おいしい時間

<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

どて焼き

c0197219_154354.jpg

ビールが美味しい季節です。
赤い暖簾と甘い香りに誘われて。
ふらっと立ち寄る。
甘い香りの正体は串のどて焼きでした。
冷えたビールがより冷たくなった気がした。


c0197219_15425078.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-31 15:49 |

ジェラートの季節

c0197219_1520505.jpg

ジェラートの美味しい季節の到来です。
自転車で走るのも厳しい季節とも云えます。
でも結局のところ走らずにはいれない。



c0197219_1520382.jpg

藤江の「ぐらなーと」さんにて。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-30 12:35 | 自転車

オクトーバーフェストだぜ〜五月だぜ〜!?

c0197219_043427.jpg

ビール好きの親友の誘いで「オオサカ オクトーバーフェスト」に行って参りました。
この日は夏日で暑いのなんの!屋外でビールを楽しむには絶好の日和。
とはいえミュンヘンでもオクトーバーでもないのはご愛嬌。
天王寺公園の特設会場にて。
阿倍野ハルカスが秋空に映える(爆)




c0197219_0123924.jpg

プロ〜スト!






c0197219_0181154.jpg

開園とともに時間と比例して大勢の人々が酔い始める。
しかし大騒ぎする輩もなく静かに楽しんでる風です。
大人が多いからかも知れません。
ステージでフォークダンスが始まるとスタッフの誘導で踊り出す人々。
面白いすね。




c0197219_0301138.jpg

私はと云えば人に酔ってしまったのか、当初の意気込みが失せて飲めない。
滅多に日中から飲まないけど、BBQならガンガン飲めるのに。
体調かな?

ビア樽が特徴的で新鮮なパッケージングなのでパチッ!






c0197219_038693.jpg

一杯¥1400のビールに悪酔いしたのかな?(笑)

各地で同様のイベントが行われてます。
今回の大阪は6/1(日)が最終日です。興味のある方はお急ぎあれ。





c0197219_044372.jpg

これ¥2800だったかな?
参考までに。
*私が買った訳では御座いません。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-29 00:51 |

丹波篠山ポタリング

久しぶりのポタリングのような気がする。

そう云えば5月初旬に黒田官兵衛ポタリングと称し姫路を散策した記憶が…
御着界隈を散策して往復60km程です。
しかしながら写真ばかり多く、裏付けを語るにはボキャブラリーの乏しさからボツネタ(汗)
姫路は官兵衛ブームで熱いので大河ドラマに目覚めた私としては、とても楽しめた事を付け加えておきます。
私的に途中の高砂の街並が楽しかった。


さてさて今回は
丹波篠山です。
篠山を自転車で走りたいと思いながら、過去に数度訪れていたので何時でも行ける近くて遠い町。
近いと云えど片道60kmです。
輪行で行くのも良し。今回は車でJR篠山口まで走りデポすることにしました。
c0197219_23542413.jpg

春らしい日和で風が強いけど、おかげで澄んだ空が広い。




目指すは篠山城跡。
c0197219_030348.jpg





城下町の雰囲気を楽しみながら自転車を走らせる。
数メートルも進まないのに立ち止まる。
路地をこまなく散策するのである。





そして有名なこちらに立ち寄ります。
c0197219_0385054.jpg

小西のパン
黒豆がゴロゴロ入ったパンなのです。
皆さん美味しいと云うので食べたい。
でも買わなかった。
5個一袋なんです。そんなに要らないもん。
ひとつ下さいと言ったらあっさり断られた。
ごめんなさい。
こんな売り方が大嫌いなんです。
一生食べる事はないです。
でも紹介する未練をお察し下さい。

嫌な雰囲気は直ぐに払拭された。
c0197219_0374168.jpg

和やかに接客してくれる温かいお店もいっぱいあります。
冷やかしでも明日に繋がる商売人の意気込みでしょう。






c0197219_0554445.jpg

大正モダンな建物は土産屋さんです。



お腹が空いたので何か食べようと思う。
c0197219_1201255.jpg

お弁当持参でしたが、良い店があればそこで戴く戦法でした。
しかし、
特に目新しい店に出会わなかったのでお弁当タイムに突入です。

c0197219_127172.jpg

城壁の石積みが美しい。




c0197219_130216.jpg

塩をして干した鯖焼きと筍の素焼き、玉子焼とウインナーだけ。
簡単で好きなものだけ。
高菜を混ぜたおにぎりが大きいので弁当箱の蓋で裂けた(笑)
味に何ら問題はありません(笑)



c0197219_1352872.jpg

そしてお約束の天空に掲げる儀式を。
少し美味しくなったかも!あはは




c0197219_1541880.jpg

綺麗に整備された江戸時代からつづく武家屋敷跡も見所です。
春日神社でお参りして、歴史美術館の外観だけ見た(笑)






