おいしい時間

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

だから今、食べておきたいもの by インデアンカレー

年の瀬にもなると一年を振返りながらいろいろ考える事があります。
自転車で怪我なく過ごせたし、釣りでテトラや堤防から転落などの事故もなく無事に終えることが出来そう。
今日までは大丈夫でも明日のことなんて分からない。
そんな当たり前の事に感謝するこの頃です。
c0197219_2320488.jpg

阪堺電車は子供の頃から見慣れた風景だけど写真に収めるのは初めてかも知れません。
路面電車のレトロな感じが郷愁の念を抱かせる年齢になったのかも(笑)

大阪LOVER

ベタな大阪ポタリングの始まりはじまり(笑)
c0197219_23463270.jpg

通天閣界隈の新世界も今や観光地と化してるけど、地元民と観光客の識別はとても容易です。
そのコントラストが面白いと思うのは私だけではないでしょう。
そこはノスタルジックな雰囲気は希薄になって、まるでテーマパークのようだ。
映画「ブレードランナー」の世界により近くなったといえるかも知れない(笑)



所要で大阪に訪れていた翌日はフリーだったので何か食べて帰ることにしよう。
以前から食べたくて仕方ないこちらのお店に行く事にした。

インデアンカレーです。
c0197219_6553353.jpg

カウンター席だけの南店に。




c0197219_755163.jpg

路地に面してるので自転車で行くには適してます。
開店間もなくだったので一番乗りだ。と思いきや荷物を手に持ち頭を上げると既に来店されている。
早速、駐輪して店内に入ると寒かったせいもありスパイシーな香りで暖かい気分になった。
カウンターに座り注文を聞かれたのですがレギュラーと大盛りで悩む。
レギュラーがライス300g、大盛りが400g
まだ午前11時なのでレギュラー玉子入りにすることに。




c0197219_7281166.jpg

この盛り方が良いんです!
左右に分けてルーを掛けるのが嫌いで自宅ではいつもこんな感じに盛ります。
前置きはさておき、肝心の味ですが驚きの展開が待ち受けていた。


ひとくち目は
とても甘い!
そしてふたくち目から辛さが
ガツン!
とやって来た。
とても美味しい。

途中で黄身をくずし食べ進むと円やかさと濃厚さを増す。
サラッと平らげてしまいました。
あまからな味だけど重くないのです。
常連さんが次から次へと来店してくる。そして大盛りを注文する方が多いのもうなずける。
ルーの大盛りも有ります。
全卵やミドル(350g?)を頼まれる方とかもいました。


c0197219_753771.jpg

この甘酸っぱいピクルスも味のアクセントになって美味い。
創業から67年は伊達じゃない。
そもそもFM802でミュージシャンの方が番組中で絶賛してたので興味をもったのです。
その事を店長に伝えると、故桑名正博氏であったり奥田民生氏や桜井和寿氏など、大阪を訪れると必ず寄ってくれると言われました。
美味いものを永く提供してると有名人も常連に名を連ねるのでしょう。

ごちそうさま
感動しました(笑)





c0197219_81156100.jpg

ミナミをぶらぶらしながら梅田から輪行で帰路につきました。






c0197219_815627.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2013-12-30 08:16 | ポタリング

銀閣寺

c0197219_20132225.jpg

向月台の奇抜さは現在でも異彩を放つ。
そのミスマッチ的な景色に目が馴染むと、違和感は消え失せ美しいとさえ思うのである。











c0197219_20283126.jpg

自転車(ポタリング)的に云うと銀閣寺から哲学の道を経て南禅寺に至るルートは良いです。

お寺の補足はこちらで

More
[PR]
by tipo-27 | 2013-12-22 20:36 | 季節

秋が去りそして冬が

c0197219_11392.jpg











c0197219_15862.jpg











c0197219_152949.jpg

大好きな秋
冬がこんな近くまで来ていたのですね。
クリスマスやお正月が目の前です。

冬の訪れを風で感じる。
穏やかな秋の日差しが冬を教えてくれた。
[PR]
by tipo-27 | 2013-12-08 05:01 | 自転車

オイルサーディンを作りましょう

c0197219_21442863.jpg

そもそも、このブログを始めたきっかけは
「釣った魚をおいしく料理して食べる」
がコンセプトだったような…たしか。
そのような経過を経て今は自転車の楽しさを知り自転車がメインテーマではあります。
しかし、釣りも料理も細々と楽しんでいるのも現実で、釣ったからには全力で調理して喰うのである。

とある日の出来事を紹介しましょうね。

先日のこと、真鯵狙いなのですがカタクチイワシが入れ食い状態に戸惑いながら、食べれる分だけ釣るとストップフィッシングです。
時合は何時も突然で、止め時に悩むところですが食べる分しか釣らない。
なので数分で終わった(笑)
釣りは楽しいのですが大量に捌くのは楽しくないからね。


