おいしい時間

カテゴリ:食( 34 )

京都徒歩散策

c0197219_22452337.jpg

今年になって何度、京都に訪れたか分からなくなってます。
歴史に詳しい訳でもないので掘り下げて廻る訳でもないのに。

では、何故なんでしょう。

理由は沢山ありますが簡単に云えば行く度に違う表情をみせてくれる。
知れば知るほどその魅力を増すように。
その奥深さは私如きでは図りしれないのです。
要するに飽きないんです。
住みたいとさえ思う今日この頃。

そして今回はなんと。
自転車を持たずに上洛するのである。
それもこれも、これだけ通うと、どうしても自転車が不便な状況があるのです。
長時間、自転車を置いたまま離れるシチュエーションがあるのです。
(自転車の盗難も心配なんです)

ならばバスで移動し歩くのもアリでしょう。と結論した次第てす。
(車での発想はない)

そんな理由から今回は第一弾と銘打ってバスと徒歩で京都を楽しみましょう。

その理由のひとつが飲食なんです。
自転車を店内に持ち込むのも、外に駐輪するのも何かと気を使って楽しめない一面があるのです。
以前から気になるお店が沢山あるのですが、今回はその一つであるコチラに行く事にしました。
和バル oku

c0197219_121191.jpg

前を通るといつも行列がある。
京都では行列が珍しくはありませんし、行列が出来てるからと鵜呑みにして来店したのでもない。
暖簾の色に惹きつけられたのです。
綺麗で大きな暖簾が風になびく様を観た時から一目惚れ。
この暖簾の反転画は銀閣寺の向月台かな?

後日、調べると面白い経営体形なんです。
食事がメインなんでしょうが、立ち呑みが併設されてます。
そしてカフェでもある。
欲張りな感じもするけど、祇園なんで複雑な営業体形をセンスで創りあげてると云えば的を得てるかも。
言い方を変えたら昭和の喫茶店が近いかも知れません。
時間帯で客層のニーズ合ったサービスを提供してくれる。
c0197219_1262328.jpg

少々アンダー気味の照明ですがテーブル席の奥に坪庭がガラス越しにあり、自然光を取り入れてる。
好感出来る店舗デザインだと感じた。
白木のテーブルが明るく、アンダーな照明と差し込む自然光を上手く照らしだしていた。
c0197219_1391690.jpg



c0197219_19231932.jpg


ランチメニューは一種類のみ。
小皿に上品に盛り付けられて季節の素材を使ってるのでしょう。
普段のランチに比べるとかなり豪華なお値段でした。
たまには良いじゃないか。
と自分に言い聞かせた(笑)

c0197219_19282631.jpg

ブリ大根も懐石然としてほんの少し。
味付けもあっさりめです。

c0197219_19344552.jpg

どれも美味しいのですが少ないのが難点でした。早朝から行動してたのでお腹がかなり空いてたのもあります。
女性なら丁度いい量かも知れませんね。

c0197219_1938151.jpg

雰囲気が良いから許そう。
栃餅のぜんざい。



よく歩きました。
お寺をじっくり見て錦市場もこまなくチェックしました。

全国的に寒波が押し寄せていたけど、自転車と違って徒歩は温もるような気がしました。
結構、着込んでたからかも知れません。

自転車ナシ!の京都もアリ!
次はあそことあそこだ。あは

More
[PR]
by tipo-27 | 2014-12-07 22:26 |

さんま皿 oishii

さんまがすき
明石家さんまさんも好きですが今回は新さんまのこと。
c0197219_21135194.jpg
旬の美味しさは格別です。
若い頃はサンマの開きが好きでしたが、何時の頃からか丸サンマのワタの苦みが無いと物足りないと思うようになった。
しかしながら開きの美味さも特別なのも変わりない。
サンマは美味しいのだから理屈なしですね。

そして皿も難しいのである。
細長いサンマを一本そのまま盛りたいのが心情。
随分と前の話ですが、このサンマ皿を見付けて買った覚えが。
それ以来サンマの開き丸に係わらずサンマは何時もこの皿です。

