おいしい時間

タグ:肴 ( 82 ) タグの人気記事

姫路おでん

c0197219_14304982.jpg

この小瓶は秘密のアイテムです。
なんて事はありませんが、世の中は新しい発見や出会いであるれている。
先日のこと、自転車で新規開拓のため新しい道を走っていた。
目的地に満足し、二つ目のポイントである足湯に浸かってホカホカ気分。
偶然、熟年夫婦と隣合わせたわけですが、自然に世間話になる。
「何処から?」
と聞かれ明石ですと答えた。
「そうなの、私達は神戸からよ」
極普通の会話だった。
明石に反応してくれ、昨夜は西明石で食事して飲んでたと云う。
神戸でも西部なんだと思った。
私も一応、西明石に対して答える。
良い店ありますよ。
「そうなの?どこかしら?」
お気に入りのお店を教えてあげた。
今の時期はおでんが絶品なんですよ。


すると激しく食いついてきてくれた!
「姫路おでんって知ってる?」
もちろん知ってるし大好きだ。
生姜を擦って醤油を掛けたら美味いですよね!
しかし意外にも姫路出身だったらしく、「それ違うわよ!」と…
何が違うのだろう。
「生姜醤油は作り置いて寝かしてから使うものよ」
私…えっ?そうなんですか??
「そうよ!」
それから詳しく教えてくれました。
皮付きの生姜を摺り下ろして醤油に漬け込む。
生姜の量はお好みで良いらしい。
「半年はもつわよ」
へぇ〜
その生姜醤油のレシピとおでん以外のレシピも教えてもらった。
生イカをさっと湯通ししたものに、この生姜醤油を掛けると簡単で美味しいとのこと。
まるで私がイカ釣りが好きなのを見透かしているのか!?
これはほんと納得できるレシピです。
私がエギンガーであることは面倒くさいから伏せておいた。

何故なら私の足が真っ赤に染まってるからだ。
足湯も限界に達していた。

c0197219_1430235.jpg

2日間漬けただけなので申し訳ないが違いを判別することは不可能であった。
しかし美味しいことに変わりない。

c0197219_14311980.jpg

温かいおでんと冷えたビールが定番ですが、ぬる燗も試したのですがこれもイケるね。
[PR]
by tipo-27 | 2014-12-31 14:26

ゴーヤと太陽

c0197219_2004529.jpg

ゴーヤと太陽は密接に関係している気がする。
既にスーパーで売られていたのは承知してました。
しかし手が伸びるに至らず。
何故なんだ…


先週からの梅雨入りで蒸し暑いから体調維持も大変だぜぇ!とか毒づく。
徐々に気温が上がるには対応出来ても急なのは辛いよ(ほんと)

前日は釣部の定例会で、深夜まで粘った甲斐なく撃沈し副会長に獲物を戴いた。
その魚を肴にしながら、美味しく食べながら飲んでたら朝になってしまった。(写真は無いけどスルメイカの胴わさび和えと肝バター下足焼き。絶品ものでした)

目が覚めると快晴ではないか。
あららの展開は基本なのでサ程あわてる事なく、朝食兼昼食の「お弁当」を作ることにしましょう。


c0197219_20504388.jpg

海を眺めながら夏の日差しを感じながら食べる。
近場といえ保冷剤も用意した。
梅雨の気配なんて微塵もない。小さいながら積乱雲も発達してる夏の風景です。
自転車で走ると気持ちいい感じで、強くペダルを踏むと汗が体温を下げる絶妙なバランス。
梅雨の晴れ間も自転車には適してるね。
(真夏はダメですよ!)


