おいしい時間

タグ:camp ( 49 ) タグの人気記事

キャンプ支度 2014秋

自転車キャンプの装備をチェックすると問題が見つかる。
そもそも自転車に乗り始めた当初からの案件。

それは…
レインウエアどーすんの?
である!

だましだましアレこれ使い廻して来たけど、キャンプとなると荷物に制限がかかるので出来るだけコンパクトで高性能なウエアが欲しい本音かも。
それが足かせになってるのも事実。
何故ならそれは高額な支出を意味するのだ。
二の足を踏みつつ先送りにしていました。

すると価格も手頃で、
超コンパクトなモデルを発見した。
それはmont-bellの
バーサライトジャッケトなんです。

c0197219_22452134.jpg
ジャッケトとパンツにそれぞれ収納袋が付属してますが、空気を抜きながら圧縮するとひとつに収まった。
スマホと比べてもお分かり頂けるでしょう。

極薄なので強度とか期待してませんし、無いと困るアイテムなので願ったり叶ったりの展開に大満足です。

キャンプに限らずバックに入れてもかさ張らないので、通常のポタリングに携帯してもストレスレス♫


c0197219_22020183.jpg
カラーで数分悩んだ。
ホワイトにしたのは明るい色なので雨天時に目立つだろうと思ったのと、雨天時以外に絶対着ない色にしました。あはは
パンツは黒のみ。

今回はブロンプトンで出撃するつもりです。
上手くパッキング出来ると良いのですが。








[PR]
by tipo-27 | 2014-09-23 22:12 | Camp

リストランテ ピノキオに着きました

4/28am 2014
キャンプ場に行く前にもうひとつ特別なお楽しみが待ち構えていた。
秩父市街が見渡せる小高い山の中腹にそれはあった。
短いけどかなりの斜度を駆け上がる。
c0197219_2201836.jpg




つもりでしたが決して無理はしない(笑)
開店まで少し時間があったので店のテラスでまったりするのも楽しい。
そうです秩父のイタリアンを頂くのです。
このお店もKoroさんが事前に紹介してくれていたので情報も豊富です。
なので待ち時間も苦にならない。


リストランテ ピノキオ
この地で創業30年と聞きました。
野菜など産地地消がテーマのようで当然ですが旬の物が戴けるのです。
しかも自家栽培した物も使用するこだわりよう。

まもなく店内に案内され、大きな窓越しに秩父市街が見下ろせる景観が素敵だ。
夜景も楽しめるでしょうね。

この日はランチで訪れたのでメニューは大まかにランチコース(¥2500)とパスタランチコース(¥1800)
パスタなどは数種から選べる。
ランチでも予約するとパンが食べ放題らしい。
どうするか悩むところですが軽くパスタランチにしました。
値段的にもランチコースがお得感満載ですがここは辛抱のしどころ。
何を辛抱するのかは意味不明です(笑)

濃厚なのにすっきりしたスープで始まり、驚愕のサラダが運ばれて来た。



c0197219_2323673.jpg

「真鯛と大麦のサラダ」
などと表現するには明らかに言葉足らずだ。
生野菜の種類もだがマリネやアイスプラントなども。

大皿に盛られ3人で取り分けるのかと思ったら次々と運ばれて来た。
この皿が一人前だと判明する。
素晴らしい♫
サラダを食べるのが楽しいなんて思うのは何時以来なんだろうか!?




c0197219_23182079.jpg

「玉シャモの砂肝と菜の花のパスタ」
オイル系なんですが自家製柚子胡椒が別皿で添えられてた。
途中で柚子胡椒を追加して楽しんで居たら…ガツンと舌に痺れが!
柚子胡椒の塊を食べてしまった(大汗)
青唐辛子は辛い(笑)
しかしこの柚子胡椒が美味いから自作したいと思お。
(玉シャモは埼玉のシャモのこと)

パスタは大盛りにしたので堆く、秩父の山々の如く存在感を醸し出している。
豊かな秩父を食べる。
c0197219_23363166.jpg






c0197219_23393889.jpg

これはkoroさんが選んだ「ホタルイカと杓子菜の手打ちパスタ」
一口戴きましたがこれも美味い。
私とゲンジさんは同じ物をチョイスしたのでkoroさんのパスタをつまみ食いです。
激減したのに穏やかに笑うkoroさんに感謝ですね(笑)






c0197219_23523782.jpg

ドルチェも素敵だ。
ゆずシャーベットや店舗の庭に植えられた栗で作るモンブランを添えたロールケーキなど。
豪華です。

ソフトドリンクも付いてて私はコーヒーを。
生ジュースやエスプレッソ、追い金でワインも選べます。


この楽しさがこの値段、自然に頭が下がりました。









しかし、この記事で共感してくれても、参考にしてくれるか疑問。
なんせ関西発ですもんね。
もし秩父に行く機会があれば是非とも立ち寄って欲しいと思います。
私も次は何時になるか分かりませんが秩父に行く時は再来店したい。