大根おろしがないけど、すだちがある。

美味さんま




c0197219_21553218.jpg
皿の上下が未だにわからない(笑)
今日はこれで。




[PR]
by tipo-27 | 2014-09-07 21:57 |

さてブルーベリーでも食べようか

c0197219_23060656.jpg
普通に思いついたのは、ヨーグルトと食べること。
それとタルト。
タルトなんて作ったことないのでスーパーでタルト生地を探した。
残念なことにタルト生地の完成品はない。
幸いタルト風のクッキー生地を見付けたのでした。
ラッキー♫
冷凍の生クリームも買った。(カスタードと悩む)
これで「なんちゃってブルーベリータルト」が出来るハズです!

c0197219_23193136.jpg
わおっ!
バニラ風味の生クリームとの相性バツグンです。
見た目は雑ですけど、ブルーベリーの甘酸っぱさが絶妙な感じだ。

余談ですが釣りと通じると思うのです。
釣った魚を調理して食べるのと同じ感覚。
釣り竿が自転車に。
魚が野菜や果物に。

かわった。

基本は同じなんです。

こんな事でしか価値観を見出せないのも変らない(笑)
楽しいからえっか。

あはは


ブルーベリーを調べると身体にとても良いようです。
これまたラッキー♫






[PR]
by tipo-27 | 2014-08-25 23:46 |

オクトーバーフェストだぜ〜五月だぜ〜!?

c0197219_043427.jpg

ビール好きの親友の誘いで「オオサカ オクトーバーフェスト」に行って参りました。
この日は夏日で暑いのなんの!屋外でビールを楽しむには絶好の日和。
とはいえミュンヘンでもオクトーバーでもないのはご愛嬌。
天王寺公園の特設会場にて。
阿倍野ハルカスが秋空に映える(爆)




c0197219_0123924.jpg

プロ〜スト!






c0197219_0181154.jpg

開園とともに時間と比例して大勢の人々が酔い始める。
しかし大騒ぎする輩もなく静かに楽しんでる風です。
大人が多いからかも知れません。
ステージでフォークダンスが始まるとスタッフの誘導で踊り出す人々。
面白いすね。




c0197219_0301138.jpg

私はと云えば人に酔ってしまったのか、当初の意気込みが失せて飲めない。
滅多に日中から飲まないけど、BBQならガンガン飲めるのに。
体調かな?

ビア樽が特徴的で新鮮なパッケージングなのでパチッ!






c0197219_038693.jpg

一杯¥1400のビールに悪酔いしたのかな?(笑)

各地で同様のイベントが行われてます。
今回の大阪は6/1(日)が最終日です。興味のある方はお急ぎあれ。





c0197219_044372.jpg

これ¥2800だったかな?
参考までに。
*私が買った訳では御座いません。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-29 00:51 |

さば煮

さば煮定食

いつかのTVで観たのが発端でした。
そして今日、数年越しの念願が叶った。

今井食堂のさば煮定食である。
c0197219_22273564.jpg

見ためはかなり濃い味と思いましたが全然どうして良い塩梅。
辛くも塩っぱくもないのです。
丼ご飯があっという間にさば煮と共に消えてゆく。
大きな大根がゴロゴロ、薄揚げの味噌汁と。
¥700-也

c0197219_2253171.jpg

NEW今井食堂…(笑)






昨年、訪れた時は定休日だと思い込んでたので、サイクリング途中でコンビニ弁当で済ましてた。
しかし時は葵祭だったからか、上賀茂神社の西隣なのもあって弁当のみの開業をしていた。
ひどく残念な記憶が甦る(笑)
c0197219_2305945.jpg

昨年の写真では南の調理場が更地で改装中でした。


そして今回の訪問で店舗の風貌が激変していたので驚いた。
先月の4月に新装開店したそうです。
胡蝶蘭の祝い花がその事実を華やかに物語る。
旧い店舗で戴きたかったのが本音ですが、味に変わりないのだから良いと思うことにしよう。




c0197219_23124450.jpg

ずらりと並ぶ大鍋で炊かれるサバと醤油の香りは普遍なんでしょう。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-22 23:19 |