お弁当を食べた後は、以前からのお目当ての「たいやき」を買いに行こう。
知人のクチコミなんで楽しみにしてたのに、Googleマップに従って行くと…更地に成ってました。
あららの展開には慣れてるといえ少し悲しくなった。
「羽根つきで粒あんがぎっしりと」こんなふれあい。
あんこ好きの私としては残念極まりない。だって地元で誇れる美味しいもん探してますもん(涙)

気を取り直して次なる次点候補に行こうと思いましたが、交通量の多い国道を走るのは今日は嫌だ。
「わがまま」とはこのことだね。誰にも迷惑をかけてないけど我が道を行く。
播磨自転車道に戻り、夏の予感を楽しみながら帰路に。
走ると気持ちいいけど、立ち止まると汗が吹き出すのが梅雨の晴れ間ライドかな。

帰りに足らない物を調達しにスーパーに寄るとゴーヤに目にとまる。



c0197219_21444962.jpg

夏の日差しはゴーヤを美味しくしてくれます。
今年、最初のチャンプルーです。




おまけ♫
c0197219_21475372.jpg

冷やしトマト
摺下しとみじん切りの淡路島タマネギのドレッシングです。
タマネギの甘さが粗塩を振っただけのトマトを際立たせてくれました。
オリーブオイルとほんの少しのお酢で。
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-08 21:56 | 料理

山椒の実がなってた@自宅

c0197219_2352295.jpg

今更ながら植物の成長スピードについて往けない私です。
数週間前には若葉も皆無だった山椒の木が青々としていた。
実も生ってるではありませんか。慌てて収穫しました。
確か昨年はちりめん山椒を作ったような(笑)
今回は汎用性のある「山椒の醤油煮」を作る事にしましょう。



c0197219_23524532.jpg

下茹でして灰汁を抜き、日本酒と味醂、醤油少々で水分が無くなるまで焦さないように煮詰めます。




c0197219_23525380.jpg

完成して味見をすると濃味ではありますが、ピリリと辛く山椒の風味が実にいい。
そのままでも良い肴ではあるけど、少量の味噌と和えたら即席の肴が出来ました。
実に酒飲みのアテではありませんか。豆皿の上で個性豊かな風格を醸し出してる。
ちびりちびりとヤルのが作法で御座います。





基本の醤油煮を使いアレンジの一品も簡単に出来ます。
c0197219_2353276.jpg

出汁昆布を刻んで佃煮を作ろう。
梅干しも追加しての豪華版だ。




c0197219_23531082.jpg

しかし…失敗です。
昆布が固いんです。
短時間で市販のように程よい食感の美味しい昆布の佃煮を作るのは無謀だったのでしょう。
乾燥した昆布を使ったからかな?

水で戻した昆布を出汁ごと煮ると柔らかい佃煮が出来たかも知れないです。。。

まぁ…昆布が固いだけで味はいけます。

対策として包丁で叩いたら粘りが出て、相乗効果とでも云えばいいのか旨味が増した。
ほんと料理はオモロイですね。
ここにオクラとか山芋を追加したらネバネバ系の肴が出来そうだと思った。
ご飯にも絶対合うね!




c0197219_2353189.jpg

私が思い付いたのは叩いて「山椒と昆布の梅煮タタキ」(命名)をおにぎりの具に使うことにしました。

そして焼いた。

不味いハズもなく。

かんぺき!(笑)


形が不細工なのは勘弁して下さい。
三角おにぎりが握れないのです私(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-05 00:43 | 料理

どて焼き

c0197219_154354.jpg

ビールが美味しい季節です。
赤い暖簾と甘い香りに誘われて。
ふらっと立ち寄る。
甘い香りの正体は串のどて焼きでした。
冷えたビールがより冷たくなった気がした。


c0197219_15425078.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-31 15:49 |

竹の子づくしの日々

c0197219_22183923.jpg

ゴールデンウィークも終盤。
竹の子掘りに小野市まで行って参りました。
竹の子も終盤らしく地中から既ににょきにょき出てます。
本来なら地中から見えない物を探して掘ると、柔らかく灰汁も少ないようなのだが。
山持ちの知人曰く灰汁抜き次第で美味しいと断言するのである。
ここは彼を信じるしかない(笑)



c0197219_22295481.jpg

皮を全て向いてヌカを大量に投入して1時間煮る。
常温で冷めるまで待つと灰汁抜き完了である。
しかし一緒に行った友人は先に実践して味見をしたらエグ味が少しあったと連絡してくれた。
なので私は冷ましてそのまま一晩寝かせることにしよう。




c0197219_22381096.jpg

完璧に灰汁抜き完了。
このザルがもうひとつあります。
消費苦に陥るのか??