感動は楽しい。
驚きは感動です。





c0197219_0291693.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-22 00:30 | 自転車

長瀞石畳

4/28am2014
秩父長瀞での記念すべき朝を迎えた。
自転車キャンプ泊の楽しさは仲間と過ごすからなんだろう。
きっとひとりだと、自宅と同じように単調に過ごしてしまうのでしょう。
c0197219_2385078.jpg




c0197219_23244326.jpg

川沿いなのか朝の冷え込みがハンパない。私が薄着だったのも原因ですが関西では希少なチリトマトヌードルが気分も身体も温めてくれた。
分け合って食べたコッペパンがチープだと言えるけど豊かな心になる。
なぜなんだろう。



c0197219_23265149.jpg

長瀞石畳をkoro156さんの案内で目指します。
ローライトな朝ですが自転車で走ると丁度いい感じです。





素晴らしい景観、頂上から観ると脚がすくみます。




c0197219_2347392.jpg

長瀞石畳は観光のメジャースポットだけあり土産屋さんやレストランもあり、この遊覧船もここから出船してます。









c0197219_23552122.jpg

迫力ある景観に時を忘れて見入るのでした。






c0197219_064439.jpg





c0197219_071998.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-17 00:04 | 自転車

「づりあげうどん」と「ボルドー」

c0197219_19121634.jpg

4/27pm 2014
koro156さんの弟さん夫婦が持参してくれたスノーピークの焚火台Sを使わせてもらいました。
コンパクトになるし網も使えて良いですね。
なんて考えながら獅子唐と椎茸からスタートです。
この椎茸は秩父産で、小ぶりですが肉厚でブリブリしてて美味かった。




c0197219_19212430.jpg

そしていよいよお肉の出番。
当然と云えば当然なんでしょうが弟さん持参の食材は勿論「豚ホルモン」であった。
そして豚バラと。
二日続けて「豚ホルモン」を堪能出来るなんて夢のようだ(笑)
おいしいね〜♫



c0197219_19281845.jpg

ネイチャーストーブ用に枯れ枝を調達するも整備されてる為か意外に少ない。
まあ明石と福井の松ぼっくりも大量に有るし大丈夫でしょう(笑)




するとkoro156さんがパニアから謎の物体を取り出した。
なんだろう??
見ただけではさっぱり分からんです。
c0197219_19325982.jpg

これです!

正体はボルドーバーナーだそうです。
30年前に買ったビンテージのベンジンバーナーらしく、スイス製のハンドメイド。
形はとても美しく魅力的なバーナーだ。
使い方を実践してくれるようです。

一同、興味津々でkoro156さんを見つめる。


しかし…





ご覧の通り、経年劣化で燃料を充填する部分のパッキンが破損してたので燃料が漏れ引火してしまったようだ(笑)
笑ってる場合ではないけど笑ってしまう。
いいもの見せてもらいました。あはは

笑い過ぎてゴメンナサイ。




しばらく笑い混じりで盛り上がったのは言うまでもない。
弟さん夫婦も帰られ、辺りも薄暗くなって雰囲気も最高潮。

c0197219_1957251.jpg

形見のストーブ達がこの夜の主役。
ソロストーブとワイルドストーブだ。

ゲンジさん曰く、直火OKのキャンプ場は珍しいとのこと。
ブロックが無造作に置かれてたので風防代わりに使う事にしましょう。



c0197219_20735.jpg

ソロストーブにゆらゆらと火が灯る。
落ちつくのである。




c0197219_20132680.jpg

早くから飲み食いしてたので近くの酒屋で簡単に缶詰などで済ます作戦。
ビールを少し買って、ゲンジさんが福井から持って来てくれた地酒もある。

さんまの蒲焼きが焦げる薫りがいいぞ(笑)





c0197219_20263475.jpg

4人で乾杯した。
亡くなったSやんのカップを中心に。


かんぱ〜い♫


彼が天国で喜んでる。
そう願わずにいられない。


何時だったのでしょうか?
小腹が空いたのでさっき買ってた、うどんがあるから食べよう。
c0197219_20322559.jpg


タイトルのづりあげうどんです。
秩父の呼び名であるのですが、釜揚げうどんと云えば理解して頂けるでしょう。
そして、ここにも偶然が必然だったことに驚いた。
キャンプ場近くの酒屋で生うどんをゲンジさんが見つけた。
酒飲みでないゲンジさんは賢明な視点で食材を考えていたのでしょう。
そして私はうどんのレシピを瞬時に考える。

