おいしい時間

タグ:料理 ( 203 ) タグの人気記事

もろチー oishii

c0197219_2173843.jpg

最近のマイブームは「もろみチーズ」なのです。
とある偶然が発端で生まれたマイブーム。
「もろきゅう」は誰もがご存知のようにキュウリをもろみに付けて戴くわけです。
私もご多分に漏れず「もろきゅう」を美味しく食したのである。

後日、冷蔵庫のもろみを発見する。しかしキュウリは無い。
ふと目に付いた6Pチーズ(QBBカマンベールin)

ん?やってみるか?自分に問いかけた。

ハイやりましょう。

「チーズの味噌漬け」は食べたことあるし似た味が再現できるかも知れない。

んまぁ♫
マイブームの到来の瞬間だ。
チーズと醤油の秘めたる可能性を予感した(笑)

などと有頂天でその可能性をググると。
出るは出るはで少々引いてしまった。
万人に支持される土壌は構築されていたのである。当然である!

皆様もその可能性(レシピ的に)の扉を開けて下さい。
そして決定版(レシピ的に)を私に教えて頂ければうれしいです(あはは)



*今回は明治十勝(脂肪分25%カット)を使って炙りの秘技を追加しました^^
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-28 21:47 | 料理

ポテサラ職人道6

c0197219_17103279.jpg

ジャガイモと玉ねぎ、ツナ。
マヨネーズとミツカン「やさしいお酢」
塩少々。

簡単シンプルバージョンですが、今回のスペシャルはドライパセリです。
自宅栽培のイタリアンパセリをレンジでチン♫
乾燥して押し花のようなパセリを指でパリパリする。
香りも味もそのままです。
瞬時に使うからでしょうかフレッシュパセリより使いやすくてグ〜^^!

ただ注意しないとイケないのは長くチンし過ぎると皿が割れます。
耐熱用のお皿を使いましょう。

教えてもらったのですが簡単にドライパセリが出来てグ〜!
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-26 17:24 | 料理

オイルサーディンと玉葱

c0197219_2283229.jpg

オイルサーディンの缶詰が好きです。
そのまま直火で焼くもいい。
にんにくのせて香りをのせて。
荒みじんの玉葱にのせてオーブンで。
醤油を垂らすと香りと味でいっそう旨い。
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-21 22:32 | 料理

ちりめん山椒

c0197219_21224690.jpg

自宅に山椒の木があって何かと重宝している。
料理に木の芽を添えると見ために美味しくなります。

今回は写真の通り山椒の実が沢山なってました。
そこで初挑戦ですが「ちりめん山椒」を作ってみたくなったわけです。
食べたいと云った方が正しいのですが。

実の下処理と灰汁抜きが手間なだけで後は簡単です。



c0197219_21335647.jpg

熱々ごはんと♫




c0197219_2141246.jpg

煮汁がなくなるまで焦げないように。






c0197219_2136219.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2013-05-20 21:46 | 料理

苦瓜の炒めもの

c0197219_22491799.jpg

そうゴーヤチャンプルーです。
今日で今期2度目。1度目は店頭でゴーヤを見付けて買ったのが確か1ヶ月ほど前だったか。
もっと前だったかな?

同じように調理したのに今日のような夏日に食べた方が美味しく感じる。
夏野菜の代表的な位置づけのゴーヤ。
苦いのですがこの苦さが好きです。
だから厚切りスライスで中ワタも軽く取る程度。
苦さが苦手な方や子供に無理矢理食べさせるなら薄くスライスすると苦みは殆ど消え失せます(笑)
栄養価も高いので食べてて健康的でしょう?って自己満にひたれます。

しかし短い文中で何度「苦」て使ったのか。
今日のテーマは「苦」ですね。
苦渋を舐めて来た私にぴったりだ!あはは

明日はハニーなテーマをお願いします。




*カツオ出汁を入れすぎて汁ダクに成った。これもありですなぁ!
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-09 23:48 | 料理

八幡屋磯五郎

あなたは八幡屋磯五郎を知ってますか?
私は最近になってその存在を知ることになります。

「七味唐からし」で有名な老舗のようです。
特徴的なブリキ缶を見て「あっ!」と思う。
過去、幾度となく目にしていた。



c0197219_20412826.jpg

友人のお勧めであり今回は戴いたわけです。
その味は唐辛子の辛みもステキですが香りが良い。
何より味が素晴らしいのである。
なにが!?
味??と思うかも知れないが、使って食べてみないと理解出来ないと思お。

「BIRD EYE」
辛さが通常の一味の3倍で、辛いもの好きである私のココロを掴んで離さない。
しかも前述の旨味が加味されているのです。

未だ「BIRD EYE」「七味唐からし」しか使ってないけど七味の香りは未経験なゾーンを刺激した。

写真のPOPなモバイル版なんて物もあって遊び心をくすぐる。
美味しいから楽しいのか。
楽しいからおいしいのか。


c0197219_21215272.jpg

今夜は豚汁です。

さて…

どれを使いましょう?!
[PR]
by tipo-27 | 2013-04-02 21:33 |

ポテサラワールドへようこそ

c0197219_11225268.jpg

ポテトサラダと一言でいっても、その味やバリエーションは無限のごとく存在するのである。
総菜屋で売られてるものや、居酒屋にもあります。
シンプルなものから凝ったもの、まさかと思うような具材などが入ってたりすることも。
そのアレンジも作り方も多種多様です。
ポテサラワールドとでも云いましょうか。



c0197219_1123331.jpg

今回は先日食べたポテサラを真似てみました。
真似るといっても雰囲気ですが、食感のインパクトが素晴らしく新ジャガを皮ごと使って結構ゴロゴロした感じでした。
意外にも生ハムだかサラミの小さなキューブが入ってて、とても良い食感と塩梅が絶妙です。
食べてると心地いい舌触りがする。
何?
箸で探すと「くるみ」だった。
他のナッツも入ってたかも知れないけど余りゴソゴソするのもなんなんで止めました。

