おいしい時間

カテゴリ:料理( 187 )

めはり寿司と箸

c0197219_20590322.jpg

先日のこと、携帯できるお箸を見つけました。
普段から自転車で出掛けては、持参弁当や出先で購入したお弁当、カップラーメンなどでアウトドアで食事することが多い私です。
いつも割箸で済ませてますが、マイ箸もありだと以前から考えてました。
※弁当箱の上に乗ってるのがそれ。
真ん中で2分割で持ち手はアルミですが、箸先は木製なので違和感などありません。
先が細いので食べ口も良好。



c0197219_20591578.jpg

おかずは玉子焼きとシャウエッセンだけ。
しかしこれで十分に豪華だと思うのは私だけでしょうか??




c0197219_20592564.jpg

大口を明けて頬張る。
快晴の空の下、海を眺めながら食べるのは最高に美味い。
豪華と思えるのは。この環境下だからでしょうね。


c0197219_20595619.jpg

珈琲も用意してたけど、結構な陽射しで暑いから冷茶が最適でした。
ホットコーヒーはまた今度です。

しかし何故オレンジのお箸にしたかを後で自分に説いてみた。
目立つから忘れたりしないだろうと(笑)
やっぱブルーにするべきだったかな。

おいしかった。ごちそうさま♪

More
[PR]
by tipo-27 | 2014-09-28 21:05 | 料理

ちゅうちゅうたこかいな

釣友であり釣りのライバルでもあるW君に真ダコを大量に頂いた。
正確に言えば買ったと云った方が正しい。



下処理をしながら「ちゅうちゅうたこかいな…」
おおっ!10杯も居るぞ。

大ダコが終りサイズダウンしてると云うものの最大で850gもある。
食べごろサイズと思います。
小さいのはたこ焼きですね。
有り難いよ!おかげで蛸釣りに行く手間が省けたよ(笑)


それでは最大級から食すことにしましょう。
c0197219_22504358.jpg
大きな吸盤が足の中央でピークを迎える。
これ♂
均等に吸盤が列んでるのが♀
従って今回食すのはオスです。

蛸の料理もマンネリ化してるのでここは新しいメニューを開拓しよう。
何度か試した事はあるけど忠実にレシピの再現を。


c0197219_22580360.jpg
真蛸とエビのアヒージョ
オリーブオイルで煮てるとネタから出る水分と自然に乳化して、とろとろになった。
バゲットとの相性バツグンです。
簡単で美味いのだから、これも定番化すること間違いなし。

c0197219_23060975.jpg
そして定番のたこ天。
出汁と塩で楽しむことに。
南京の天ぷらも美味しい。


c0197219_23083957.jpg
蛸刺しです。
生の蛸足の吸盤と皮を削ぎ切る。
吸盤は軽く湯通しします。
身は薄く切ってワサビ醤油で戴く。


c0197219_23121172.jpg
蛸とアスパラ、ベーコンをにんにくバターで。
これも最高に旨い。

蛸は美味しいから良いね。
冷凍ストックも補充できたので暫く蛸には不自由することはない。
ありがとう♫


追記
今回、W君が教えてくれた蛸のヌメリ取りが素晴らしい。
彼も釣友に聞いたようですが、最もポピュラーなのが塩揉み。
しかしこれ、塩味を摺り込んでしまうから敬遠してます。
なので私は片栗粉でヌメリ取りをしてました。

それは何と米ぬかで揉むと教えてくれた。
実際に試すと素晴らしい効果です。
瞬時にヌルヌルが取れた。
片栗粉も完璧でなかったので目から鱗だ。

ただ米ぬかもパーフェクトとは云えない。
ぬかが吸盤に入り込んで詰まる現象を確認したからです。
かなり水洗いしたのにも係わらず。
しかし効果比で云えば米ぬかが一番です。