ググったレシピを参考にオイルサーディンを作ることにしましょう。

■手開きで頭と内蔵を取る。
■10%の塩水で漬け込む。(この漬け込む時間で味が決まる)
 今回は1時間漬け込んだ。






■超低温のオリーブオイルで煮る
c0197219_2211250.jpg

IHヒーターだと1か2です。
かなり低温がいいと思われる。なのに、じれったくなった私は油温を急激に上げてしまった。



c0197219_22124387.jpg

けっか身が開いてしまう。
あらら〜!の展開は何時ものことだし然程驚きもしないがビジュアルがイマイチなのは問題アリだ…涙





c0197219_22255364.jpg

タマネギと共にオーブンで皿ごと焼いた。
醤油を数滴ふりかける。


手前味噌ではありますがマイウ〜♫でございます。


しいて云うなら塩水に漬け込む時間が長過ぎたのですこし塩っぱい。
この辺りは経験しないと判断できないかも。



c0197219_22354254.jpg

バゲットにのせて戴くと丁度良い塩梅になった。

次はマイワシで作りたいです。








c0197219_22425238.jpg

おまけですが、釣ったアオリイカを使って”イカリング”も作りました。
天婦羅も美味しいけどサクサクしたフライもとても美味しい。


釣りが好きで良かったと思える瞬間です。
[PR]
by tipo-27 | 2013-12-07 22:50 | 料理

久々の本気モード

このところ釣り熱が再燃しつつあります。
最近、アジやイワシを餌で釣るのが楽しかったからです。
所謂、サビキ釣りですね。
原点回帰とでも申しましょうか。
発端は淡路島テント泊ツーリングで穴釣りを友人に楽しんでもらったからに他ならない。
自転車と釣りを結びつける事にさほど時間は必要なかった。
好きなことは理屈抜きに融合するのである(笑)

c0197219_175577.jpg

自然の成り行きでルアーでの釣りに興味は移行するのです。

当然、ライトリグにトライしたくなって、これまた久々に釣具屋でリグを探した。1年はご無沙汰してました。
そして「34」のこれを発見!
キャストアシストのSキャリーと云うもの。
この手の小さなリグが大好きです。

c0197219_175229.jpg

狙いはアジです。
アジングです!もちろん

なぜ君なの?ミニマムガッシーくんよ!

c0197219_175373.jpg

そして苦手なタケノコメバルですやん。

ラン&ガン


カタクチイワシの猛攻を逃れ、ようやく見つけた真鯵ポイントで釣れた。
メバルの外道で簡単に釣れたアジですが狙うと難しい。
人生そのものだ。

フッキング出来ない。

半端な私が云うのもなんですが、楽しく行こうよ。
なんて考えながら。


それでも




この日は色気ムンムンで攻める。
ライトタックルを2セットとエギングタックルも持参していた。

アジングでフッキング出来ないお粗末な結果に逃げるかたちでイカのポイントに。


すると一級ポイントに先行者あり。
ため息混じりだが気合い十分です。
すると先行者くんがいきなり釣った。
良型だけどキロはない。

いいサイズだね!

ハイ、2投連続ですと軽やかな口調で返答した。えっ?そうなの?

ハイ、さっき釣ったのキロアップでしたと微笑む。
笑顔がいい感じの好青年だ。
すると私のラインに違和感が。
瞬時に反応すると

ぐぃ〜ん

ぐぃ〜ん

おお!きたぁ〜




c0197219_175415.jpg

久々の良型ですがシーズンを終えるには少々役不足です。
(帰宅して計量したら840g)
今シーズン最大なので素直に嬉しかった。


これで今季は終了とするとしよう。
今季は少ない釣行でも短時間で数釣りも楽しめたし、トルクフルな引も楽しめたからね。
2013 11/30






しかしながらキロ超えしないと悔しい。
今日も雷と局地的な雨に萎えかけたけど、こんな気圧ほど釣れるのである。
釣り人も居ないハズの日曜日の夜。
いくぞ!おれ(笑)

しかし今回も先行者あり。
でも釣行時間を決めて集中する作戦なのでそれも想定内だ。



稲光が遠くの雲から見える。
雷鳴は聞こえないから心配ないでしょう。

すると

ぐいっ

ん?
ロッドワークできくと。


ずしり

重く根掛りかタコのような押さえ込み。

ロッドを立てながらリーディングで更に違和感を確証する。

なんだ?なんなんだ?


すると


トルキーな押さえ込みと同時にラインを引き込む!

アオリイカだ!しかもデカイぞ。

きつめにセッティングしたドラグが悲鳴をあげる。

ジリッ

ジリジリッ

同時にぐいんぐいん

おお!引くよ


中々、寄ってこない。
ドラグを締めながら弓のように弧を描くロッド。

こんな事態でもロッドのしなりを見るのが好きだ。
限界点を把握しないといけないし、ターゲットのサイズを予測する。
釣り人なら誰しも楽しめる瞬間なのだ。
釣りの醍醐味はこの瞬間だといえます。

若い先行者くんは彼女と同行していて、タモ入れを志願してくれた。
いい男の片鱗を垣間見せてくる。
釣り人は気甲斐性がないといけない。
他人の釣果を我がことのように喜べるかで自身の釣りの行方も左右されかねない。
大袈裟だと思うかも知れないけど、世の中の仕組みは良心で成り立ってるのだ信じています。

直後に彼も私と同サイズを釣ることになる。

寒い夜にアドレナリンと感動で寒さも忘れた。
c0197219_175531.jpg

2013 12/1pm



写真も投稿もiPhoneから。








帰宅して計量したら1.4kgでした。
[PR]
by tipo-27 | 2013-12-01 11:25