おいしい時間

タグ:イタリアン ( 48 ) タグの人気記事

Penne con Melanzane e Pomodoro

c0197219_12131947.jpg

ナスとトマト
定番の一皿
今回はペンネで。
(自家製パンチェッタ入り)

c0197219_12135597.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2009-09-13 12:19

Spaghetti all'Amatriciana

c0197219_22212551.jpg

「アマトリチャーナ」
パンチェッタ(自家製)とトマトソース


本来はブカティーニで作られます。

More
[PR]
by tipo-27 | 2009-08-27 22:55

自家製ドライトマトと釣ったアオリイカで作るオイルパスタ

c0197219_18235334.jpg

先日のドライトマトのオリーブオイル漬で昼食を作る。
鮮やかなを際立たせるにはオイル系が良いかと。

そして冷凍ストックのアオリイカを使うことにした。
まだ沢山あるので消費しないと秋イカのシーズンが始まってしまう・・・。
毎日食べる訳にもいかない。
かなりの数を友人にお裾分けしたのにな。
私のエリアは、まだ小さいから良いけど、すでに友人から催促される人気ぶり。
アオリイカ配達人に徹するかな!
なんて言ってると全然釣れなかったりします。


EXオリーブオイルに潰したにんにくを入れ、
グツグツ汗をかかせ十分に香りと旨味をオイルにいれていく。
ドライトマトを投入し唐辛子、アオリイカと入れ火を通す。
いい感じになったら火を止め(うちはIHですが・・)茹であがって直ぐのパスタを入れて、
全体を親の敵の如く混ぜ合わせる。
私は菜箸片手にグルグルと!
オイルと茹で汁が馴染むと途端に菜箸の持つ手が重く感じる。
ココで完成です。


フレッシュのバジルをパラパラと。
彩りも鮮やかに出来ました。

少し不満だったのはドライトマトの量が少なかったためか、
トマト風味が薄いようです。
でもドライトマトとガーリックオイルの相性は抜群で、
いつもの味にフルーティーな甘さがプラスされ、
バジルとともに爽やかな一皿と成りました。
(酸味は無いよ)

More
[PR]
by tipo-27 | 2009-08-16 20:53 | 料理

Spaghetti alla carbonara

c0197219_19423791.jpg

自家製パンチェッタでカルボナーラを作る。
少々脂身の多いパンチェッタに仕上がった訳だけど、
豚肉料理全般にいえる脂の美味さが旨味を作り上げることを、
再確認することが出来た。

市販のパンチェッタは炒めると硬くなるけど、
今回の自家製パンチェッタはプニュプニュして食感のバランスが良い。
なにより一番の収穫は卵とパルメザンチーズに負けない旨い脂(パンチェッタ)が、
カルボナーラを完成させたと思う。
この独立した料理の本質を見たような気がする。



失敗だと思ったパンチェッタが教えてくれたこと。
「カルボナーラは豚の脂を食らうのだ!」
あはは・・
ごちそうさま
[PR]
by tipo-27 | 2009-08-14 21:00

パンチェッタを作った

c0197219_2111084.jpg

7/14
豚バラ肉を買いに行く。









c0197219_21121897.jpg

8/9
長い熟成期間を経て解禁。
香りは生ハムそのものって感じでgood !!

しかし失敗です。
作ると決めた日、良い豚ばらブロックが無かったので、
多少脂身の多いものを選んだのが間違いでした・・・。
脂は旨いんです。
でも赤身が少な過ぎます。

次回へ持ち越し。


野菜のカルボナーラ
(違うかぁ??)
ボールで混ぜ合わせたら完成。

More
[PR]
by tipo-27 | 2009-08-10 22:28

ドライトマトを作る

c0197219_14473981.jpg

旬のトマト
試しにドライトマトを作ることにした。








c0197219_1451363.jpg

お試しなのでプチトマト2パックで試作。
横半分にカットし塩を適当に振りかける。(縦切りにとの記述もアリ・・・どちらが良いかは定かではない)
しかし均等になるよう塩を掛けることにした。
塩分はお好みで!と結構アバウトな感じです。
大量でもなく、微量でもない量をチョイス。



c0197219_14564789.jpg

乾燥は電子レンジ、オーブンレンジ、天日干し。
と・・いろいろ出来るようでした。

せっかくなので天日干しにチャレンジ。
真夏の太陽を使わない手はないでしょ?!