[PR]
by tipo-27 | 2014-08-05 23:34 | 料理

夏の美味しい

c0197219_16244539.jpg
夏本番です。
気温の上昇で冷たい物や麺類の頻度が高いこの頃です。
夏バテには早いですが冷たく食べ易い食事ばかりだとダメですね。
しかし夏の食べ物も美味しいのも事実です。

小玉スイカなんて自分の意志で初めて買ったかも(笑)
小ぶりなんで購入に至ったのです。
たまには良いです。



c0197219_16414665.jpg
冷麺は休日のお昼に食べると美味しい気がする。
茹でるだけのインスタントのものですが、これが侮れない美味さ!
「辛」ラーメンのノンシンと云うメーカーの物を試しに購入しました。
具は有るもので済ませましたが、麺の食感もまんま平壌冷麺って感じで良い。
下手な焼肉屋より安さで上回ってる分だけこちらの方に軍配があがる。
美味しかったのでストックする事にしました。
これも夏が似合う一品です。



c0197219_16554335.jpg
アジの南蛮漬け
豆アジが出回るこの季節の定番です。
全長5〜6cmなのでゼイゴも取らず、しっかり揚げる事で口に残らず美味しく戴けます。
漬込む程に旨味が増すのです。
夏の肴の筆頭かも知れない。
さっぱりして美味しい。



c0197219_17033540.jpg
泉州水茄子を頂いたので浅漬けの素で漬けました。
ミョウガとオクラも美味しいのですが、瑞々しく甘い水茄子の美味しさは特別です。
食べれる分だけ簡単に短時間で作れるのがナイスです。



c0197219_17292028.jpg
半田素麺
徳島の半田素麺が好きなのです。
これまた徳島のスダチと。
つるっとして麺の太さが絶妙な半田素麺です。



c0197219_17325529.jpg
鰹のタタキ
塩とポン酢の両方を楽しむために、何も掛けてません。
別皿に塩ワサビとボンズすだちを用意して食べ分けます。
これもありですなぁ。



ブログ放置気味です。
だらっと書き記すだけの内容に嫌悪してます。
ちゃんと復活記事が書けるようにしないと。
自転車にも乗って、それなりに記事になる内容なんですが、、、。







[PR]
by tipo-27 | 2014-07-27 17:47 | 料理

冷やし中華の季節

c0197219_23070847.jpg
それにしても世の中は便利で情報に事欠かないですね。
「千切り」とスマホのマイクに語りかける。
それが休日だと少し悲しい思いもする。
今日、発した一声が「せんぎり」だったりするわけ(汗)
おかげで苦手な胡瓜の千切りが見事に完成した。

今回も極太麺を使いました。
焼そばも極太麺はイケるので冷やし中華でもナイスな食感です。
パスタと同じでその日の気分で麺を変えるのもありだと思うのですが。
絶対に太麺でなくてもいい。

見ためもパスタ風ですがこの盛り方も良いかな。
食べる時に混ぜるんだし同じでしょう?
半分食べたらマヨネーズをかける。
味の変化を一つのお皿で存分に楽しみました。

まだ梅雨の真っ最中ですが今月の半ば過ぎには夏本番ですね。
素麺や冷製パスタに飽きたら簡単で美味しい「冷やし中華」をお試し下さい。
冷たい麺は夏の涼感を楽しめて減退した食欲を見ためで回復してくれます。

錦糸卵と胡瓜とハム、刻んだトマトと紅ショウガ。
味の決め手はミツカン「冷やし中華のつゆ」です。




*冷やし中華という呼び名に未だ違和感を覚えるのです。
しかし、ここは、そろそろ大人の決断が必要な時だと思うのである。
これからは「冷やし中華」で。
さよなら冷麺。