つけ麺 井手

c0197219_22491695.jpg

どうしても食べたい「つけ麺」があっても良いじゃないか。
何時か食べたいと思いながら実現せずにいたのです。

つけ麺 井手さん

偶然にもイエローエイプクラフトのご近所なのもありお昼をこちらで食べることにしました。
梅田からぷらぷら走るも直ぐに到着した。予定より少し早いぞ。



c0197219_23193031.jpg

空いてるかと思ったけど店内で数人待っていました。
全然慌てないから大丈夫です。
だって午後5時までフリータイムなんですから!あは



c0197219_23372982.jpg

つけ麺大盛り¥750-(麺300g)
全部のせ¥350(チャーシュー、メンマ、玉子)



c0197219_23444065.jpg

豚骨スーブですっきりした味。刻んだチャーシューやメンマがごろごろ。
全粒粉の麺が程良い弾力で香りがいい。
メンマはかつて食べたことのないボリューム感です。んまぁ



c0197219_23591466.jpg

レモンを麺にかける事もできるようです。その場合、店員さんに声をかけるとトッピングしてくれます。
このレモン掛け麺を途中で試しましたがナイスです。暑い夏に合うと云うだけで済まん何かがある。
それは麺に搾り掛けただけでスープが激変した。
もともとスッキリしたスープが爽やかな風を感じさせてくれるような。
チャーシューの脂とのバランスがより良くなる。
味のバリエーションを楽しめるアイデアですね。

スープ割りの保温ポットが各テーブルとカウンターに置かれていて鰹出汁の効いたスープだ。
全部飲み干せるほどです。
ただ残念なことはご飯をここに入れて食べたかったのですが大盛りだったので食べれなかった。
ああ悔し(笑)

あと数量限定でカレーつけ麺もあった。これも食べたいです。





c0197219_0303183.jpg

ごちそうさま。






c0197219_0351639.jpg

他に行きたい所も有りましたが暑さと満腹感で中之島公園でのんびり昼休みを決め込みました!
[PR]
by tipo-27 | 2013-08-16 00:39 |

三谷製麺所 oishii

以前から気になってた麺があります。
が持ち帰りして度々美味そうに食べていたからです。
私も食べたいぞ!
持ち帰りはもちろん土日限定でイートインできるようです。

用事を済ませ妹と甥とで車で向かいます。
東成区玉津のこちら
三谷製麺所です。
c0197219_21141297.jpg

お持ち帰りが目的ですがせっかくなのでお店で戴くことに。


c0197219_21213814.jpg

イートインのメニューに関しては下調べもせず、先入観ゼロで挑む。
すると「太麺の濃厚つけダレ15食限定」が目に飛び込んできた!
人間の心理は限定とかプレミアムな刺激に弱いのである。
しかもブロガーが二人もカウンターに並んだのだからネタ的な要素が優先されるのは必然です。

到着したのも開店間もないこともありブロガー兄妹は躊躇することなく限定メニューをチョイス!
しかも大盛りで!

c0197219_21374657.jpg

うおっ!
極太でつやつやもちもち
濃厚なつけダレはイリコベースに鶏スープでしょうか?!
どろどろ感は何だか分かりません。聞くの忘れました。
半熟煮玉子が丸まま浮いてて鶏チャーシューがごろごろしてます。
タレの絡みは濃いから極めて良好。
全体的に麺の美味さが際立って「濃厚つけダレ」と「通常つけダレ」は好みの問題でしょうね。
妹は今回でどちらも食べたことになり「通常つけダレ」が好みのようでした。
私は今回は初めてなので比べる術はありませんが。
普段はスープ派なのでつけ麺自体語るに及ばない。
美味しいとしか言えない。複雑なつけダレの風味は好きな人には堪えられない美味さなんでしょう。
濃厚なタレをスープ割り(無料)で戴いてスープ派の私を満足させてくれました!

c0197219_21595746.jpg

甥は細麺のあっさり醤油ラーメンを。
スーブは鶏スープとイリコなんでしょうが複雑ですがすっきりした味です。
しかもパンチのある存在感をかもしだしてる。
飲んだ〆に良い感じだと思いました。


これだけのインパクトを持ちながら全て¥600-なのは素晴らしい。
大盛りと替え玉¥100-
(常連さんは替え玉で違う麺を追加していた)
平日はランチもあるようです。



c0197219_22124780.jpg

行列が出来るのもうなずけます。ごちそうさま






店を出て驚いた!向かいの散髪屋の看板が…
えっ?なに??
珍百景ネタですか?
c0197219_22191526.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2013-08-04 22:24 |

