おいしい時間

タグ:アザーズ ( 100 ) タグの人気記事

この漁船のように

c0197219_0433212.jpg

師走だ。
今年も終わりなんですね。
ほんとに!?
最近のバタバタから開放されたい。
ただそれだけ。
成るだけのんびりを心がけて新年を迎えよう。
夕陽を背にゆったり進むこの漁船のように。
[PR]
by tipo-27 | 2011-12-01 00:54 | 季節

黄昏てく

c0197219_23271724.jpg

いつの日か。
[PR]
by tipo-27 | 2011-10-27 00:04 | 自転車

c0197219_23482262.jpg

ひと雨ごとに秋が深まっていく。


がんばれサーファー
波が無くてもいいじゃないか。
[PR]
by tipo-27 | 2011-10-25 23:55 |

曼珠沙華と弁当男子

c0197219_035274.jpg

自転車で散歩してると色鮮やかに群生する曼珠沙華。
あまり好きな花ではないが、初秋のイメージと反して、この紅のインパクトは特別だ。
好きや嫌いで世の中は成り立っていない。
そう感じる一瞬である。

ところで今の嫌いな事を考えてみた。
あえて一番の「キライ」をあげるなら会社の弁当だろう。
手持ち弁当を持参する同僚は少なからず。
愛妻弁当は多数派だし、若い独身者はコンビニ弁当も多い。
極少数派だけど「弁当男子」が存在するのである。
簡単なところでは「手むすび&カップラーメン」
「レトルトカレー&タッパごはん」この彼には驚かされる、毎日このパターンをルーのバリエーションでカバーしてる!
飽きひんのかと聞くと会社弁当が何一つ食べれないと言うのだ。
超偏食家で好きなカレーなら毎日でも食えるそうだ。
そして実践してるのだからある意味素晴らしいとすら感じる。

ある日のこと所帯持ちの同僚が弁当を持参していた。
ええね〜愛妻弁当やん♡と冷やかすと真顔で「違いますよ自分で作りましたよ!」と。
えっ?なんで?
である。
そして数ヶ月を経た今も弁当男子なのである。
深く理由は聞いてない。

以来、彼との会話は「弁当のコスパ」だったり「弁当の調理時間の短縮」だったりする。

そして私も現実的に如何なものかと模索する今日この頃…。
[PR]
by tipo-27 | 2011-10-03 01:07 |

ひとりごと

c0197219_23195546.jpg

九月も今日で終わりだなぁ。
ようやく秋めいたと感じる今日この頃。
tikitで輪行は未だ叶わず。
とりあえず電車に乗ってみようと思う。
経験しないと何とも云えんのだから。

東か西か。
[PR]
by tipo-27 | 2011-09-30 23:26

海水浴とタープ

c0197219_016233.jpg

数年ぶりにタープを張った。
まさかの真夏の炎天下でのBBQと海水浴の展開になったのである。
酷暑と云うべきが相当です。刺すような太陽光を遮断するのは不可能だとして、ビーチパラソルなんぞでは醜い日焼けに苦悩するのがオチである。
夏のBBQにしても最近は遠のいたものの、夕方から始めるのが通例だった。
しかしリクエストした本人は中学生で、真夏の太陽の下での海と空が、海水浴でありBBQなのであろう(笑)
大人の都合で封じるには余りあるパワー。
かつて私達がそうであったように。
[PR]
by tipo-27 | 2011-08-15 00:48

原チャリ

c0197219_23344624.jpg

もう11年5ヶ月になる。このヤマハの原チャ。
最低限のメンテはするものの、よくぞここまで来てくれたものだ。
白煙に咽ぶ様はスロー走行を強いるけど。
通勤に欠かせない連れ合いです。

海を見ながら走る。
おばちゃんライダーにブチ抜かれる。
同僚が何でそんなにゆっくり走るのかと笑う。

この歳にもなると慌てて走るより大切なことが有るのだよw
[PR]
by tipo-27 | 2011-08-04 00:04

暑いよ

c0197219_21001.jpg


まだクマゼミの鳴き声を聞いてないのですが。
奴らが一斉に鳴きだすと思うと…^^;
[PR]
by tipo-27 | 2011-07-17 21:12 | 季節

タックルを入れ替え

c0197219_1161880.jpg

ターゲットをシフトする為にタックルを入れ替えた。
期間限定の一発勝負だ。
明日だけ限定の釣り。
[PR]
by tipo-27 | 2011-07-08 01:26

岩塩

c0197219_17212037.jpg

末端価格580円ナリ。

塩に特別なこだわりなど御座いません。
舐めると少しは味の違いを判別できるかな…?
その程度。
普段は伯方の塩だったかを使ってますが、それ程大量に使うことがない。
パスタを茹でるときが最大の出番である。
しかし何時もカチカチ。
苛っとするのだ。
これはガマンするとして、テーブル塩がこれだと困る。
出ね〜ぞコイツ!
である。
最近は岩塩をミルでガリガリ。
快適かつ音がいいのだ♬

毎回ミル付き岩塩を買うなんて不経済なんでこれを購入する。
先に述べたように塩にこだわりがないので比較的安価なものを選んだ。
ただ無数の岩塩の存在に驚く。
高価なものや味の違いは歴然でした。
無茶苦茶マズイのも有り、塩を舐めたらイケない。
そうじゃなくて…

結論:塩はとても奥深いものなのだろう。
   摂り過ぎに注意しましょう。
c0197219_18193113.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2011-06-12 18:20 | 料理