帰りに寄った「お菓子の里 丹波」の黒豆ソフトは悲しい結末をもたらしました。
店内のポップ写真が私の食指を激しく伸ばすのです。
しかし手渡されたソフトクリームは…






c0197219_1532135.jpg

貧相ですねん。
およそサンプルの三分の一だろ(涙)









以前、訪れた「黒豆の館」のビュッフェが素晴らしかっただけに、持参弁当と相まりグルメ的にはダメダメなポタリングでした。

それはそれ、里山の城下町も良いもんです。
立杭焼も好きです。
次回が有るならまた違った側面が見れますように。



黒枝豆(黒豆)が最高に美味いことに変わりないのですから(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-27 23:52 | 自転車

お弁当を持って

お弁当を持って出かけよう。
先日のこと、筍ごはんを作ったことで思わぬマイブームが訪れた。
それは美味しいのが最大の理由なのは勿論ですが、翌日も筍ごはんを食べる宿命なのです。
流れとしてお弁当にその命題(消費)が与えられた。
週末だったのが幸いして永く使ってなかった「わっぱ弁当」のご登場です。
c0197219_23592833.jpg





ご近所を自転車で散歩。
海辺の高台から播磨灘を見ながらランチです。
それだけのことですが私にはとても重要な癒しなんですね。
どこで食べても同じだと思えないから出かけます。
現実的に部屋で食べても同じかも知れません。

とりあえず筍ごはん弁当を自転車のパニアバックに詰め込んだ。
c0197219_23584318.jpg






屋外で食べるお弁当は何故こんな美味いのかと思うのです。
これが好きなんでしょう私は。
c0197219_0154453.jpg

意味もなく弁当をかかげる(笑)
写真を撮り、空と海に感謝することにしよう(笑)

*眠くなりましたので後日、追記いたします…。


さて再会しましょう(笑)

屋外でお弁当を戴くにはこの時期が限界かも知れません。
これからの時期は梅雨なので晴れ間を狙うしかない。
しかもお弁当が傷みやすいから。
真夏の炎天下での、お弁当は避暑地でない限り避けたい。
そういった意味でこの時期はお弁当に最適な時期かも知れない。
もちろん秋がベストでしょうが。




c0197219_21144010.jpg

真夏程でもないけど気温も25度前後で夏の日差しです。
紫外線が強くて素肌だったので腕の日焼けがヤバい。
既にひと皮剥けました。
紫外線対策をお忘れなく。





c0197219_21335879.jpg

ある日は丸いおにぎりにしました。
食べ易いから良いです。
しかしコレは大失敗なんですね〜
手に取ったご飯の量が多すぎて弁当箱サイズに圧縮したら餅みたいになってもたやん。
重いし固いぞ。
しかし食べ応え十分で、暫くお腹が空かなかった。
コンビニのおにぎりより比重は3倍以上でしょう(あはは)





c0197219_2139226.jpg

盛付けも演出して昭和チックにしたんですが如何ですか?
私は楽し過ぎて笑みが止まりません。
通行人にガン見されて少々気恥ずかしいのが難点です。






c0197219_21532433.jpg

時にはお弁当持って自転車で散歩するのも良いものです。





記事が溜って滞り気味ですがボチボチいきますのでよろしくお願いします。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-26 00:27 | 自転車

さば煮

さば煮定食

いつかのTVで観たのが発端でした。
そして今日、数年越しの念願が叶った。

今井食堂のさば煮定食である。
c0197219_22273564.jpg

見ためはかなり濃い味と思いましたが全然どうして良い塩梅。
辛くも塩っぱくもないのです。
丼ご飯があっという間にさば煮と共に消えてゆく。
大きな大根がゴロゴロ、薄揚げの味噌汁と。
¥700-也

c0197219_2253171.jpg

NEW今井食堂…(笑)