そうだ!自家製出汁しょうゆがあるぞ。
なんとか成るな。
すると店のおばちゃんが白ネギを自宅の倉庫から持って来てくれ、なんとただで頂いた。



うどんをすすりながら、koro156さんが「づりあげうどん」って言うんだよこの辺りでは。
と、つぶやいた。

しかもこの出汁しょうゆはSやんのお母ちゃんから戴いた経緯があっただけに偶然ではない。
そう思わずに居られない。
多分、Sやんが教えてくれたんだ。


これが〆に最高だったことを付け加えておきます。





ワイルドストーブが冷え込むにつれ良い仕事をしてくれました。
視覚的に温まるだけでなくソロストーブより大きいから暖がとれた。

c0197219_2114577.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-11 21:26 | 自転車

コッペパンと長瀞キャンプ

c0197219_2381655.jpg

4/27 2014

サドルバッグも三者三様です。
手前の青tikitは私ので........リクセンカウルのマッチパック20L
中の赤tikitはゲンジさん......キャラダイス キャンパー最大24L
奥の緑tikitはkoro156さん..キャラダイス SQR トラックス16L

注目すべきはゲンジさんのキャンパーでしょうか。
容量も大きいしスリーピングマットをZソル(非収縮マット?)を外付けすることで、サドルバッグ内の容量をフル活用している。
なので必要最小限のアイテムをフルカバー出来る仕様です。
簡単に云えばソロでも十二分にテント泊が可能なレベル。

謎なのはkoro156さんです。
限られた容量なのに、まるでドラえもんのポケットの如く色んな物が出て来る。
良く云えばパッキングの達人!でなければ詰め込み名人か(笑)

両者に共通してるのはソロで旅に出れる術とスキルを持ち合わせてることでしょう。
うん〜ん、、、私はまだまだ修行が足りません。



c0197219_0112.jpg

しかしゲンジさんの背中にデイパックが!
まだ荷があるのか!?
ネタを明かせば「松ぼっくり」なんです。
ソロストーブとワイルドストーブ用にkoro156さんのたっての願いからです(笑)



c0197219_012687.jpg

市街にある秩父神社でお参りをする。
以前、koro156さんに頂いたお守りもパニアバッグに入れてます。
感謝を込めてのお参りです。


c0197219_02584.jpg

当然ですが秩父在住のkoroさんの案内でコッペパンで有名な松本製パンも程近く、何とも素朴な菓子パンをふたつ購入したので後で珈琲と戴こう。




c0197219_023524.jpg

秩父太平洋セメントの煙突は面白い形だ。
煙突もですが工場そのものが秩父のシンボリック的な側面を物語る。
町に地場産業は不可欠ですし、過去や未来が現在を照らし出していた。


c0197219_035735.jpg

向かうは長瀞です。




c0197219_042328.jpg

この道は石畳で新緑のシャワーを浴びながら眼下に荒川の川面が見え隠れする。
ラフティング艇がクルージングしてた。

c0197219_04449.jpg

短い峠(注1)をひとつ越えると穏やかで気持ちいい舗装路が続き、とても走りよい。
ほんと気持ちいい。

荒川にまたがる橋を渡ろう。



c0197219_05687.jpg

下流側も



c0197219_052843.jpg

上流側の景観も素晴らしい。




c0197219_054891.jpg

首都圏から程近いのに、秩父はアウトドアライフの聖地と思わせる環境だ。
だからかモンベルが長瀞に出店している。
この日は暑いからゲンジさんがショートパンツを調達することに。
トレッキングもするので山用を購入したようです。
アウトドアショップが現地にあると便利ですね。
しかもモンベルの社員だったらグランドフロント店よりココで働きたいでしょう。
少なくとも私は(笑)



c0197219_1910937.jpg

新緑が美しい。
まだシーズンオフなのか広い敷地に数組のキャンパーだけです。
ほぼ貸し切り状態(苦笑)
そしてkoro156さんの弟さん夫婦も船橋から駆けつけてくれ、ビールや BBQの材料も持ち込んでくれた。
有り難い!時間が押して買い出しがまだだったのだ。
ありがとう。この場を借りて感謝です。

そして、そのままBBQに突入(笑)





c0197219_197579.jpg

皆の目を盗んであんバターを食べた(笑)
素朴ですが直球勝負なのが好印象です。





お酒でほぐれたのか徐々に盛り上がる。
ある事件が起きるまでは、、、、、


その件は次の記事で。



注1)翌日にとんでもない峠を…いや、ヒルクライムを経験する布石に過ぎない(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-10 19:35 | 自転車

Solo Stoveデビューとジャークチキン

先日、購入したソロストーブを使ってみた。
テストなので自宅ベランダが晴れ舞台です。


c0197219_16294084.jpg

c0197219_16302924.jpg



ソロストーブは先日のマキノキャンプでその性能のゆるい雰囲気が、
自分に合ってるような気がした。


そして本日、実際に使ってみましょう。
燃料はもちろんAmazonで購入した松ぼっくり!えっ?それは無い?(^o^)ですよね。
神社の松林で拾って来た松ぼっくりです。
c0197219_16371749.jpg

