おいしい時間

タグ:ポタリング ( 118 ) タグの人気記事

オルトリーバーに捧ぐ

c0197219_21272374.jpg

この簡素にまとまった姿は「tikit輪行」の完成形。
ハンドルをクイックで抜き差しするギミックでコンパクトになった。
Wオルトリーブを連結したショルダーキャリアで快適に移動できる。
(2013 6/30追記)




c0197219_0382148.jpg

普段から必ず使用してるtikitのフロントWパニアバッグです。
自宅から自走で出掛けるには何ら問題なく容量も素晴らしい。
フロントのハンドリングの安定性は今や無いとふらつく事もある。
しかし輪行時に少々不便な思いを感じていた。
それは左右ふたつ有ることも理由なのですが、バッグに手さげハンドルが付いてるだけなので駅の構内の移動中は片手に自転車、もう片手にふたつのバッグなので両手がふさがった状態です。
改札でバッグを一旦置きICOCAでも切符でも通してから荷を持ち直し改札を通るのです。(切符ならもう一度荷を下ろす必要が!!)
後続者のイラつきが背中越しに刺さるのである(笑)

その点、例えるならブロンブトンはバッグに必ずショルダーベルトが付いてるから片手が空いてる。
この片手が使える自由度は使えないのと雲泥の差なのです。

そこで上の写真のようにショルダーベルトを付ければ良いじゃん!って事ですがこれが中々ハードルが高い。

そこで我らのSやんが画期的な治具を開発してくれました。

コレです↓
c0197219_03822100.jpg

丸棒に平板から加工したフックポイントを溶接したものです。
焼き付け塗装も施したホンモノ。







c0197219_0382360.jpg

そこに手持ちのショルダーベルトを取り付けると「オルトリーブ フロントローラークラシックWパニア輪行キャリア」が完成した。

フロントローラーの構造を知る方なら誰もが理解して貰えるシンプルな作りです。
発想も素晴らしいのですが具現化するのは素人ではとても難しい。

自転車を通じ同じ時代に生きる。

素直に感謝するのである。






そしてとても重要な機能を追加してくれてます。
ブラットホームで急ぐ場面で輪行治具の中央にハンドルがあるので、これを掴むと小走りでも問題ナシ!
彼の奥さまの発想だそうだ。
ステキな夫婦です。
[PR]
by tipo-27 | 2013-06-26 22:09 | 自転車

風と麦


自宅明石から程近い稲美町の景色
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-23 23:16 | 自転車

新緑ポタリング@京都洛北

c0197219_2171987.jpg

2013 5/15
この日は平日ですが週末の天候がいまいち良くない。
なので平日に決行することに。
しかしここで問題が二つ浮上した。
ひとつは図らずして京都三大祭りの「葵祭」とバッティング!
初めてなのでどれほどの人で賑わっているか想像できずにいた。
すると友人は「なんとかなるでしょう」と心強い一言。
輪行でJR京都駅に降り立つも特に人で溢れることもなかった。
それより心配だったのは東海道本線の平日ラッシュだ。
自転車を抱えて100%超えの車両で卑屈に恐縮し乗り降り出来るか心配です。
その心配も思ったほどでもなく座ることが出来ない程度ですんだ。

確かに平日の割に人が多いかも知れないが、自転車で裏通りを走る分に何ら問題はなかった。

二つ目の問題は上賀茂神社前の「今井食堂」が定休日だったこと。
残念で仕方ない。サバ煮定食が食べたい想いがその存在を知ったときから増幅して、今回叶うものと信じていたからです。あらら…の展開だ。

