おいしい時間

タグ:tikit ( 193 ) タグの人気記事

「軍師 官兵衛」三木ポタリング

お盆休みの晴れ間を縫うように自転車で出かけることに。
久しぶりにtikitで行くのである。

c0197219_00021066.jpg
ここのところ、ブロンプトンばかり乗ってます。
輪行は当然ですし、近場もお気軽ママチャリ感覚なのが良いんです。
しかし今回はtikitの出番だ。
市街地はともかく山間部や郊外はtikitが走り易い。
今回はお隣である三木市に行こう。
大河ドラマで仕入れたゆかりの地です。
前回は記事にしてませんが姫路の御着で「官兵衛ポタリング」をしました。
自宅明石から往復70kmぐらいだったかな?!
そんなこんなの第二回です(笑)

c0197219_00252021.jpg
旧玉置家、国の有形文化財の家屋を目指すことに。
ぽつんと佇む家屋の存在感は良い雰囲気ですが、ここだけでは物足りない。
残念ですが写真に収めるだけになりました。



c0197219_00254857.jpg
そしてほど近い、三木城跡に登った。
自転車でもなんとか登れる斜度です。
高台から見下ろす三木市街の景観は素晴らしい。



c0197219_00260017.jpg
若くして天命を全うした別所長治公、照子夫人の首塚。



c0197219_00262054.jpg
そして今回の目玉は竹中半兵衛のお墓です。
羽柴秀吉の軍師で官兵衛と共に両兵衛と云われた名軍師なのです。
かなりドラマに感化されてますね。あはは



c0197219_00264089.jpg
竹中半兵衛のお墓に程近い丘に「秀吉本陣跡」があります。
自転車を置いてまで登る気になれず。
休憩してグルメポタに移行しよう(笑)


三木市在住の友人にグルメ情報を聞きつつ、かねてから食べたかった「かき氷」の和菓子屋にGO!
ちょっとしたミスでルートを間違えたのでランチはキャンセルです(汗)
同じ道を引き返すのは嫌なので帰路にあるかき氷店を目指しました。
しかし、店外にも長蛇の列が連なってる。
見聞きしてたので当然ですね。
今日は列んでまで食べる日和ではないと判断する。
蒸し暑く時折、小雨がちらつく不安定な気圧配置。
帰ってシャワーしてビールが最善だと思った次第です。
グルメポタもダメダメな感じ。


それにしても自転車の特性は実に面白い。
ブロンプトンばかり乗っててtikitに乗るとふらふらした。(パニア特性?)
でも漕ぎ出すとtikitはスピード感がまるで別物だ。
細かなシフトが可能だからでしょうか!?
今日のような、ゆるい登り基調なコースは断然tikitです。
そんな意味でロードバイクもありですね。
もっと楽に速いんでしょう。

歴史ポタリング家の誕生を記念しよう(笑)
これで私も歴ポタ家の仲間入り!えっ?だめ??












[PR]
by tipo-27 | 2014-08-22 23:46 | 自転車

ボトルホルダー考察

暑い日のライドは熱中症の対策が必要です。
こまめな水分補給は勿論のこと、ボトルの使い勝手が良いことが重要です。
それでは使い勝手が良いとは如何なる条件を満たす物なのでしょう。

直ぐ手にする事が可能な位置に取り付けれる。
安易に落下するような事がない。
汎用性があるもの(保冷ボトル、ペットボトルが使用可能)

などですが、私のようにtikitやbromptonでの輪行が多い場合は少々条件に縛りが発生します。
折り畳んだ時に各部と干渉するのは困る。
しかも常に脱着あるいは位置変えするのも嫌です。

c0197219_12090271.jpg
そこでヒントをkoro156さんに頂きました。
というものです。
実際使われてるのを見たのがきっかけ。
そもそも山用で、ザックのショルダーに取り付けるもの。
素材もポリエステルとPVCなので軽くフレキシブルなのです。




c0197219_12164594.jpg
色は黒しかありません。
それではブロンプトンに装着しましょう。
ハンドルポストに上手く着きました。折り畳んでも何ら問題はありません。