ソロストーブに松ぼっくりを二つ入れてバーナーで点火する。
するとみる見るうちに炎を高くゆらゆら揚げる。
ガスストーブとは一味も二味も違うゆらゆらの炎だ。
いいぞ!ソロストーブ、偉いぞ松ぼっくり!
c0197219_16374410.jpg

思わず叫んでしまうほどの高揚感。
火を見るとアドレナリンが分泌されるのだろう。
かなりハイテンションです。

そして今夜の肴は!?
ジャークチキンだ。
が度々作っててホンマに旨いの?焦げてるやん!とか思ってた。
朝から電話して詳しいレシピを伝授してもらう。
簡単である。
ジャークチキンのシーズニングソースを鶏ももにすり込んで漬け込む。
本当は冷蔵庫で2、3日漬け込むらしいが今朝聞いてソースを買いに走ったので今晩に間に合わないよ(>_<)
しかし裏ワザのアドバイス通り常温で5時間漬けこむ。常温がポイントね(^o^)
早速焼きましょう。
c0197219_16425226.jpg

(今回は鶏もも肉と唐揚げ用のチューリップを使用)
家庭ではオーブンで焼くのですが今回はソロストーブだから上手く焼けるか不安です。
しかしソロストーブとの相性はバツグン!
c0197219_16451575.jpg

目の前で火を調整する事が出来る。
簡単に言えば焼鳥を焼く要領です。
ソロストーブの醍醐味を味わえる一品となりました。
c0197219_1646628.jpg

「レモンは必須よ!」妹談
(げっ!レモンを盛るの忘れた…)

ジャマイカの熱い夜をどうぞあなたも。
ビールに合う!

ソロストーブは優秀な調理器具だ。
[PR]
by tipo-27 | 2013-06-15 16:51 | 自転車

c0197219_2322998.jpg

焚き火
キャンプ場で焚き火をした。薪の火はやさしい色と音がした。
ぱちぱち。
オレンジ色。

solo stoveも手に入れたことだし「焚き火」デビューしよう。
[PR]
by tipo-27 | 2013-06-06 23:35 | 自転車

自転車でキャンプがしたい

先日も書いたように「自転車キャンプがしたい!」
の続編です。
やはり大物であり最重要案件はテントです。
コスパモデルに最有力候補が現れた。
ヨーレイカ midori2です。

筆頭は先日のケルティ Salida2ですが後発のmidori2はなんと$10安い約$150だ。
二匹目のドジョウでは無いでしょうがフライシートにベンチレーションを設けるして安さと機能性をアピールしている。

Backpacker Editor's Choiceこそ逃したもののそれに匹敵する評価を得てるようです。


c0197219_22223812.jpg


値段だけ安いモデルは有るにはあるけど重かったりかさ高いや、軽くても超高価だったりする。
コスパ優先で選ぶならこの2点が最有力です。
[PR]
by tipo-27 | 2013-05-25 22:26 | 自転車

自然の流れ

自然の流れと云っても清流の川の流れでもなく、海釣りでの潮流のことでもありません。
それは自身の自転車生活に関係している。
ポタリングを通じアウトドアで珈琲を淹れたり棒ラーメンを作ったりするこの頃。
「おとなの遠足」であったり「おとなの修学旅行」と銘打って自転車を通じて友人との交流を楽しんでいる訳です。

そんな折しも「自転車でキャンプ」なんてキーワードが急浮上するのも「自然の流れ」だった。
なので少しずつ道具を集めることにしましょう。

自転車キャンプがしたい!


基本事項は、自転車に積めること、輪行に支障がないこと。

ようするに道具をコンパクトにまとめないとダメなわけです。
軽くて高性能な道具を。
しかし軽くてコンパクトなテントや寝袋は値段と正比例する。
しかも自転車キャンプとなるとソロが基本だから既存の物など使えるハズもない。
幸い友人達も時を同じくして自転車キャンプギアを調べ始めていたので情報は膨大です(笑)

そんな中、低コストでありながら高パフォーマンスのテントの存在を知った。
アメリカのBackpacker誌の2011年の最優秀テントに輝いた「KELTY Salida 2」
c0197219_20462872.jpg

とにかく軽くて安いのです。(約$160)
所謂コスパに優れたモデルなのです。
もちろんお金を掛けると優秀なモデルは沢山ある。
でも私の選択枝は失敗覚悟でローエンドのコスパモデルに賭けてみる。
ローエンドモデルでも評価に値するのだから初心者が使うのにはいいかもね。




[PR]
by tipo-27 | 2013-05-23 00:49