**これも我家の事情で購入することに。
c0197219_00254897.jpg
使わないTVをChromecast専用機にすることにしました。
まだまだアプリも少ないけど楽しさの可能性を感じる。
Google発なのでyoutubeはもちろんのこと、スマホで撮った写真や動画をTVモニターの大画面で楽しめる。
iPhoneにも対応してます。
このガジェットは「近過去を大勢で共有する」楽しさかも知れない。
スマホやタブレットで撮った画をモニターに投げつける。
編集ナシのライブ感がいい。
wifiの手軽さが可能にしてくれてた産物です。
使い方と見せ方は無限です。
今後のアプリの展開次第でスマホが大化けするかも。





[PR]
by tipo-27 | 2014-07-03 00:09 | 料理

鱧の湯引きと鬼虎魚の唐揚げ

c0197219_12134910.jpg

先日の魚屋で買ったハモです。
目の前で鱧の骨切りを店主がしていた。
その瞬間に湯引きを戴きたくなる。
淡路島産の鱧です。

食べ易い大きさに切って熱湯に3秒くぐいらせます。
一度に入れると温度が下がるので3切れづつ。
網のお玉に載せて行うと効率良く手返しが良い。
直ぐに冷水に投入する。
本来ならもう少し身が開くはずなのに…また失敗だ。

梅肉も梅干しから叩いて日本酒と味醂でのばした。
魚屋のご主人から伝授。

爽やかな梅肉とあっさり歯触りの良い鱧。
初夏の味ですね。


しかし一匹はさすがに多いのです。

さて、どうしたものか。



すると閃くのである。
c0197219_1214651.jpg

湯引きしたものを甘辛く煮付けました。
おぉ!いい感じに仕上がった。
普段飲まない日本酒の出番です。
ううっ合いますね〜

それでも余るので、またも思案のしどころ。

c0197219_1214035.jpg

湯引きして煮た鱧を玉子でとじる。
出汁は煮付けた煮汁を濃いめに調味した。

鱧丼である。
そして刻み大葉をふりかけます。
これもアレンジでしたが大正解。
濃い丼に大葉の爽やかな風味が加味され、丼全体に一体感がでました。
我ながら素晴らしい(笑)


飲みながら作りながら(笑)
忙しいけど楽しいと思った。



そしてもう一品

c0197219_12133145.jpg

オコゼを使いましょう♫
背びれに猛毒があるこの魚。
顔も身体も迫力満点だ。
グロカワです(笑)

刺身も絶品ですが今回は唐揚げにしました。
二度揚げして骨までぼりぼりやります。
しかし写真のものは二度揚げしたものですが中骨が太いから口に残ります。
なので身を食べてから三度揚げしたら、おこぜ煎餅の出来上がり。

ガシラにも云えますが、次回からは一度揚げして身のホクホクを楽しむ。
その後、じっくり二度揚げすると必要以上の水分を失わなくて済みますね。
宅飲みだから出来る手法だ。

肝と胃袋は湯引きしました。
美味しいね。特に胃袋は美味。
もちろん、オコゼの身の甘さは格別で最高にうまい!

少々、飲み過ぎました(笑)


*オニオコゼを漢字で書くと鬼鰧と鬼虎魚があった。
虎の方が書いてイメージし易いかな。
でも読める人はそう居ないと思われます(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-21 13:09 | 料理

ゴーヤと太陽

c0197219_2004529.jpg

ゴーヤと太陽は密接に関係している気がする。
既にスーパーで売られていたのは承知してました。
しかし手が伸びるに至らず。
何故なんだ…


先週からの梅雨入りで蒸し暑いから体調維持も大変だぜぇ!とか毒づく。
徐々に気温が上がるには対応出来ても急なのは辛いよ(ほんと)

前日は釣部の定例会で、深夜まで粘った甲斐なく撃沈し副会長に獲物を戴いた。
その魚を肴にしながら、美味しく食べながら飲んでたら朝になってしまった。(写真は無いけどスルメイカの胴わさび和えと肝バター下足焼き。絶品ものでした)

目が覚めると快晴ではないか。
あららの展開は基本なのでサ程あわてる事なく、朝食兼昼食の「お弁当」を作ることにしましょう。


c0197219_20504388.jpg

海を眺めながら夏の日差しを感じながら食べる。
近場といえ保冷剤も用意した。
梅雨の気配なんて微塵もない。小さいながら積乱雲も発達してる夏の風景です。
自転車で走ると気持ちいい感じで、強くペダルを踏むと汗が体温を下げる絶妙なバランス。
梅雨の晴れ間も自転車には適してるね。
(真夏はダメですよ!)


