おいしい時間

タグ:イタリアン ( 48 ) タグの人気記事

アクアパッツァ

c0197219_200128.jpg

久しぶりに食べた。
オリーブオイルとニンニク。
先日釣ったメバル。
自宅で実ったプチトマト。

香ばしくポアレしたメバルにアサリをガサガサ投入。
白ワインをジュンジュワーッ
蓋をしてアサリが開くのを待つこと数分。

バターを少量入れて風味づけを。
これは私の流儀である。
アンチョビを使わないと邪道と言われたこともあるが、アサリのパワーとメバルの素直な旨さにアンチョビは必要ないと結論したからだ。
なくても十分濃厚で風味豊かな味わいなのだから。
素直な素材の旨さを楽しむための一皿です。

c0197219_202976.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2011-08-01 20:31 | 料理

アジ茶づけ

c0197219_02810100.jpg

アジは大好きである。
食べるのも釣るのも。
アジを釣るにはサビキ釣りがポピュラーだが、ルアーで釣る「アジング」が熱いのだ。
とはいえ神戸明石のショアで釣れるサイズは、年々ダウンしてるのが現実。
もっぱら買って喰うのが定着してしまった。

マアジの美味しさは格別だけど市販の物は丸アジが大半です。
開きは美味しいし否定しないが丸アジを購入するのは稀である。

しかしこの日はキレイに捌かれたアジフィレを発見する。
手間も省けるし「ナメロウ」で食べたくなった次第。
でも一切れ味見するとすげー生臭いではないか。

仕方ない。
火を通す調理を思案…。
オリーブオイルで焼く。
c0197219_0553720.jpg

定番だが旨い。





残りを岩塩を摺り込みアジボウダラ。
こんな日本語はないのだけど、要は「棒ダラ」のアジ版である。
グリルで焦げないよう水分をじっくり飛ばすように。

冷めてから裂くようにほぐし「お茶づけ」にした。
棒ダラ茶づけを周到する。

サラサラっ
程よい塩分がシャケ茶づけと遜色ないぞ。
いやいやアジの風味も健在だ。
[PR]
by tipo-27 | 2011-07-22 01:26

ニョッキのジェノベーゼ

c0197219_2235141.jpg




ジェノベーゼを作るためにバジルペーストを買っていた。
当初は栽培してるスイートバジルで作る夢を抱いていたのだけど、人生はそれほど甘くないのだ。
見事なまでの虫食いである。

しかし美味しいソースを見過ごす訳にいかない。

「ニョッキのジェノバソース 苦瓜とベーコンのクリーム仕立て」
ゴーヤは多少ギャンブルだったがクリーム(無調整乳)とパルメザンチーズが全体をまろやかにしてくれた。おかげで濃厚かつ円やかな深い味わいの完成です。

ただ


ほろ苦く塩っ辛い。
ディチェコ(ニョッキ)の塩分と市販のジェノバソースの塩分とチーズの塩分とベーコンの塩分…
相乗効果でバリ塩っぱい!
味見しながら牛乳を足し差したものの足らなかったようだ。
その点だけがマイナスだけど塩分コントロールさえ出来たら完璧な一皿になったろう。
ニョッキを選択したのも理由があった。
おつまみ的な部分を強調したい目論み。
その意味では成功だなぁ。
ワインに合うなこれ^^



c0197219_2325365.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2011-07-03 23:26

ツナとベーコンのトマトソース

この二日間というもの自宅軟禁だよ。
この台風でヤエン釣行は中止した。
何する訳でもなくゴロゴロと。
夕方から退屈しのぎに呑むことにしたのは良いけど、ビールを1缶飲んだら寝てしまった。

寝過ぎ…。
おかげさまで腹ぺこです。


遅い夕飯は家にあるもので作ることにする。
幸いホールトマトは沢山ある。
買い物に行くと必ず買ってしまうのだ!
ヤバイかな?
渡辺謙の主演で若年性アルツハイマーを主題にした映画のシーンを思い出す。
無意識に同じものを買ってしまう。
それに近いものがあったりして。

そんなでコレを食べることに。
c0197219_22542438.jpg

ベーコンブロックが安かったので買ってた。
ツナ缶もある。
トマトソースとの相性はとても良い。
最近は食べてなかったなぁ。

それにしても台風の野郎め。
ゴールデンウィークに植えたプチトマトが弱々しく風雨にさらされてる。
スペアミント、イタリアンパセリとスウィートバジルは地べたに張り付いてますやん(汗)
しかし植物にとっては大きなお世話なんだろう。
イタリアンパセリを摘むと生き生きとシャキシャキしてる。
ありがとう。いただきます。ご馳走さま。
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-29 23:25 | 料理

