おいしい時間

タグ:季節 ( 50 ) タグの人気記事

秋が去りそして冬が

c0197219_11392.jpg











c0197219_15862.jpg











c0197219_152949.jpg

大好きな秋
冬がこんな近くまで来ていたのですね。
クリスマスやお正月が目の前です。

冬の訪れを風で感じる。
穏やかな秋の日差しが冬を教えてくれた。
[PR]
by tipo-27 | 2013-12-08 05:01 | 自転車

8月の思い出

c0197219_22374562.jpg

もう9月ですね。
猛暑とも酷暑とも云える今年の夏も少しづつ秋へと向かっている。
夏が終わるのは寂しいけど秋は何かと楽しみが満載です。





c0197219_22445220.jpg

自転車も釣りもハイシーズンに突入するし旨い秋の味覚も。
まずは新さんまを食べたい(笑)


しかし残暑も厳しそうです。気候の変わり目、体調など壊さないように。





*近所の浜でタープ張ってBBQ。
 自宅から歩いて行けるので楽チンです!
[PR]
by tipo-27 | 2013-09-01 23:13 | 季節

涼麺

c0197219_1242875.jpg

暑い日が続きますね。家から一歩も出たくない連日の猛暑日。
家に居てもお腹は空くのが大問題。
そうだ半田素麺は沢山あるのです。なのでゴーヤやししとう、冷蔵庫にある野菜を使って炒めたものを麺つゆに漬けた。
茹でた麺に掛けた「ぶっかけ」ですね。
さすがにプチトマトは炒めてないです。

c0197219_135337.jpg

でもこれ失敗作。きゅうりは千切りにすれば良かったし、麺つゆをお皿に後掛けする方が良かった。
麺の茹で方は盛付け的に正解でしたけど。
束の片方を凧糸で縛る。そのまま熱湯に入れて茹でる。
氷水にくぐらせ冷まします。
盛る寸前に縛った端部を切る。これは大成功!
あっさりですがボリュームのある一皿の完成です。
c0197219_134549.jpg






ごちそうさま
[PR]
by tipo-27 | 2013-08-12 01:48 | 料理

薄暮

c0197219_2404652.jpg

ああ楽し
路地に分け入る
夏の夕暮れ
[PR]
by tipo-27 | 2013-07-29 08:11 | 季節

かき氷

c0197219_2314699.jpg

積乱雲は夏の訪れを知らせてくれた。
蝉こそ鳴いてないが真夏の陽射しです。
前日の蒸し暑さが和らいで梅雨明けでしょう?ちがうの?
今日は予定を入れず目覚めたい時に起きる。
これってけっこう幸せ感じます!
前日、DVDをレンタルしてオールナイトの勢いでしたが前半で眠くなった。
なので7時間は寝たのでしょう。
普段は5時間ほどの睡眠なので十二分です。
珈琲を淹れて遅い朝食を食べDVDの続きを観た。
午後1時にもなるとお腹が空くのである。特になにもしてないのに。
焼そばなんぞ作り小腹を満たすとエアコン冷えで体調がどーにかなるぞ。
暑いけど暑いから「かき氷」が欲しくなった。
簡単に用意して出発。
ご近所だけどこの炎天下、汗だくでお店に辿り着く。
店内は恐ろしいほど冷房が効いている。
外気温との差かも知れないし自転車特有の止まると汗が吹き出す現象でそう感じたのかも。




c0197219_23502476.jpg

宇治金時をご注文です。ミルク(練乳)は気分でないからやめた。
三分の一も食べ進むと汗が止まり、半分で身体が冷えてきた。
全部食べ終わると、ここから離れたくないと思う。

c0197219_015783.jpg

もう一汗かきながらぶらぶら自転車散歩して帰路に着いた。


シャワーしてビール!これも最高にいい。









[PR]
by tipo-27 | 2013-07-08 00:08 | 自転車

半田素麺

c0197219_22524953.jpg

こう蒸し暑いと素麺が食べたくなる。
有名ブランドの「揖保の糸」や「三輪素麺」ではなく。


半田素麺なのである。
なぜなら半田素麺が大好きだからです。

徳島の名産品
絶妙な太さと滑らかさ。

今回はざるに盛ったバージョンです。
真夏になれば冷水をはったボールで戴きます。
[PR]
by tipo-27 | 2013-06-28 23:14 | 料理

梅雨

c0197219_2123162.jpg


梅雨の晴れ間にお弁当ポタリングが出来たらいいなぁ。
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-31 21:31 | 自転車

芝桜とマフィン

c0197219_2322076.jpg


世の中、知らない事が多過ぎて困る。
最近になって芝桜が芝桜だと認識出来たのである。
この花を見るのは始めてではないのですが、それが芝桜と云う名前だと知ったのは最近のこと。
確かに芝のように地面に張り付いて咲いている。なるほど。

自転車で散歩しなが芝桜が咲く公園で珈琲を淹れる。
ついさっき買ったばかりのマフィンと。
マフィンは外で珈琲と戴くとちょうど良い。
ケーキだと自転車で運ぶのが厄介だし、パンでも良いけど少々ヘビーな感じがする。
ふわふわで軽い口当たりなので珈琲に良く合うと思う。
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-07 23:03 | ポタリング

苺ジャム

c0197219_22195810.jpg

秩父の苺ジャム
縁あって埼玉は秩父の苺ジャムを戴きました。
採算を度外視した製法は手づくりのあたたかさを瓶詰めしたかのよう。
鮮度のいい苺と温かいこころを詰めたらおいしいジャムの完成です。

c0197219_22333253.jpg

苺ジャムと夏みかん




□ 追記と訂正:てっきり秩父の特産品の苺ジャムだと思い込んでましたが勘違いでした。
        友人奥様の手づくりです。
        自宅前が苺農家だそうで、その日に摘んだ新鮮な苺で作られたようです。
        レモンは瀬戸内産の無農薬栽培のもの。
        美味しく戴きました!ごちそうさま









おまけ
c0197219_22404877.jpg








    
[PR]
by tipo-27 | 2013-04-09 22:37 |

七草粥

c0197219_21421863.jpg

正確に七草を覚えてる人はどれ程いるでしょう?
名前と現物を言い当てその意味まで熟知してる人はそう居ないと思います。

"無病息災"

漠然とした動機ですが作ることに。

七草はスーパーでパック詰めが売られているので難しいものではありません。
問題があるとすれば「おかゆ」を作った事がない。
もちろんお米からです。
ググると簡単だとわかった。
水分多めが良いのでレシピ通り米水1:10で作ることにしました。




c0197219_221930.jpg

吹きこぼれる土鍋に不安になりながら半信半疑でお粥さんを炊いた。

米から炊くと香りがとてもいい。
柔らかで重湯のような炊き汁が優しい。




もう一つ問題を抱えていた。
それは1月7日は初出なのです。
仕事なのに朝から作る時間と余裕がないのですよ。(気力も…)

苦肉の策とでも云いましょうか、お粥さんは前日に炊いて刻んだ七草も準備しておく。

そして7日の朝に温めたお粥さんで七草粥を完成させた。







c0197219_2217515.jpg

すずしろの葉と根の先を残しておいて少々ワイルドな盛付けに。
いかがでしょうか?

薄塩のお粥さん。
梅干しでサラサラと。

正月で弱った胃にやさしい七草粥。
お粥さんのバリエーションを広げたいですね。
中華粥も気になる!




参考までに☆
[PR]
by tipo-27 | 2013-01-07 22:35