おいしい時間

<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

風呂給湯器の行方は

c0197219_033186.jpg

日曜朝のこと、目が覚めてふとシンク台に目をやると、
見慣れんオレンジ色の数字が点滅していた。
給湯器のリモコンだ。
ヤな予感である。
おもむろに給湯ボタンを押し蛇口をひねる。
(正確には蛇口ではなくカランであり、レバーを跳ね上げた。が正しい)どうでも良い??あは

やっぱお湯が出ない…。
あららである。

しばらくしてガス会社に電話すると、丁寧に修理するか買え換えるかを説明してくれ、ざっと予算面の説明を聞き終えた。
マニュアル通りの対応です。
と同時に今晩の風呂をあきらめた。

そして勇気をだして切り出しす。
「あの〜何れにしても何時修理に来て貰えます?」
「明日の朝に担当者が連絡致しますので時間を調整して下さい」
と同時に明日の風呂をあきらめた。



仕事で自宅に居ないから、メーカーが屋外の給湯器をみてくれる事になる。
午後7時にメーカーから連絡あり。
修理に8万だと。
保証期間を過ぎてるからと新規で買い替えることを勧められる。
けっこうな額である。

この際だし風呂も電気に替えようかと関西電力指定の業者に電話しまくったが、値段のばらつきがヒドイもんだ。
と同時に暫く水風呂を覚悟した。

そしてある方がスーパー銭湯を勧めてくれる。
永く銭湯なんて行ってないけど、楽しむ気持ちで「銭湯めぐりの旅」でも始めようかな?
ながい旅に成りそうだぁ^^
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-31 01:29

ツナとベーコンのトマトソース

この二日間というもの自宅軟禁だよ。
この台風でヤエン釣行は中止した。
何する訳でもなくゴロゴロと。
夕方から退屈しのぎに呑むことにしたのは良いけど、ビールを1缶飲んだら寝てしまった。

寝過ぎ…。
おかげさまで腹ぺこです。


遅い夕飯は家にあるもので作ることにする。
幸いホールトマトは沢山ある。
買い物に行くと必ず買ってしまうのだ!
ヤバイかな?
渡辺謙の主演で若年性アルツハイマーを主題にした映画のシーンを思い出す。
無意識に同じものを買ってしまう。
それに近いものがあったりして。

そんなでコレを食べることに。
c0197219_22542438.jpg

ベーコンブロックが安かったので買ってた。
ツナ缶もある。
トマトソースとの相性はとても良い。
最近は食べてなかったなぁ。

それにしても台風の野郎め。
ゴールデンウィークに植えたプチトマトが弱々しく風雨にさらされてる。
スペアミント、イタリアンパセリとスウィートバジルは地べたに張り付いてますやん(汗)
しかし植物にとっては大きなお世話なんだろう。
イタリアンパセリを摘むと生き生きとシャキシャキしてる。
ありがとう。いただきます。ご馳走さま。
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-29 23:25 | 料理

マッコリと○○○の関係

ある方が夕方から飲んでられた。
そうマッコリをだ。
いいなぁ〜
オレも飲みてぇぞ。
マッコリを。

たまにキリン堂でジンロのを買う程度だけど好き。
ただ少し酸味に欠けてマイルドな感じです。
そして白乳色でなく茶味がかってる。

白い小瓶の酸味の利いたマッコリが好きだった。

今では「飲んだら乗るな」の模範のごとく、まじめな宅飲みを励行してる。
いい店が近所に無いんだから仕方ない。
そんなこんなでマッコリを買いに行く。
近場だとキリン堂にあるな。

しかし肴は?
マッコリに合う肴はなんだ??
以前は焼鳥屋で飲んでたような…
もちろん焼肉屋にもあった。
タレの甘さとぶつけるのが正当かもと考えたが止めた。
韓流には韓流だろ。
油っこい物が合うでしょ?
でコレにした。
c0197219_2311694.jpg

冷凍タコと厚切り豚バラで。








c0197219_23155316.jpg

お好み焼きじゃあないよ。
ニラと青ネギと。










そうチヂミです。
c0197219_23193214.jpg

韓流は韓流で決めないと。
でしょ?











c0197219_2322541.jpg

買ったがかりのマッコリは冷えてない。
当然か(汗)
そしてミラクルなカクテルを考案した。
氷に満たされたグラスにマッコリを注ぎレモンをガシッと絞る。
ドライマティニの如く。
違う??あはは

冷たい酸味の利いたマイマッコリ。



マッコリとチヂミの関係がささやかに始まった^^
今夜は飲むぞ♪

梅雨だし台風だし今夜は自宅軟禁だ。
幸いにも今夜、バルサvsマンUです。
寝てる時間ないね。
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-28 23:32 |