しかし新緑の美しい叡山鉄道で輪行し貴船から南下しながら巡る洛北ポタリングは以前から走りたいコースだった。


c0197219_21391667.jpg

蒸し暑い京都市内とは気温差だけで片付けることができない爽やかさです。
マイナスイオン効果かもしれないし、新緑の目に優しい光かも。
サングラスを外して走ることにした。




c0197219_214496.jpg

貴船の川床は見ためにも気持ちいいぞ。





c0197219_21463757.jpg

この後、ゆっくりと下り調子のコースを走りながら上賀茂、下鴨から南禅寺に寄り名所を巡る。





しかし理不尽な現実に直面した。


なんと!「今井食堂」が営業しているではないか。
c0197219_21534740.jpg

お弁当のみといえ…
時すでに遅し…
てっきり休みだと決め込んでたのでここに来る前に昼食を済ませていた!
今井さん商売人だね!葵祭ですもんねぇ売りますよね(笑)
何時か食べることが出来るでしょう。あはは



c0197219_2202346.jpg

琵琶湖疎水は良かった。





動画も作ったのでどうぞ。








今回も京都駅前のエビスバーで乾杯する予定が平日のためテラス席が出てなかった。
さすがに店内に持ち込めず路駐も嫌だしあきらめる。

あても無く100m程走ると。
c0197219_22135531.jpg

なんと良い感じの店構えです。
屋台風の店舗で透明のスクリーンです。
店先に駐輪させて欲しいとお願いすると気持ちよく応じてくてた。
スクリーン越しに自転車が見えるので安心です。

c0197219_22133567.jpg

ビールの美味しい季節の到来だと確信する。
最高にうまい♫


c0197219_22274790.jpg

ポテサラや土手焼き。
屋台風なのが良いね。

しかも店名が「ニューエビスノ」なんて出来過ぎでしょう?エビスバーにふられた後だけに(笑)




c0197219_2232796.jpg

店長かな?今回は助かりました。
またお世話になります。ごちそうさま^^!

More
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-19 22:05 | 自転車

ドライフルーツ

c0197219_0534066.jpg
ポタリングしてると自分の興味のある物しか見てない気がする。
普段なら見向きもしないドライフルーツの屋台で立ち止まる。

白イチジクのドライフルーツ

いちじくは知ってますが白となると…
しかもドライフルーツなんて干しぶどうと…
その種類の多さに驚きながら見てると産地や希少性、美味しさなどを熱心に説明してくれます。
店主の目が輝いている。
試食も勧めてくれあれこれ沢山いただいた。

しかも美味しいから楽しい。
白いちじくの美味しさはダントツでした。
ドライフィグのマフィンは食べたことがあったけどストレートドライは初めてだ(笑)
視点を少しだけ変えると、時には新しい発見や楽しい発想が生まれるかも知れない。






c0197219_0575856.jpg

ある日の朝食
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-14 23:48 | ポタリング

播磨自転車道とジェラートが出会った

c0197219_2103747.jpg

この蒼い空は何時もの播磨自転車の眺めです。
前日の雨のおかげで空気が澄み渡っている。
海を眺めながら走ると最高に気持ちいいコースです。

そんな播磨自転車道のすぐ脇に、
ジェラートのお店を発見!
「伊藤牧場のジェラート屋さん ぐらなーと」です。
5/8にオープンしたばかり。
c0197219_21384832.jpg

なんて偶然を装いましたが実は友人が開店したのです。
釣り部部長のYASUくんのお店。
生業が酪農なので絞り立てのミルクを使用するわけです。
牧場の直営店(牧場の真横)が作るジェラートなんてステキすぎます。



開店すぐの週末とあって忙しく接客するYASUくんの笑顔がいいぞ。
サーピス業とは無縁だった彼だけどがんばってる姿が凛々しい。

店内に入るとカワイイ姉妹が出迎えてくれる。
c0197219_2215747.jpg

YASUくんのお嫁さんの妹さん達だそうです。三姉妹かと聞くと四姉妹との返事に驚いた。


では早速、ジェラートを戴く事にしましょう。
ここは酪農家が作るのでミルクは外せないでしょう。
c0197219_2284885.jpg

*写真は苺です



c0197219_22185282.jpg

思わずパクパク食べてしまい写真が後になってしまいました(汗)
なので原型をとどめてません。ごめんね。

濃厚なミルクの味わいと甘過ぎないのがいい感じです。
これぞジェラート!