昨年、訪れた時は定休日だと思い込んでたので、サイクリング途中でコンビニ弁当で済ましてた。
しかし時は葵祭だったからか、上賀茂神社の西隣なのもあって弁当のみの開業をしていた。
ひどく残念な記憶が甦る(笑)
c0197219_2305945.jpg

昨年の写真では南の調理場が更地で改装中でした。


そして今回の訪問で店舗の風貌が激変していたので驚いた。
先月の4月に新装開店したそうです。
胡蝶蘭の祝い花がその事実を華やかに物語る。
旧い店舗で戴きたかったのが本音ですが、味に変わりないのだから良いと思うことにしよう。




c0197219_23124450.jpg

ずらりと並ぶ大鍋で炊かれるサバと醤油の香りは普遍なんでしょう。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-22 23:19 |

リストランテ ピノキオに着きました

4/28am 2014
キャンプ場に行く前にもうひとつ特別なお楽しみが待ち構えていた。
秩父市街が見渡せる小高い山の中腹にそれはあった。
短いけどかなりの斜度を駆け上がる。
c0197219_2201836.jpg




つもりでしたが決して無理はしない(笑)
開店まで少し時間があったので店のテラスでまったりするのも楽しい。
そうです秩父のイタリアンを頂くのです。
このお店もKoroさんが事前に紹介してくれていたので情報も豊富です。
なので待ち時間も苦にならない。


リストランテ ピノキオ
この地で創業30年と聞きました。
野菜など産地地消がテーマのようで当然ですが旬の物が戴けるのです。
しかも自家栽培した物も使用するこだわりよう。

まもなく店内に案内され、大きな窓越しに秩父市街が見下ろせる景観が素敵だ。
夜景も楽しめるでしょうね。

この日はランチで訪れたのでメニューは大まかにランチコース(¥2500)とパスタランチコース(¥1800)
パスタなどは数種から選べる。
ランチでも予約するとパンが食べ放題らしい。
どうするか悩むところですが軽くパスタランチにしました。
値段的にもランチコースがお得感満載ですがここは辛抱のしどころ。
何を辛抱するのかは意味不明です(笑)

濃厚なのにすっきりしたスープで始まり、驚愕のサラダが運ばれて来た。



c0197219_2323673.jpg

「真鯛と大麦のサラダ」
などと表現するには明らかに言葉足らずだ。
生野菜の種類もだがマリネやアイスプラントなども。

大皿に盛られ3人で取り分けるのかと思ったら次々と運ばれて来た。
この皿が一人前だと判明する。
素晴らしい♫
サラダを食べるのが楽しいなんて思うのは何時以来なんだろうか!?




c0197219_23182079.jpg

「玉シャモの砂肝と菜の花のパスタ」
オイル系なんですが自家製柚子胡椒が別皿で添えられてた。
途中で柚子胡椒を追加して楽しんで居たら…ガツンと舌に痺れが!
柚子胡椒の塊を食べてしまった(大汗)
青唐辛子は辛い(笑)
しかしこの柚子胡椒が美味いから自作したいと思お。
(玉シャモは埼玉のシャモのこと)

パスタは大盛りにしたので堆く、秩父の山々の如く存在感を醸し出している。
豊かな秩父を食べる。
c0197219_23363166.jpg






c0197219_23393889.jpg

これはkoroさんが選んだ「ホタルイカと杓子菜の手打ちパスタ」
一口戴きましたがこれも美味い。
私とゲンジさんは同じ物をチョイスしたのでkoroさんのパスタをつまみ食いです。
激減したのに穏やかに笑うkoroさんに感謝ですね(笑)






c0197219_23523782.jpg

ドルチェも素敵だ。
ゆずシャーベットや店舗の庭に植えられた栗で作るモンブランを添えたロールケーキなど。
豪華です。

ソフトドリンクも付いてて私はコーヒーを。
生ジュースやエスプレッソ、追い金でワインも選べます。


この楽しさがこの値段、自然に頭が下がりました。









しかし、この記事で共感してくれても、参考にしてくれるか疑問。
なんせ関西発ですもんね。
もし秩父に行く機会があれば是非とも立ち寄って欲しいと思います。
私も次は何時になるか分かりませんが秩父に行く時は再来店したい。

感動は楽しい。
驚きは感動です。





c0197219_0291693.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-22 00:30 | 自転車