ぬか漬に挑戦

ぬか漬けと云えば先人の知恵が凝縮され、
特別なテクニックが必要だと思ってました。
しかし数ヶ月前の出来事。
親友宅で自家製のぬか漬を頂いた。
ぬか床から取り出し手際よくかき混ぜる。
さっと水洗いして素早く切って皿に盛った。
一連の作業がなんかカッコイイ。
その友人が少々誇らしげに「どやっ」
私…美味いし凄いとしか言いようがない。
自宅でも作れるんや。


そんなことも忘れた先日、スーパーで見つけたのだ。
「このまますぐに漬けられる 熟成ぬかみそ」by東海漬物
(キュウリのキュ〜ちゃんで有名なメーカーです)
当然友人のことを思い出した。
簡単に漬けられるか半信半疑だが挑戦することに。

とりあえず胡瓜と茄子を漬けてみた。
よく水洗いしてぬか床に潜らせただけ。
ちょ〜簡単だ。
c0197219_1135444.jpg

丸二日漬込んだのだけど胡瓜は塩っぱいし、茄子は全然漬かってない。
茄子は予想どうり。
縦切りにしないと漬からんね。
胡瓜は一日でOKです。

糠味噌も塩分の調整次第で漬かり方が違うだろうし…。
簡単のようで実は奥深いものを感じる。
やはり先人の知恵を借りないとダメだね。
もう少し調べよう。
上手く漬込めれたら良いのですが。




c0197219_11473047.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2011-05-28 11:49 |

長崎 皿うどん by マルタイ

c0197219_21443023.jpg

先日のアオリイカの半身で皿うどんを作った。
んっ?皿うどん??
関西圏では「揚げそば」が一般的なんでしょうね。

簡単で美味しいマルタイの皿うどん。
アオリイカを使ったレシピで最高位にランキングするのである。
基本は八宝菜なんだけど、中華丼も皿うどんと同じジャンルです。
しかしながら麺喰いの私は皿うどんが好きです。
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-25 22:07 | 料理

初ものは刺身で

c0197219_22325968.jpg

アオリイカのお刺身だ。
甘くてもっちり。
適度の歯ごたえがステキです。




もうすぐサバが釣れる。
今年は自家製しめ鯖(きずし)を作りたい&食べたい。
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-24 22:42 |

ヤエン はじめました vol.3

ドラグがジリジリ鳴りながらラインが出る。
大きなストロークで長い締め込みだ。
Wくんが「これはアオリです」と教えてくれた。

ラインが出てる時はアジを抱いただけで補食の状態ではない事は知ってる。
ラインが止まって補食し始めると、アオリイカはアジに夢中になる。
するとガッツリ抱いたまま少々のことではアジを離さない。
なので沖から寄せてくるのも可能。
射程距離に入ればヤエンを投入するのである。

しかしです…

初めての展開に手際の悪さが露呈する始末。
竿が長いし(5.3m)ラインを掴んでヤエンを投入するなんて至難の技だ。
竿を少し立てて聞いてみるも、アオリが居るかすら分からない。
もたもたしながらヤエンが着水する。

Wくん曰くヤエンが烏賊に届くと「コツン」とか何らかの反響があるとアドバイスしてくれた。
しかし…しかしである…。

わかんない…。

ダメだね〜(汗)

ダメ元でアワセを一発いれる。

………………………………沈黙

理屈では理解できても、全然体が動かない。
慣れが必要だしルーティーンを決める必要性を痛感する。
c0197219_2256631.jpg



朝まで幾度とアオリイカのアタリがあり試行錯誤しながらも悔しい思いの連続ばかり。

4度目の正直でようやく釣れた。
相変わらずヤエンが烏賊に届いたかは不明ながら、烏賊の重さを感じながらヤエンが走るイメージを想像する(笑)
手探りである。

合わせ一発
ドンッ!
グィ〜ン グィ〜ン
c0197219_23172516.jpg

しかし釣りの神様は甘くない。
秋イカサイズですやん。
でも忘れられない一匹なのは間違いない。
「ヤエンで釣った烏賊第一号」なのだから。
自己満足だけどとても嬉しい。

その後も何度かアタルのだけど不慣れと不手際に泣く。
明らかにデカ烏賊の締め込みもあったのに痛恨のバラシである。


Wくんも最初のバラシが影響したのか、慎重にやり取りをするも不調の波を乗り越えることが最後まで出来なかった。
私と同様のサイズを一杯のみ。

ただ私たちが知る限りこのポイントで10数杯は釣れていた。
最大で2.5kg!(胴長40cm)

キロ前後がアベレージでしょうか?!