お弁当を食べた後は、以前からのお目当ての「たいやき」を買いに行こう。
知人のクチコミなんで楽しみにしてたのに、Googleマップに従って行くと…更地に成ってました。
あららの展開には慣れてるといえ少し悲しくなった。
「羽根つきで粒あんがぎっしりと」こんなふれあい。
あんこ好きの私としては残念極まりない。だって地元で誇れる美味しいもん探してますもん(涙)

気を取り直して次なる次点候補に行こうと思いましたが、交通量の多い国道を走るのは今日は嫌だ。
「わがまま」とはこのことだね。誰にも迷惑をかけてないけど我が道を行く。
播磨自転車道に戻り、夏の予感を楽しみながら帰路に。
走ると気持ちいいけど、立ち止まると汗が吹き出すのが梅雨の晴れ間ライドかな。

帰りに足らない物を調達しにスーパーに寄るとゴーヤに目にとまる。



c0197219_21444962.jpg

夏の日差しはゴーヤを美味しくしてくれます。
今年、最初のチャンプルーです。




おまけ♫
c0197219_21475372.jpg

冷やしトマト
摺下しとみじん切りの淡路島タマネギのドレッシングです。
タマネギの甘さが粗塩を振っただけのトマトを際立たせてくれました。
オリーブオイルとほんの少しのお酢で。
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-08 21:56 | 料理

山椒の実がなってた@自宅

c0197219_2352295.jpg

今更ながら植物の成長スピードについて往けない私です。
数週間前には若葉も皆無だった山椒の木が青々としていた。
実も生ってるではありませんか。慌てて収穫しました。
確か昨年はちりめん山椒を作ったような(笑)
今回は汎用性のある「山椒の醤油煮」を作る事にしましょう。



c0197219_23524532.jpg

下茹でして灰汁を抜き、日本酒と味醂、醤油少々で水分が無くなるまで焦さないように煮詰めます。




c0197219_23525380.jpg

完成して味見をすると濃味ではありますが、ピリリと辛く山椒の風味が実にいい。
そのままでも良い肴ではあるけど、少量の味噌と和えたら即席の肴が出来ました。
実に酒飲みのアテではありませんか。豆皿の上で個性豊かな風格を醸し出してる。
ちびりちびりとヤルのが作法で御座います。





基本の醤油煮を使いアレンジの一品も簡単に出来ます。
c0197219_2353276.jpg

出汁昆布を刻んで佃煮を作ろう。
梅干しも追加しての豪華版だ。




c0197219_23531082.jpg

しかし…失敗です。
昆布が固いんです。
短時間で市販のように程よい食感の美味しい昆布の佃煮を作るのは無謀だったのでしょう。
乾燥した昆布を使ったからかな?

水で戻した昆布を出汁ごと煮ると柔らかい佃煮が出来たかも知れないです。。。

まぁ…昆布が固いだけで味はいけます。

対策として包丁で叩いたら粘りが出て、相乗効果とでも云えばいいのか旨味が増した。
ほんと料理はオモロイですね。
ここにオクラとか山芋を追加したらネバネバ系の肴が出来そうだと思った。
ご飯にも絶対合うね!




c0197219_2353189.jpg

私が思い付いたのは叩いて「山椒と昆布の梅煮タタキ」(命名)をおにぎりの具に使うことにしました。

そして焼いた。

不味いハズもなく。

かんぺき!(笑)


形が不細工なのは勘弁して下さい。
三角おにぎりが握れないのです私(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-05 00:43 | 料理