そして最大の利点は
そのフレキシブルさにあり!
輪行袋に収めても軽く押し付けると妙な凸起も解消されます。
復元も同じくです。




c0197219_12335191.jpg
これは良い感じです。




c0197219_12344118.jpg
コンプレッション用のコードで固定すると、落下の心配もまずないことでしょう。




c0197219_12374265.jpg
直径の小さいペットボトルも上下のコードで固縛すると安定します。




c0197219_12451202.jpg
取り付けも至って簡単、ベルクロで留めるだけ。
トップにバックアップ用のループがあるので、どうしてもズリ下がるや左右に回るようなら工夫すると上手く固定出来ると思います。
ブロンプトンもtikitもベルクロだけでオッケーでした。
中々の優れものです。
ザックに取り付けるこのような製品は各メーカーより多種発売されてますので、カラーなどの選択枝もあることでしょう。
興味のある方は探してみては如何でしょうか。


まだまだ夏は長いので熱中症に注意して自転車を楽しみましょう。






こんなのも…おまけ
[PR]
by tipo-27 | 2014-08-03 13:11 | 自転車

カツサンドとタイヤ交換

c0197219_21432933.jpg

6/21 2014
tikitのタイヤ交換をすることにしよう。
(コジャック シュワルベ16×1 1/4)
師匠の教えを守りベビーパウダーをチューブに添付した。
こうする事でタイヤとチューブとの圧着トラブルが軽減されるようです。
次回の交換も容易になるとの教えだ。
それにタイヤとチューブをリムに取り付ける時に滑りが良い感じがする。
これは有効です。

ただそれ以外の真意の程は定かでは御座いません。
しかしながら、これまでトラブルらしいトラブルがないので今更止められない(笑)
タイヤ交換もこれで三度目なので手慣れてきた。
c0197219_21433652.jpg

タイヤのロゴが以前より大きくなってます。
tikitには合うけどブロンプトンにはどうなんだろ!?
ロゴがリフレクターになってるので安全面は多少なり向上したといえます。



c0197219_21435758.jpg

早速、試走です。
何のトラブルもなく快走だ。
おNEWはいいね!速くなったとかグリップが良いなんて実感はありませんが(笑)
c0197219_2144691.jpg

まだ海開きしてませんが泳いでる人も居ました。



c0197219_21441284.jpg

朝からトンカツを揚げました。
そして千切りキャベツを挟みトーストした食パンでサンド。

私のカツサンドは揚げたてをウスターソースとトンカツソース3:1にドップリつけ込んでます。
真っ黒くからめてパンに挟んで完成です。

あっ!サンドしただけではダメだった。
プレスしないといけない。
私は適当に目の前にあったまな板を載せフライパンをも(爆)


夏の海はいいですね。
太陽が眩しく輝いてます。


追記:美味しいけど喉に詰まる。夏の海辺にカツサンドは合わん。
        さらっと素麺弁当の開発に着手しました(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-29 22:28 | 自転車

秩父

GWの秩父紀行もようやく完結しました。
写真や動画の多さに戸惑う(笑)
文才もないのに、楽しい思い出を少しずつ書き留めたつもりです。
遅いのは私の個性なので仕方ない(汗)
動画が完成したので報告を兼ねて備忘録的に残す事にします。






ブログ内の記事を時系列に並べました。
スルーしてもらって結構です(笑)
秩父に行くぞ!
秩父ホルモン
羊山公園の芝桜
自転車キャン泊スタート!
ながとろキャンプ
ながとろ石畳
秩父サイクルトレイン
秩父イタリアン
ヒルクライムからのキャン泊
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-19 00:09 | 自転車

まさかの…

秩父自転車テント泊2日目のこと。
絶品イタリアンを食べてまもなく、壮絶な展開が待ち受けていた。

いきなりヒルクライムからスタートである。
秩父、丸山と云う山頂のキャンプ場を目指すのです。
海抜200m辺りから出発し、標高900mの山頂を駆け上がる。
総長10kmに及ぶ距離の全てが登りだ。
過去に本格的なヒルクライムを経験したことがないので、不安だけが先行して脚が動かない。
初めての道だと尚更のこと。
ゴールが見えない激坂は、かつて経験したことがないダメージを心身に及ぼすのである。
c0197219_21504241.jpg