c0197219_22232987.jpg

YASUくんに手持ちでパチッと一枚



まもなくYASUくんの奥さんが帰って来たのでツーショットを。
c0197219_2233374.jpg

平日はYASUくんの奥さんが店を営業されるようです。

自転車でこの下のサイクリング道を頻繁に走る自転車乗りとしても有り難いばかりです。
明石では明石焼しか楽しめない現実があります。
特に遠方から来られる自転車乗りに支持されるようなお店になって欲しいものです。
播磨自転車道とジェラート、蒼い海と空
気分はイタリアンですね。
これから暑く成ります。
自転車乗りにも厳しい季節。
冷水のサービスなんて喜ばれると思いますよ!YASUくん





開店おめでとう。
永く愛されるお店にして下さい。





ここで修行したと聞きました






おまけ
c0197219_2365549.jpg

シングルのカップも食べちゃいました。











c0197219_2133765.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2013-05-12 23:08 | 自転車

自転車にレジャーシートを乗せて

フロントバッグのオルトリーブにレジャーシートをくくり付けた。
くくると云ってもオルトリーブに乗せて止めただけ。
走行に何の支障もない。
これだけの事なのに何時もの自転車散歩がとても楽しくなった。
サッと敷けてパッと座れる。
どこでも特等席に早変わりです(笑)
公園のベンチも良いけどレジャーシートも良いぞ!
お弁当を広げるもよし、コーヒーを淹れるもよし。
本を読んだり音楽を聴いたりするのもいいかも。



c0197219_18154171.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2013-05-10 20:20 | 自転車

たけのこ街道

2013 4/28
ゴールデンウィーク前半の28日のこと。
西国街道を巡るコースを走る。
JR高槻駅に集合し西国街道を辿り洛西から嵐山を経て東寺まで行く。
と云うのが本来の歴史的見地から見ると限りなく正当なルートなのかも知れない。
事実、街道の要所をトレースしながらスルーする。

えっ?

スルー?なんで?と思われることでしょう!
それは歴史解説員のゲンジ〜さんが不在なので「ちょっと待ってコールと歴史的解説」が期待出来ないからです。
(解説がないと楽しめないある意味歴史バカな私)
今回のコースはSヤンが厳選したルートではありますが、ゲンジ〜さんが不在の今、大幅にルート修正を施してくれた訳です。




画して我らの西国街道をめぐる冒険の始まりだ!
c0197219_1827389.jpg










JR高槻駅を後にして市街地を程なく走るとサントリー山崎蒸溜所に着いた。工場見学と試飲も無料で楽しめるようですが、なんせスタートしたばかりなのでここをスルーすることは大人の遠足としても重要な決断です。

c0197219_18534672.jpg

ここから程近い所に「ねじりまんぽ」と云うレアなスポットがあり、ここの楽しさは尋常でないレベル。「タモリ俱楽部」で紹介されてもいいくらいだ(笑)
JRの架線を人ひとり潜るのが精一杯なトンネル。自転車でくぐる楽しさは通ったことがない人には理解し難いかも。地元民の生活道であり自転車的な楽しさを存分に発揮してくれてます。

c0197219_19222477.jpg

c0197219_1919418.jpg




そして一路、長岡天満宮を目指す。
c0197219_19241951.jpg

この日は晴天、青い空の下を走る。人通りが増す池の辺りを行くと。
c0197219_19302820.jpg

キリシマツツジの紅がまばゆいばかりに。
正に満開である。一輪の花弁を散らすことなく。
感動は連鎖反応するのですか?そう云わずにいられない。
トンネルをくぐると別世界があった。
紅の高揚を抱いたままペダルを踏む。

c0197219_1951977.jpg

信号待ち、日本が誇る世界の村田製作所をチラ見しながら明日の日本について考える。
決して笑える状況ではないが次の世代の為に笑顔を忘れてはいけない。
すくなくとも私は笑って走ろう。あぶない人?