それでは筍三昧にお付き合い下さいませ。



c0197219_22441722.jpg

まずは定番の筍ごはん
薄揚げだけです。
油抜きもしてません。白出汁と塩少々。




c0197219_22484274.jpg

木の芽和え
白味噌じゃあなく普通の合わせ味噌を使いましたがこれもありです。




c0197219_22505673.jpg

オリジナルだ!
イタリアンパセリ和え(笑)
ホワイトソースとパルメザンチーズで。




c0197219_22532175.jpg

バター焼
後掛けで醤油をかけたら味の変化を楽しめます。
焼くと水分が飛んで食感が良くなりました。




c0197219_22552442.jpg

筍と鶏の炊いたん
文句無しの美味さ。




c0197219_22585335.jpg

筍の天婦羅
出汁と塩で。



c0197219_2302271.jpg

筍とわらび、スナップエンドウのアーリオオーリオペペロンチーノ
出汁醤油を使い和風っぽく。



c0197219_22594562.jpg

竹の子掘りのオマケで天然のフキとワラビも採ったので楽しみが増えました。




c0197219_230588.jpg

このフキですが最高にうまかった。
細いけど風味が素晴らしい。




まだ、竹の子がある(笑)
冷凍したのでぼちぼち楽しむことにします。
飽きそうで飽きない竹の子です。
次は青椒肉絲に使いましょう。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-12 23:12 | 料理

菊菜のチヂミ oishii

c0197219_22101249.jpg

ある日の事、菊菜でお好み焼を作るという暴挙を知ることになる(笑)
えっ!?
絶対うまいでしょう!

大好きな菊菜を粉もんで仕上げる発想はなく、カルチャーショックに近い衝撃です。

なら私はチヂミにして薄焼きにしようと思うのであった。
ヒントが有れば料理は楽しい。
ストック冷凍ケンサキイカを使った。

イメージ通りの旨さです。
しかし、豚バラを使ってカリカリにすれば良かったなぁ。

しかしながら
とても美味しい♫
菊菜好きならハマること請け合い(笑)
ケンサキの食感が何時もながら良い仕事をしてくれる。


c0197219_22293657.jpg

水洗いした菊菜をチヂミの粉に投入して、フライパンで焼くだけ。
フライ返しを押しつけ水分を飛ばす。
お好み焼のタブーはチヂミのセオリーなのである。

お好み焼もですが簡単で美味しい。
アレンジも無限ですね。

ごちそうさま。




おまけ
c0197219_22432549.jpg

この日はジャークチキンも追加してワールドワイドなテーブルになった(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-04-14 22:55 | 料理

いがめんち oishii

「いがめんち」

決して誤字でも脱字でも御座いません。
では、いったい何ぞや?!

それは!
c0197219_21461889.jpg

ある素材を叩いてミンチ状にします。
つなぎに小麦粉を少々と全卵を使い、まるでハンバーグのようですね。

フライパンで焼きましょう。
c0197219_21571215.jpg

素材が不明だと特に目新しい程でもありません。
しかし、そこに私なりのストーリーが存在しているので今回のネタに発展したのです。
それは吉田類の酒場放浪記(BS-TBS)を観てると今回の「いがめんち」に遭遇したのだ!
その放送で青森は弘前のソウルフードだと知った。


青森訛りで「いがめんち」ですがイカのミンチで
イカメンチである。

美味そうだし食べたいと思った理由も、イカ釣りが好きだからなのは否定しません。
しかも出番待ちの冷凍ストックの悲痛ともいえる声が聴こえる(笑)