次回はもう少し好釣果を目指します。



Wくん お疲れさま。ありがとう








c0197219_043428.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2011-05-23 23:44 | 釣り

ヤエン はじめました vol.2

2011 5/20pm~21am
金曜日、終業とともにダシュで帰宅する。
タックルを玄関に並べWくんの到着を待つ。
c0197219_20261319.jpg

一応、エギングタックルも持参するのである。
条件が良いなら餌木でデカイカを釣りたいスケベ心は抜かりない(笑)

しかし結構な荷物になってしまった。
ヤエン用の竿が二本とギャフをロッドケースに収納した。
クーラーボックスとタックル用のバッカン。
そしてヤエンには欠かせない活けアジ用のバケツだ。
おまけにエギングロッドは手持ちと餌木を入れたワンショルダーも。
次回はもう少し簡素化しよう。

そして重要なポイントは私が以前ヤエン師に惨敗した場所だ!
リベンジがヤエンなのは時の流れと心境の変化の産物である。
時は人を変える。
人は時の流れに逆らえない。あはは
Wくんの存在が今回の釣行をヤエンで果たすきっかけを作ってくれたワケだ。
などと言いながらまだ何も釣ってないし…。
c0197219_20584695.jpg

深夜に到着したのですが夜が空けて撮った景色。


到着すると先行組がポイントの八割を占めている。
空いた隅っこにエントリーした。
決して良いと思えないが仕方ない。
だからと釣れない訳では無いのが釣りなのだ!

案の定である。
開始早々Wくんのドラグが鳴る…ジッ〜〜〜〜ジッ ジッ〜〜〜〜〜

じっくりアオリに活けアジを堪能してもらう。

タイミングを見計らい射程距離まで寄せながらアオリの活性を確かめるように。
すると…あっ!離した!!
Wくんが小声でつぶやいた。
ヤエンを投入する前だ。

しかし慌てず焦らず待つこと数秒、またアジを抱いた。
活け餌パワー炸裂です。
(餌木だと極稀である)

再びWくんとアオリの駆け引きがはじまる。
そしていよいよヤエン投入です。
「釣っちゃいますね〜^^!」
そう宣言した。
ヤエンを入れる動作を食い入るように見つめる私。

スルスル〜〜スルゥ〜〜〜〜
ヤエンがラインを介し宙を飛ぶ。

ヤエンがイカに届いたのを確認し天に高だかく合わせを入れた。

しかしである!
抜けたぁ!!!
さっきより少し大きめの声でつぶやいた。

ヤエンを入れてので素早く回収。
すると溜息ながらに「デカいアジなのにヤエンが小さ過ぎた」と。
カンナがイカの胴に届いていなかったのだ。

それもそのはずアジがWくんの使う何時ものサイズよりかなりデカかったようです。
私なら塩焼きで食べたいサイズだ。

すると私の竿に異変が。

ジッ〜〜〜〜ジッ ジッ〜〜〜〜〜ジッ〜〜〜〜ジッ ジッ〜〜〜〜〜

うおぉ!!

キタァ〜〜






申し訳ありませんが続きは後日…m(__)m
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-22 21:58 | 釣り

ヤエン はじめました

神明間の水温の上昇と共に親アオリイカが気になるこの頃である。
たとえ適温に達したとしても、釣れるとは限らないから厄介だ。
運やタイミングが全てを左右する。

しかしである。
偶然の域から脱却するする方法は簡単です。
神明に限定しない。
エギングにこだわらない。

アオリイカが好きで釣りが好きなら、「ヤエン」もありです。

2年前、和歌山エギング釣行の教訓です。
ヤエン師に惨敗した記憶が脳裏に焼きついてる。
そのインパクトは強烈であった。
c0197219_2362191.jpg

ヤエンタックルの準備と、釣り方のお勉強を少しづつはじめる。
c0197219_0135797.jpg






タックルも専用のもを集める。
初級編らしく成るだけ安いもので構成することに。
餌木でお世話になってる「YAMASHITA」のヤエンをチョイス。
c0197219_0233686.jpg

何よりヤエンに詳しいWくんの存在があってこそ。
彼のアドバイスを頂きながらだ。

Wくんは和歌山の串本に度々遠征するアオリストです。
エギングの腕前もピカイチ。


それにしても新しい釣りを始めるのは楽しい。
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-22 00:47

いんげん豆の

c0197219_23323583.jpg

ほんと朝夕は爽やかです。
日中の陽射しは日に日に強くなって来た。

いんげんの胡麻和えを作るつもりが、ピーナッツを追加したまでは良かった。
すり鉢から胡麻のいい香り。
次の瞬間…
マヨネーズを
むにゅ!

「インゲン豆の胡麻とピーナッツのマヨネーズ和え」完成^^
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-19 00:23 | 料理