それぞれ15kg前後の荷を積んでいるのだから負荷はハンパない(汗)
そんな中腹での眺めは最高です。





c0197219_23401897.jpg

幸いというか、車の往来が少ない。
なので蛇行しながら膝の負担を軽減しながら走る戦法を試みる。
これが素晴らしい作戦だとわかった。
歩き押しより楽チンなのです。

ただ時間は掛かるのが難点でしょうか。
10kmを倍以上の時間と距離を走ることになる。

2m進み
1m下る
気の遠くなる行程を何度も何度も繰り返し蛇行するのです。

余談ですが「長距離も激坂でも何時か終焉が訪れる」
これが自転車の楽しさなのです。
ひとりでは諦めたかも知れませんが仲間がサポートしてくれる。

そして達成感がふつふつと溢れ出す。

坂が好きになりそう♫



c0197219_23124720.jpg

山頂のキャンプ場だけあり景観が素晴らしい。
自転車に大荷物
他のキャンパーさん達がが二度見する(笑)



c0197219_23182391.jpg

ヒルクライムの達成感が心地いいです。疲れもあるがナチュラルハイなんでしょうね。
この日のビールは最高に旨いと思う。



c0197219_23261115.jpg

秘蔵レシピのお披露目です。
自家製の出汁しょう油を使って焼いた「固やきそば」
蒸し中華そばをそのままカリカリに焼いて出汁しょう油を絡める。
千切りキャベツをスクランブルして戴きます。
アウトドア向きのレシピですよ。
見ため以上にバリ旨だ。
濃い味ストレート出汁しょう油の勝利です。
(自宅でも試そう)




c0197219_2345563.jpg

夕陽と共に雰囲気は最高潮。
冷え込みは前日の長瀞より穏やかだと思った。
 HOTウイスキーが体内を温めてくれたに違いない。


陽が沈み夜の帳が気分を高揚させた。思い出と未来について語らう。






心配した低気圧の影響もなく朝を迎える。
c0197219_23585160.jpg

高知産のうるめイワシを炭火で燻し焼き。
ゲンジさんが炊いてくてた、ご飯で朝食を食べた。

c0197219_021866.jpg

脂ののったイワシがホクホクご飯と相まり、キリッとした朝の空気を更においしくしてくれる。







楽しい時間はつかの間なのか。
帰り支度をしながら余韻を存分に噛みしめた。

c0197219_0114639.jpg

昨日の激坂も、ダウンヒルとなるとブレーキシューの心配やリムの加熱が心配になる。
終始ブレーキを掛けながら降りるのも恐いです。

などと云いながらも下山すると少し寂しくなる。
後は帰路に着くだけだし。




その後はkoro邸に帰り、デポ車に自転車を積み込んだ。
そして武甲温泉で温泉につかり疲れと落とす。
温泉はええね。
露天風呂から見える空を眺めほっとする。



いよいよ皆とお別れだ。

しかし其の前に…
今回、最後のお楽しみをば。



c0197219_0291134.jpg

秩父蕎麦をいただきます。
koroさんお勧めの「田中屋」さんというお店です。
丼とのセットもありましたが。ここは秩父蕎麦を存分に味わいたく「せいろ」にしました。
メニュー名は失念しましたがこの蕎麦が二枚です。
満足出来る味と量に感激。
もう一枚イケましたが大人の理性でこらえます。



食後、お店でそれぞれの帰路に尽きました。

もうかなり経つのに昨日のことのようです。





また再会出来ることを楽しみにしてます。

koroさんにも。
ゲンジさんにも。
そして秩父にも。
ありがとう。
[PR]
by tipo-27 | 2014-06-17 01:01 | 自転車

リストランテ ピノキオに着きました

4/28am 2014
キャンプ場に行く前にもうひとつ特別なお楽しみが待ち構えていた。
秩父市街が見渡せる小高い山の中腹にそれはあった。
短いけどかなりの斜度を駆け上がる。
c0197219_2201836.jpg