作りたいと食べたいが見事に融合した瞬間です。





c0197219_2391438.jpg

弘前のオカンの味、所謂お袋の味なので家庭で様々なレシピが存在するようです。
イカの下足をミンチにすることは基本で時々の野菜を刻んで入れるのがルーツのようだ。
今回は番組中で紹介されていた弘前の居酒屋「土紋」のレシピを再現してみました。
当然、野菜は玉ねぎを使うことに。
冷蔵庫の白ネギも刻んで入れることにしたのはアドリブです。

マヨネーズに一味を落とし醤油をかけて戴く。
炙りスルメと同じですね。

使ったイカはアオリイカ850gのゲソとエンペラ。このサイズを5枚しか作れなかった。
土紋さんで一日10食しか提供出来ないのもうなずける。

イカ釣りが好きなアングラーにお勧めです。
それ以上に関西圏でも楽しんで欲しい料理だし酒の肴に最適でしょう。
アレンジして自分好みのレシピを開発する意欲をそそる出会いでした。
[PR]
by tipo-27 | 2014-01-12 00:08 | 料理

オイルサーディンを作りましょう

c0197219_21442863.jpg

そもそも、このブログを始めたきっかけは
「釣った魚をおいしく料理して食べる」
がコンセプトだったような…たしか。
そのような経過を経て今は自転車の楽しさを知り自転車がメインテーマではあります。
しかし、釣りも料理も細々と楽しんでいるのも現実で、釣ったからには全力で調理して喰うのである。

とある日の出来事を紹介しましょうね。

先日のこと、真鯵狙いなのですがカタクチイワシが入れ食い状態に戸惑いながら、食べれる分だけ釣るとストップフィッシングです。
時合は何時も突然で、止め時に悩むところですが食べる分しか釣らない。
なので数分で終わった(笑)
釣りは楽しいのですが大量に捌くのは楽しくないからね。


ググったレシピを参考にオイルサーディンを作ることにしましょう。

■手開きで頭と内蔵を取る。
■10%の塩水で漬け込む。(この漬け込む時間で味が決まる)
 今回は1時間漬け込んだ。






■超低温のオリーブオイルで煮る
c0197219_2211250.jpg

IHヒーターだと1か2です。
かなり低温がいいと思われる。なのに、じれったくなった私は油温を急激に上げてしまった。



c0197219_22124387.jpg

けっか身が開いてしまう。
あらら〜!の展開は何時ものことだし然程驚きもしないがビジュアルがイマイチなのは問題アリだ…涙





c0197219_22255364.jpg

タマネギと共にオーブンで皿ごと焼いた。
醤油を数滴ふりかける。


手前味噌ではありますがマイウ〜♫でございます。


しいて云うなら塩水に漬け込む時間が長過ぎたのですこし塩っぱい。
この辺りは経験しないと判断できないかも。



c0197219_22354254.jpg

バゲットにのせて戴くと丁度良い塩梅になった。

次はマイワシで作りたいです。








c0197219_22425238.jpg

おまけですが、釣ったアオリイカを使って”イカリング”も作りました。
天婦羅も美味しいけどサクサクしたフライもとても美味しい。


釣りが好きで良かったと思える瞬間です。
[PR]
by tipo-27 | 2013-12-07 22:50 | 料理

そこのあなたに告ぐ

c0197219_0432345.jpg

蛸とか3Pチーズとか。
そこのあなたに注ぐ!(笑)


今夜はこれコエドビールです。
[PR]
by tipo-27 | 2013-09-11 00:49

カシューナッツ

c0197219_0181051.jpg

頂き物のカシューナッツ。
生を低温の油で揚げたそうです。
揚げたてにミルで挽いた岩塩を掛けて完成だとか。

これが実に美味いこと!
実も大きく甘い、絶妙の塩梅です。
ビールに良く合います。
ググるとローストするものばかりでしたが業者のレシピを見つけました。
140度の低温で混ぜながら揚げるよです。
揚げ終えても色づくので揚げ過ぎないのがポイントらしい。



ごちそうさま
[PR]
by tipo-27 | 2013-09-03 00:35