c0197219_2064749.jpg

しばらく行くと鬱蒼と茂る竹薮の中を走る。竹薮の木漏れ日も良いもんだね。
笹吹雪が美しい。
竹の紅葉(落葉)は春だとSヤンが教えてくれた。

c0197219_20162771.jpg

「洛西竹林公園」
地味な竹で戦うのか!そう叫びたくなる施設なのですが近隣の竹の子農家を想うと簡単に否定することは控えよう。バブル期の産物はどれもモンスターです。

竹の子は美味い。それで完結でしょう。

c0197219_20305897.jpg

整備された竹林公園を走るといつの間にやら竹の子農家の山に分け入っていた。
これがとても美しいのである。
京都人の美意識のたわものでしょう。林道に柵が延々と立てられていた。
観光と生活を分け隔てない文化的な志を感じる。

ここからが我らの西国洛西ポタリングの始まりだ!
農家の人に声を掛け竹の子を買い譲って頂く。
c0197219_2102212.jpg

今年は不作だと肩を落としながらも笑顔で譲ってくれました。
「持ち帰るために買った訳ではないのよね!」
Sヤンの瞳が輝いたのを私は見落とすハズもなく。
彼はJETBOILで茹で始めた!
c0197219_21112813.jpg

「タケノコ畑でタケノコを喰う」
竹の子は茹で加工するまでの鮮度が命である。掘り採ってから茹でるまで早い方が美味しいのです。
今回は最高レベルでしょう。
私も何時もの如く棒ラーの支度をしながら竹の子を茹でるSヤンを注視した。
c0197219_2121328.jpg

山形産牛使用の高級コンビーフをどうすんの?
c0197219_21264291.jpg

程よく茹であがった筍に上品な脂が旨いコンビーフ。ブラックペッパーとコンビーフの塩味。
贅沢だ。なんて旨いんだ。
竹の子畑で筍を頂く幸福をあなたにもわけてあげたい(笑)

c0197219_21412222.jpg









c0197219_21435962.jpg

新緑の美しい寺院にて休憩する。観光客は殆どいないけど寂びれ方が良いと思うのは私だけかな?
緩やかな石段が遠くまで続く。長い参道の朽ち方が素敵だ。
c0197219_2151960.jpg



c0197219_2153045.jpg

松尾天満宮だとか有名ポイントをスルー!(笑)



目指すは嵐山である。
c0197219_2156645.jpg

ほとんどプライベートなポイントまで走り珈琲を淹れる。
車両は入れず徒歩でここまで来る観光客は少ない。
ここまで来る人が少なからず外国人の割合が高いのが面白い。
日本人は渡月橋で溢れているのに。

c0197219_2235113.jpg

オープンカフェ日和




c0197219_2252945.jpg

一応、渡月橋を背に観光ショットを頂きます。


嵐山をあとにし本日のポタリングはフィナーレを。
c0197219_22143791.jpg




c0197219_22274762.jpg

キンシ正宗さんで小休止。
c0197219_223693.jpg

キンシ正宗さんの井戸水を試飲させてもらって驚いた。
柔らかくて優しい。京都の酒どころは伏見ですがキンシ正宗さんの広報氏は神戸の灘と比較してたのが興味深い。ここの軟水の井戸水の優しい口当たりが女酒といい、灘の酒が硬水で男酒と表現された。
やさしく美味しい井戸水なのは確かだ。
余談ですが私の住む町も酒どころなんですよ。西灘と称される地域です。




