純けい15本!!とか。
それもかわいいもので20本!とかも聞こえてきました。
間違いなく美味い。
純けいの食感と味が絶妙でつい串1本とかペロリなのです。
おのずとビールもすすむのである。
皆、終始和やかで時間の経つのを忘れる。
何本食べたか数えてましたが分からなくなる。
100本ちかく戴いたでしょう。



c0197219_1594451.jpg

開店と同時に秋吉に入店したので店を出てもまだ夕暮れ時。
ぶらぶら三人で福井県庁のお堀沿いを歩きながら次なるお店を探し歩く。
まんま居酒屋放浪記です。

二軒目は赤ちょうちん的な小さなお店に突入しました。
カウンターのみで狭いけどネタケースには近海物の魚介類と大皿料理が所狭しと列んでいる。
テンションも最高潮なのである。

そして次はkoro156さんが下調べしてくれたジャズバーに。
ライブ演奏をBGMに心地よく夜は更けてゆく。

c0197219_1510169.jpg

そして帰りはチンチン電車に揺られホテルに戻った。
なんとも素敵な放浪記でした。
[PR]
by tipo-27 | 2015-12-28 16:04 | 自転車