干し物用の網に入れて天日で1日(約8時間)干したが思った程に乾燥してない。
仕方なく一晩冷蔵庫で乾燥(笑)

翌日はピーカン058.gif
するとあるアイデアが浮ぶ!
名づけて「天日車中干し」

見る見るうちに干からびた(笑)




c0197219_14493193.jpg

乾燥したまま冷凍も考えたけど、今回はEXバージンオイルに投入して完成。

完成したら食すのが常!
バケットに刻んで載せた。

ストレートに味わうその味は、
先にこんがりバケットの香ばしさ
次にオリーブオイルの香り
そして全体を包みこむように、濃縮されたトマトの風味が支配する。
フレッシュには無い奥行きのある味を感じる。
これは美味しい♪


お試しなので少量しかできなかったが、次回は簡単だし大量に作ろう。

アクアパッツァで使いたいのと、その他使えるレシピを考えよう。
[PR]
by tipo-27 | 2009-08-08 15:55

「釣ること」「食べること」

c0197219_385430.jpg

釣る楽しみと食べるよろこび。
この2つの事を上手く結びつけてくれるのが「料理」

釣るのが上手くなる。
すると料理が上手くなった。

家族や友達が美味しいとお世辞でも言ってくれた。
それがわたしの考える「おいしい時間」


釣りも料理も下手だけど。






また美味しい魚を釣ってくるよ。




c0197219_3455967.jpg








c0197219_3463299.jpg








c0197219_347231.jpg

アスパラガス ミラノ風
どこがどうミラノなのか・・・??

レシピ通りです。
見た目はちょっと違うのですが・・ご愛嬌。

誰も知らないのだから次回からはシェフ気取りで書くことにしよう!

ボイルしたアスパラにパルメザンチーズの粉をかけ(本来ならパルミジャーノ・レッジャーノを削りかける)
バターで目玉焼きを焼き、お皿に並べたアスパラに乗せる。

これで完成ではない!

追加バターを焦げる寸前まで溶かしたものを「目玉アスパラ」にかけて完成。
(バターを焦がしてもうまいよ)



チーズとバターと黄身のとろけるハーモニー ♪ は食べた人にしか理解できない味です。
アスパラの食感と青臭さはアスパラ以外に考えられない。
完全たるイタリアここにあり!!




イカ墨パスタはベーコンのトマトソースに先日のスルメイカ1杯分のイカ墨と肝を和えたソース。
甘みとコクをプラスされ濃厚な旨味。
旨いです!

[PR]
by tipo-27 | 2009-07-05 04:56 | 料理

アオリイカとほうれん草のガーリックオイル

c0197219_0593131.jpg

アオリイカは火を通すと途端に甘みと食感が増します。
硬く成らずにもっちりと。

ベーコンやパンチェッタと炒めても良かったのですが、
今回はカルボナーラとかぶるのでやめました。



隠し味はしょう油
[PR]
by tipo-27 | 2009-06-25 01:22 | 料理

時しらず

いただきものの時鮭(ときしらず)
鮭児(けいじ)とも云う。

塩鮭ではないから、とりあえずポワレしました。
まぁしかし定番の塩焼きも外せない




c0197219_1055746.jpg

ほうれん草とエリンギ、しめじのクリームソース







c0197219_2133640.jpg

塩焼きにした余りで鮭チャーハン。
うまっ!
[PR]
by tipo-27 | 2009-06-22 11:09 | 料理

真蛸のトマトソース

c0197219_001373.jpg

今が旬なのでしょう、とても安いです。
もちろんモーリタニア産ではないですよ・・・
明石産ですからブランド蛸です。
だからどうなんだと思うのですが、ボイル済みではなくで売られてました。
安い理由はコレだね!
豊漁と地の利マジック。
激安でした。

淡路産の玉ねぎの甘さゆえか、ホールトマトの酸味を相殺してしまった感じ。
甘い濃厚なトマトソースができました。
普段の黄金比率のままだったからからだろうな。
酸味の効いたソースが好きなんで。

とはいえ蛸とトマトのパスタはシチリアの海と連結してます。
ここは明石だけどテーブルにはシチリアの潮風が。
[PR]
by tipo-27 | 2009-06-10 01:17 | 料理