スパゲティ プッタネスカ

c0197219_2244752.jpg

連休明けの脱力感とジメジメした蒸し暑さのダブルパンチだ。
夏の到来は大歓迎ですが、春のうららかさが希薄のは残念です。
今日は梅雨のよう。

気温が高くなるとトマトソースが食べたくなる。
ガツンと暑い日にはトマトの酸味が恋しくなるのですよ。
季節の変わり目は体調を壊しやすいし、連休空けの訛った身体は真夏の脱力感に似てるのかも知れない。



■にんにく、赤唐辛子、アンチョビフィレ、ケッパー、黒オリーブ、ホールトマト
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-10 23:20

たらこのカルボナーラ

c0197219_22133017.jpg

生食用のタラコが消費期限でした。
さすがに生食は避けるとして、
たらこスパでも作ろうと思う。

オイル系の気分でもナシ。
クリーム系が良いかも!
しかし無調整の牛乳も無ければ生クリームもない。

それならコレでしょう。
カルボナーラだ!!

いつものカルボナーラにタラコを追加しただけですが、
コレがなかなかのもの。
しっかりタラコが主役のスパゲティが出来上がった^^
[PR]
by tipo-27 | 2011-05-01 22:28

オイルサーディンのオイルパスタ

c0197219_19152379.jpg

普段は高価なこのオイルサーディンが安く売られてたので買った。
高価だから美味いとはいえないのだが。
少し大きく不揃い、とにかく安いからである。


いつもの肴になるハズだったのに…。
オイル系のパスタが食べてくなったのでオイルサーディンで作ることにした。
以前サンマで作ったことを思い出したのです。



c0197219_19361474.jpg

刻んだものと飾り用と分けた。
黒オリーブも刻んだ。
アンチョビフィレが有ったのでコレも細かく刻む。

作り方は何ら変わりなく、上載せの「いわし」を先に焼いて取り出しておいた。
盛りつけのときに使うため。



c0197219_19411191.jpg

パスタは何でも良かったけど今回はタリアテッレを使う。





c0197219_21541937.jpg

完成!
うまっ♬

黒オリーブがほのかな酸味で全体を上手く調和させれくれた。
[PR]
by tipo-27 | 2011-04-24 19:55

早い夕飯はカルボナーラでお腹を満たす

c0197219_21395945.jpg

自家製の簡単パンチェッタでカルボナーラを作る。
まぁしかし、塩豚と言った方が正しいのかも知れない。
簡単だし美味いからOKです^^!

More
[PR]
by tipo-27 | 2011-03-27 22:56 | 料理

牡蠣のクリームトマトソース

c0197219_15435935.jpg

Googleが東北地方太平洋沖地震の災害情報をまとめたページを開設されている。
自身は何も出来ない。(義援金ぐらい)
ブログを更新せず自粛するべきかと思うのだが。
世界的な支援と救助活動が本格化しつつある。
遠いこの地で陰ながら祈るばかりです。
言いようの無い罪悪感と戦いながら。
もし、このブログを見た被災者が「美味しそうだ」「復興したら食べたい」と思って頂ければ幸いです。












いつものトマトソースに生クリームを追加したら、
トマトの酸味が抑えられコクが増した。
簡単に濃厚なトマトソースの完成。
写真では分かりづらいと思うけど薄っらピンク色。

■牡蠣の水気をとり小麦粉を軽くまぶす。
■フライパンにオリーブオイルでニンニクの香り付け。
■牡蠣を入れて焦げない程度に片面を焼く。
■牡蠣を裏返し白ワインで蒸し焼きに。
■牡蠣がふっくらしてきたらトマトソースを投入。
■生クリームを入れながら全体を馴染ませる。
■牡蠣を取り出す。
■空かさず茹でたパスタを入れガシガシ和える。
■皿に取り牡蠣をのせフィニッシュ!
■食べる直前に粉チーズをかける。
■ボーノ!ボーノ♪
自画自賛ではないですが、かなり美味い。

More
[PR]
by tipo-27 | 2011-03-13 16:54 | 料理

ドルチェを

c0197219_20444052.jpg

ドルチェはいかがですか?

ティラミスは簡単に作れると知っていたが、
こんなに簡単で美味しいとは驚きである。
スコップケーキ的な作り方はガラスの器の中で完結していて、
取り分けるだけで良いのでナイスです。

メイン、サラダ、パスタ、ドルチェ。
自宅イタリアン、ドルチェも自作すると何と豊かなテーブルだろう。
幸福感と満足感に満たされる。
そして何より満腹感でいっぱいだ。










c0197219_20454210.jpg



[PR]
by tipo-27 | 2011-02-12 23:07