竹の子づくしの日々

c0197219_22183923.jpg

ゴールデンウィークも終盤。
竹の子掘りに小野市まで行って参りました。
竹の子も終盤らしく地中から既ににょきにょき出てます。
本来なら地中から見えない物を探して掘ると、柔らかく灰汁も少ないようなのだが。
山持ちの知人曰く灰汁抜き次第で美味しいと断言するのである。
ここは彼を信じるしかない(笑)



c0197219_22295481.jpg

皮を全て向いてヌカを大量に投入して1時間煮る。
常温で冷めるまで待つと灰汁抜き完了である。
しかし一緒に行った友人は先に実践して味見をしたらエグ味が少しあったと連絡してくれた。
なので私は冷ましてそのまま一晩寝かせることにしよう。




c0197219_22381096.jpg

完璧に灰汁抜き完了。
このザルがもうひとつあります。
消費苦に陥るのか??


それでは筍三昧にお付き合い下さいませ。



c0197219_22441722.jpg

まずは定番の筍ごはん
薄揚げだけです。
油抜きもしてません。白出汁と塩少々。




c0197219_22484274.jpg

木の芽和え
白味噌じゃあなく普通の合わせ味噌を使いましたがこれもありです。




c0197219_22505673.jpg

オリジナルだ!
イタリアンパセリ和え(笑)
ホワイトソースとパルメザンチーズで。




c0197219_22532175.jpg

バター焼
後掛けで醤油をかけたら味の変化を楽しめます。
焼くと水分が飛んで食感が良くなりました。




c0197219_22552442.jpg

筍と鶏の炊いたん
文句無しの美味さ。




c0197219_22585335.jpg

筍の天婦羅
出汁と塩で。



c0197219_2302271.jpg

筍とわらび、スナップエンドウのアーリオオーリオペペロンチーノ
出汁醤油を使い和風っぽく。



c0197219_22594562.jpg

竹の子掘りのオマケで天然のフキとワラビも採ったので楽しみが増えました。




c0197219_230588.jpg

このフキですが最高にうまかった。
細いけど風味が素晴らしい。




まだ、竹の子がある(笑)
冷凍したのでぼちぼち楽しむことにします。
飽きそうで飽きない竹の子です。
次は青椒肉絲に使いましょう。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-12 23:12 | 料理

菊菜のチヂミ oishii

c0197219_22101249.jpg

ある日の事、菊菜でお好み焼を作るという暴挙を知ることになる(笑)
えっ!?
絶対うまいでしょう!

大好きな菊菜を粉もんで仕上げる発想はなく、カルチャーショックに近い衝撃です。

なら私はチヂミにして薄焼きにしようと思うのであった。
ヒントが有れば料理は楽しい。
ストック冷凍ケンサキイカを使った。

イメージ通りの旨さです。
しかし、豚バラを使ってカリカリにすれば良かったなぁ。

しかしながら
とても美味しい♫
菊菜好きならハマること請け合い(笑)
ケンサキの食感が何時もながら良い仕事をしてくれる。


c0197219_22293657.jpg

水洗いした菊菜をチヂミの粉に投入して、フライパンで焼くだけ。
フライ返しを押しつけ水分を飛ばす。
お好み焼のタブーはチヂミのセオリーなのである。

お好み焼もですが簡単で美味しい。
アレンジも無限ですね。

ごちそうさま。




おまけ
c0197219_22432549.jpg

この日はジャークチキンも追加してワールドワイドなテーブルになった(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-04-14 22:55 | 料理

菜の花の白和え

菜の花の白和えを作ることになる。
いつも春の訪れは菜の花が教えてくれる。

ある日のこと
ワゴンセールのカートの上で。
        20円…
明日は捨てられる運命なのですね。
せめて私の出来る事。
日頃の感謝を込めて戴きます。



c0197219_2257113.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-03-27 22:59 | 料理