おいしい時間

越前おろし蕎麦

永平寺を後にし次に向かうはランチです。
福井名物かずあれど意外に知られてないのが「越前おろし蕎麦」ではないでしょうか。
福井市街はもちろん周辺地域でもおろし蕎麦を掲げるお店を幾度と目にしました。
事前に永平寺近くに食べログ評価で高ポイントなこちらのお店に伺いましょう。
永平寺からは県道かな?364号線を走ります。
この道は下りなんですがスピードが出過ぎて怖かったのなんの。
重い荷物を自転車に背負い込んでるので尚更。
ブレーキを掛けつつ下山しました。
とはいえ。
時は新緑の季節、風の気持ち良さは怖さをかき消します。
c0197219_19133573.jpg
少々迷いながら辿り着きました。
昼食時でもあり行列が出来る盛況ぶりだ。
せっかくだし決めてたし列んで待つことにした。

c0197219_19134892.jpg
ざるに盛られたおお蕎麦がどーん!うまそ
3人なので一人頭2つかな。

c0197219_19135888.jpg
おろし蕎麦の所以はやはり大根おろしの量にある。
蕎麦に大根おろしは珍しくないけど、その量がハンパないです。
このお店はこのスタイルが人気なんだとわかりました。
ざるで何人前か注目すると、大根おろしやネギなどカツオ節とか運ばれて来る。
好きな薬味を好きな量だけ取り盛るのです。
美味しいな。
でも足らなかったぞ!
このざる一つくらい食べれる。
そうするとかなりコストアップしそう。
美味しいからと食べ過ぎないよう腹8分目で店を後にした。

おろし蕎麦の余韻も忘れ最終目的地である福井駅前の宿まで晴天の空の下、のんびり談笑しながら福井の空と道を楽しみながら走る。
この旅では自転車も残り少ないのかな。
プランナーであり案内してくれたゲンジさんのホームタウンに帰りましょう。
c0197219_19152811.jpg
3泊目はホテルなんです。
地元でありながら自宅も近いのにゲンジさんもホテル泊してくれた。

ホテルの大浴場で汗を流し日が暮れるまでまったり出来た。
日が暮れたら私とkoro156さんのお待ちかね!
そうです酒場放浪記だ。


[PR]
# by tipo-27 | 2015-12-11 22:31 | 自転車

永平寺

c0197219_0144432.jpg

永平寺に到着。
早速、記念撮影です。
観光客の方に撮っていただきました。
新緑が美しい。
c0197219_0275017.jpg

緑深い参道の木漏れ日がとても気持ちいい。
落ち着いた気分にひたりながら山門を目指します。

c0197219_0363571.jpg

参道を抜けると立派な山門が現れました。
曹洞宗の大本山である永平寺。
c0197219_0322420.jpg

斜面に沿って高くそびえ立つ寺院です。
c0197219_031173.jpg

廊下はとても長く縦横無尽に張り巡らされてるかのうに広い。
迷子になりそうだ。
近代的な建物から入り見学の注意点や歴史を拝聴してから見学しました。

c0197219_0324872.jpg

傘松閣という天井画は永平寺の見所。
大広間の天井いっぱいに貼られた絵は230枚だとか。全部観てたら首がどうにかなるよ。
それにしても圧巻です。
c0197219_0332450.jpg


見学の注意点のひとつに修行僧を含め僧侶の写真はご法度であった。
これが本当に残念でしかたない。
何故なら若い修行僧が足早に通り過ぎる様は美しいのである。漆黒の透き通る袈裟が風を受けてなびく。ほんと綺麗だった。
似た感覚を覚えたのはベトナムの民族衣装であるアオザイを連想させた。
修行僧は男性、アオザイは女性ではあるが軽やかに風を受けて揺れる姿は美しい。

この日に出山する若い僧侶があるらしく、沢山の修行僧が集まって来た。終始にこやかと言うか晴れやかな感じがする。曹洞宗の丸座布団だけの荷物を持つ僧侶が出山するのだろう。
見学時に説明を受けた言葉を思い出した。
この門をくぐるのは人生で二度だけだと。
入山する時と出山するときだけ。


[PR]
# by tipo-27 | 2015-12-02 00:39 | 自転車

永平寺に向かう道

永平寺に向かう道は快適そのもの。
平日で人も少なく、ここまで自転車で自走して来たけど晴天と穏やかな春の気候に包まれる。
えちぜん鉄道の永平寺口駅から延びる「永平寺参ろーど」を伝い緩やかな路を行く。
鳥のさえずりが聴こえ澄んだ空気がとても気持ちいい。
c0197219_23513287.jpg

廃線後を遊歩道にし永平寺まで続いてます。
私達は自転車でしたが歩くのもお勧めです。

c0197219_23471496.jpg

ただハイシーズン休日に自転車で走れるかは疑問ですね。


c0197219_2347033.jpg

のんびりゆっくり目指すは永平寺
[PR]
# by tipo-27 | 2015-11-26 00:17 | 自転車

丸岡城

朝の爽やかな潮風を感じながら三国の海岸線を走る。
美しい景観を横目になだらかな下り基調の道。
時折、漁村の集落や古い路線バスが雰囲気を高揚させてくれた。

しばらく走ると360°田園の道を走ることに。
もう坂井市なんだろうか。
広くて雄大で気持ちいい。

そして朝イチの目的地に到着した。

c0197219_1745304.jpg


丸岡城です。
時間の都合で天守閣の見学は見送りました。
でも売店でご当地ジェラートをいただきました。
[PR]
# by tipo-27 | 2015-11-13 17:53 | 自転車