駄菓子なのか!?

c0197219_201391.jpg

これって駄菓子なの?
「若鶏の手羽」by 株式会社オ○ニシ
尾道のお土産なのですが「ケンミンショー」で紹介されたらしい。
観たような気もしますが…。
でも駄菓子にしては少々お高い。
味もどーってことないです。
もう少し肉付きが良ければね〜
では何故紹介するのか?!それは物珍しさからです(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-29 20:11 |

焼鳥の食べ放題に挑む

焼鳥の食べ放題があると聞いた。
これは珍しい。
ただの食べ放題なら特に出向いてまで食べたくはありません。
でも美味しいとリアルな口コミを聞けば行かずにいれない。


c0197219_12162535.jpg

そうです。この彼と行くことに。
私の知る中で1番の大食漢Wくんである。そして巨漢でもある。
ネタ的にきっと伝説をつくってくれるだろう!
余裕のピースサインでご挨拶。


私は付き添い的な立場で美味しい焼鳥を楽しもうではないか。
c0197219_12355663.jpg

手始めに生ビールとチャンジャから。





どれが美味いは分からないので一人前づつの総流しで注文した。(一人前2本)
c0197219_12431853.jpg

うん美味しいです。
少し辛めのタレなのですがWくんはこれぐらい濃い味が良いとのこと。
どんどん食べ進める。





c0197219_12461678.jpg

生ビールを飲みながらですがWくんはお酒を飲まないのでソフトドリンクでガツガツと串を串立てに突き刺していった。




c0197219_12525036.jpg

私は途中でペースダウン。
スープと焼おにぎりで箸休め。休めてない??



Wくんはサラダを注文し串が途切れるのを懸念しここでさらに追加である。
間が空くと食べれなくなるからだ。


サラダ2種と釜飯も頼んだ。


私も彼につられてオーバーペースです。
ギブアップ寸前…


しばらくすると追加の串が運ばれてきた。
すると店長が大丈夫かと声をかけてくれた。

私は写真を撮る余裕すら失せた。

Wくんの勢いは健在である。



そして彼は一言ぽつりとつぶやいた「飽きた」



私が30本、Wくんは42本。
(手羽先は串にカウントされてません)



c0197219_1310331.jpg

デザートがとても美味しく感じたのはなぜだろう?








c0197219_13121729.jpg

うなだれるWくん

彼が意外に本数が延びなかったのはペース配分が難しいからだったかも知れない。
以前、焼き肉食べ放題の時は2時間食べ続け伝説の言葉を残した経緯がある。
カルビを積み重ね「焼肉ミルフィーユ」と言い放ちながら箸で分厚くなった肉をほおばる。
圧巻であった。

しかし今回ラストオーダー(1時間半)はデザートと飲み物で終わってしまった。
痛恨の食べ残し10本のお土産付き!(買い取り)

惨敗である。屈辱でしょう。

そしてリミットの2時間を見ないまま苦しさを抱えて店をあとにした。






ごちそうさま。



「焼鳥まさ 新長田店」飲み食べ放題¥4000-男性、(女性¥3000、子供は年齢で細分)
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-16 23:14 |

苺ジャム

c0197219_22195810.jpg

秩父の苺ジャム
縁あって埼玉は秩父の苺ジャムを戴きました。
採算を度外視した製法は手づくりのあたたかさを瓶詰めしたかのよう。
鮮度のいい苺と温かいこころを詰めたらおいしいジャムの完成です。

c0197219_22333253.jpg

苺ジャムと夏みかん




□ 追記と訂正:てっきり秩父の特産品の苺ジャムだと思い込んでましたが勘違いでした。
        友人奥様の手づくりです。
        自宅前が苺農家だそうで、その日に摘んだ新鮮な苺で作られたようです。
        レモンは瀬戸内産の無農薬栽培のもの。
        美味しく戴きました!ごちそうさま









おまけ
c0197219_22404877.jpg








    
[PR]
by tipo-27 | 2013-04-09 22:37 |