そしてグランドフィーナーレはここで。
c0197219_2333314.jpg

エビスバー京都ヨドバシ店
JR京都駅が真ん前なのは有り難い!
這ってでも帰れる距離ですよ。
c0197219_23203381.jpg

乾杯とともに心地よい安堵感に包まれる。
今回の「おとなの遠足」は二部構成でしたね。
「西国街道」は「たけのこ街道」だと位置付けしましょう。
こうしてる今も歴史なんだと考えると楽しいでしょう?!
c0197219_23305673.jpg

ありがとうSヤン♫







c0197219_23343837.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2013-05-06 23:46 | 自転車

@himeji

c0197219_20274694.jpg

しらさぎ城に覆われたドームが異様です。
補修改修工事中なのだから仕方ない。
四角く覆われたドームも普段なら観れない視点で城を観ることができるよう。
今回はソロポタリングだったので誰も肩を押してくれない。
なので遠目に懐かしい姫路城をみることにした。
その美しい姿をみることが出来るのは来年のようです。

動画も撮ったので編集しました。
今回で二度目の「一徹らーめん」も姫路の野里なので抱き合わせ的ですが、実はらーめんがメインでした。
うまいんだから。他にない味はラーメンのカテゴリーから逸脱した感がある。
こんな優しいラーメンなんてないだろ。なんて思う。








おまけ

[PR]
by tipo-27 | 2013-03-24 21:22 | ポタリング

タイムラプス

週末のお楽しみは自転車なのですが雑務や用事もあり、
がっつり予定を立てて楽しめるほどでもない。
それが現実です。
あえてノープランで朝を迎えるのである。
その日の気分で考えるのも楽しいと思うことにしてます。

最近は動画撮影が楽しくて仕方ないのもあって、ソロでしか試すことが出来ないスキルをこなしています。
写真なら気になる被写体を見付けても一瞬で済むけど、動画撮影は長時間その場に留まらんとだめなのです。
特にタイムラプス撮影(インターバル撮影)はカメラを三脚で固定しないといけないし、どこでどう撮るかも重要なので試行錯誤の連続です。
そのタイムラプス撮影の面白さは偶然の積み重ねと計算された緻密さが大自然の雄大さを教えてくれます。
雲の動きで風を感じたり、太陽光の変化で気温を観ることができる。

ただ…失敗や駄作も多々あるのですよ。
今回もそのひとつを紹介します(笑)




[PR]
by tipo-27 | 2013-03-13 23:43 | 自転車

おとなのえんそく


大人の遠足(京都編)


c0197219_20394127.jpg


2013 2/23
自転車で行く京都は初めてなのですが、度々訪れるものの歴史的な背景を知らぬまま、
観光だけだったのが事実です。
そこに自転車というアイテムを得て輪行と云う手段で都に往く。

帰ると云いたいくらい特別な高揚を覚えるのはナゼなのだろう!?

歴史的な側面に詳しいゲンジーさんが案内してくれるのです。
その上、京都水先案内人(道)のSさんは京都に詳しいから心強い。
コース設定と〆の宴のお店探しなど、いろいろ有り難いばかりです。


京都、度々と云っても数える程度なので知らないと言った方が正しいのかも知れません。
少々配慮して頂きメジャーどころをおさえてくれたコースです。
ゲンジーさんは普段もっとディープな部分をえぐるような旅をされてるので、私に合わせてもらった形なので恐縮です。
それでも私なら素通りする所を解説付きで案内してくれ、メジャーどころでも濃い内容となりました。

そしてお決まりのラーメンとコーヒーを道中で楽しむのですが、小ハプニングで笑いが絶えません。
ラーメンとコーヒーは私が担当しましたが難なく出来たのでホッとしました。


動画も撮りましたので貼ります。
長いけど観て頂ければうれしい限りです。















京都は広いし見所がてんこ盛り。
洛北 洛南 洛中 洛東 洛西
これを機会に歴史的な側面も楽しみたいものです。



ゲンジーさん、Sさんありがとうございます。

More
[PR]
by tipo-27 | 2013-02-26 22:25 | 自転車