かきつばた

c0197219_003439.jpg

カキツバタ群落
大田神社の境内にある大田ノ沢。
平安時代からほぼそのままの群落で天然記念物に指定されてるようです。





c0197219_024223.jpg

京都を散策したい。
一種、禁断症状かと思える衝動に駆られます。
丁度、昨年の5月15日は葵祭とバッティングしながら叡山電鉄で貴船から上賀茂神社、下鴨神社に南下し新緑と葵祭の雰囲気を少し楽しんだ。
だからと同じルートをたどるつもりはない。

ならばカキツバタ群落を見よう。
もうカキツバタも終わりかけですが、幸い二番咲きを観ることが出来た。




c0197219_23563285.jpg



[PR]
by tipo-27 | 2014-05-20 00:46 | 季節

秩父サイクルトレイン

c0197219_10183537.jpg

長瀞石畳からほど近い秩父鉄道 長瀞駅に到着。
そしてなんと!サイクルトレイン初体験です。
仕立て列車ではなく、通常の列車に持ち込める仕組みなので画期的だ。
地元民も利用してると思われます。

ただ平日のみしか持ち込めない駅があるので注意が必要。
詳しくはwebサイトを参照して下さい。



c0197219_10324441.jpg

切符も昔ながらの硬券です。
SLも走る路線なのでレトロ感がたまらんです。記念にお持ち帰りしました。





c0197219_10454377.jpg

プラットホームにて記念撮影。
滅多にない経験なのでテンション上がりますね〜





c0197219_105683.jpg

GWとはいえ平日の早朝(4/28)なので贅沢に占拠しました(笑)





c0197219_1115562.jpg

ローカル列車の雰囲気が旅情を高めてくれます。




c0197219_1194092.jpg

しばしローカル列車サイクルトレインの旅を堪能して目的の駅に。

「お花畑駅」
なんとも可愛い駅名ですね。
(この写真と車内の写真はゲンジさん撮影)





c0197219_1128552.jpg

新鮮な光景です。





c0197219_1128472.jpg

どこか異国を旅してるようだ(笑)
(koroさん撮影)





改札を抜けると屋台が出ていた。
関西ならタコ焼きなんでしょうが見慣れない物を発見!
ひとつ¥150-也
見ためも味も想像出来ないので食べたい衝動が押さえ切れません。
財布を取り出したら…

koroさんから、ちょっと待ったコールがかかる!
んっ?何事ですか??

するともっと安くて美味しいのを売る店があるらしい。





c0197219_1141431.jpg

さっそく未知との遭遇を求めて移動するのである。
着いたのは地元のスーパーです。

店内に消えたkoroさんをゲンジさんと待つこと数分。





c0197219_11445515.jpg

これです。
見ただけでは何だかわからないでしょう?!

それは秩父のソウルフードである、
みそポテトだ!
じゃがいもの天ぷらに甘い味噌がかかってる。
じゃがいもがホクホクで衣がふんわりカリッと。
甘味噌が合うぞ。美味しい。
古くから食べられてる秩父B級グルメの定番のようです。
おやつやおかずでも食べるようで勿論おつまみにもなる。




c0197219_17514031.jpg

初めての土地は面白いですね。
ごちそうさま。



小腹も満たし一路、koro邸に戻り、補給と装備の入れ替えをして本日のキャンプ場を目指します。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-18 12:02 | 自転車

長瀞石畳

4/28am2014
秩父長瀞での記念すべき朝を迎えた。
自転車キャンプ泊の楽しさは仲間と過ごすからなんだろう。
きっとひとりだと、自宅と同じように単調に過ごしてしまうのでしょう。
c0197219_2385078.jpg




c0197219_23244326.jpg

川沿いなのか朝の冷え込みがハンパない。私が薄着だったのも原因ですが関西では希少なチリトマトヌードルが気分も身体も温めてくれた。
分け合って食べたコッペパンがチープだと言えるけど豊かな心になる。
なぜなんだろう。



c0197219_23265149.jpg

長瀞石畳をkoro156さんの案内で目指します。
ローライトな朝ですが自転車で走ると丁度いい感じです。





素晴らしい景観、頂上から観ると脚がすくみます。




c0197219_2347392.jpg

長瀞石畳は観光のメジャースポットだけあり土産屋さんやレストランもあり、この遊覧船もここから出船してます。









c0197219_23552122.jpg

迫力ある景観に時を忘れて見入るのでした。






c0197219_064439.jpg





c0197219_071998.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-17 00:04 | 自転車