レシピ的に分からないことばかりなので私はナッツとサラミを使って作ることに。新ジャガはもちろんのこと。



c0197219_112324.jpg

たまたま真蛸が有ったのでサラミと軽く炒めて投入。

アレンジ全開である。

新ジャガも半分はしっかり潰して使い、もう半分は皮付きの食感とワイルドさも残しました。

これだけ使ったのに複雑だけど何故か上手く調和するのが不思議です。

ごちそうさま。
[PR]
by tipo-27 | 2013-03-23 21:46 | 料理

季節限定「牡蠣丼」はじめました

c0197219_20521872.jpg

このところ何かと忙しくてブログを放置ぎみです。
ネタが豊富に有るのに書く間がない。
特に料理ネタを暫く書いてない事に気付きました。
もちろん日々料理を楽しんでますが、ブログ記事にするには少々弱いネタ(過去にアップ済み)などばかり。
これではイカン!自分に喝!です。

そしてインパクトのあるカキ丼で復活宣言だ。


この牡蠣丼ですが数年前から食べたくて仕方なかった経緯があります。
神戸の「はつ平」さんで食べられるのですが、
季節限定なのもありタイミング良く食する事が叶わずにいた訳です。

なら作ろうではないか!
もっと早く気付いてもよさそうなものを…

食べたことがないので想像で作るのですが不安はない。
親子丼の鶏を牡蠣に置き換えると出来るハズです。
親子丼は好きだし何より簡単。

ただ、丼専用のアレがない。そう…浅くて取手が垂直に付いてるアレです。
買うまでもないし雪平鍋で作れるでしょう。うん!

好みの出汁を作り、牡蠣とネギをグツグツ煮立たせ溶き玉子をサラッと流し入れた。
半熟より少し固めになるまで菜箸でかき回す。
ここは決して目を離してはいけないのだ。

ほぼ理想通りのふわっと感になったら、少し残しておいた溶き玉子を掛けて更にトロトロ感を演出しようではないか。

完成した!ほぼパーフェクトだと云おう。



が!しかし
丼に乗せる行程で手間取った。
湯気がトロトロ感を浸食しはじめたぞ!イカンぞ。慌てるんじゃあない私はクールなんだ。
そう何度も自分を励まし奮い立たす。


決定的な過ちを犯した…


写真を数枚撮る間に時は無情にも過ぎて行く。
親子丼なのか牡蠣丼なのか判別できないじゃあないか…
仕方なく慣れない左手で牡蠣を摘もうとしたが上手くつまめない。



時は…味なり!
専用の鍋は必要です。



*私は写真を撮るまでがレシピだと云ってるのですが「丼」は強敵であります。
 精進いたします。あはは〜





ごちそうさまでした。





 
[PR]
by tipo-27 | 2013-02-03 21:48 | 料理

七草粥

c0197219_21421863.jpg

正確に七草を覚えてる人はどれ程いるでしょう?
名前と現物を言い当てその意味まで熟知してる人はそう居ないと思います。

"無病息災"

漠然とした動機ですが作ることに。

七草はスーパーでパック詰めが売られているので難しいものではありません。
問題があるとすれば「おかゆ」を作った事がない。
もちろんお米からです。
ググると簡単だとわかった。
水分多めが良いのでレシピ通り米水1:10で作ることにしました。




c0197219_221930.jpg

吹きこぼれる土鍋に不安になりながら半信半疑でお粥さんを炊いた。

米から炊くと香りがとてもいい。
柔らかで重湯のような炊き汁が優しい。




もう一つ問題を抱えていた。
それは1月7日は初出なのです。
仕事なのに朝から作る時間と余裕がないのですよ。(気力も…)

苦肉の策とでも云いましょうか、お粥さんは前日に炊いて刻んだ七草も準備しておく。

そして7日の朝に温めたお粥さんで七草粥を完成させた。







c0197219_2217515.jpg

すずしろの葉と根の先を残しておいて少々ワイルドな盛付けに。
いかがでしょうか?

薄塩のお粥さん。
梅干しでサラサラと。

正月で弱った胃にやさしい七草粥。
お粥さんのバリエーションを広げたいですね。
中華粥も気になる!




参考までに☆
[PR]
by tipo-27 | 2013-01-07 22:35

太刀魚を喰う

c0197219_2334877.jpg

塩焼も好きだけど今回はお刺身にしました。
ノーマルな刺身も美味しいけど今回は炙り焼に。
三枚に下ろしてバーナーで炙る。
香ばしく少しだけ食感が良くなりました。








c0197219_23393333.jpg

11/22pm
釣り仲間との定例会。
ワインドがメインリグの私ですがテンヤを忘れた。(確信犯)
半ば強奪したテンヤ&キビナゴで釣れた。
釣友がボコボコ釣り争うのを横目に、根掛かり&ロストで意気消沈して戦線離脱するのであった。



*人のふんどしで相撲を取るのはダメだ。
 教訓という秋風が身に刺さる。

More
[PR]
by tipo-27 | 2012-11-29 23:55 | 料理