つもりでしたが決して無理はしない(笑)
開店まで少し時間があったので店のテラスでまったりするのも楽しい。
そうです秩父のイタリアンを頂くのです。
このお店もKoroさんが事前に紹介してくれていたので情報も豊富です。
なので待ち時間も苦にならない。


リストランテ ピノキオ
この地で創業30年と聞きました。
野菜など産地地消がテーマのようで当然ですが旬の物が戴けるのです。
しかも自家栽培した物も使用するこだわりよう。

まもなく店内に案内され、大きな窓越しに秩父市街が見下ろせる景観が素敵だ。
夜景も楽しめるでしょうね。

この日はランチで訪れたのでメニューは大まかにランチコース(¥2500)とパスタランチコース(¥1800)
パスタなどは数種から選べる。
ランチでも予約するとパンが食べ放題らしい。
どうするか悩むところですが軽くパスタランチにしました。
値段的にもランチコースがお得感満載ですがここは辛抱のしどころ。
何を辛抱するのかは意味不明です(笑)

濃厚なのにすっきりしたスープで始まり、驚愕のサラダが運ばれて来た。



c0197219_2323673.jpg

「真鯛と大麦のサラダ」
などと表現するには明らかに言葉足らずだ。
生野菜の種類もだがマリネやアイスプラントなども。

大皿に盛られ3人で取り分けるのかと思ったら次々と運ばれて来た。
この皿が一人前だと判明する。
素晴らしい♫
サラダを食べるのが楽しいなんて思うのは何時以来なんだろうか!?




c0197219_23182079.jpg

「玉シャモの砂肝と菜の花のパスタ」
オイル系なんですが自家製柚子胡椒が別皿で添えられてた。
途中で柚子胡椒を追加して楽しんで居たら…ガツンと舌に痺れが!
柚子胡椒の塊を食べてしまった(大汗)
青唐辛子は辛い(笑)
しかしこの柚子胡椒が美味いから自作したいと思お。
(玉シャモは埼玉のシャモのこと)

パスタは大盛りにしたので堆く、秩父の山々の如く存在感を醸し出している。
豊かな秩父を食べる。
c0197219_23363166.jpg






c0197219_23393889.jpg

これはkoroさんが選んだ「ホタルイカと杓子菜の手打ちパスタ」
一口戴きましたがこれも美味い。
私とゲンジさんは同じ物をチョイスしたのでkoroさんのパスタをつまみ食いです。
激減したのに穏やかに笑うkoroさんに感謝ですね(笑)






c0197219_23523782.jpg

ドルチェも素敵だ。
ゆずシャーベットや店舗の庭に植えられた栗で作るモンブランを添えたロールケーキなど。
豪華です。

ソフトドリンクも付いてて私はコーヒーを。
生ジュースやエスプレッソ、追い金でワインも選べます。


この楽しさがこの値段、自然に頭が下がりました。









しかし、この記事で共感してくれても、参考にしてくれるか疑問。
なんせ関西発ですもんね。
もし秩父に行く機会があれば是非とも立ち寄って欲しいと思います。
私も次は何時になるか分かりませんが秩父に行く時は再来店したい。

感動は楽しい。
驚きは感動です。





c0197219_0291693.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-22 00:30 | 自転車

秩父サイクルトレイン

c0197219_10183537.jpg

長瀞石畳からほど近い秩父鉄道 長瀞駅に到着。
そしてなんと!サイクルトレイン初体験です。
仕立て列車ではなく、通常の列車に持ち込める仕組みなので画期的だ。
地元民も利用してると思われます。

ただ平日のみしか持ち込めない駅があるので注意が必要。
詳しくはwebサイトを参照して下さい。



c0197219_10324441.jpg

切符も昔ながらの硬券です。
SLも走る路線なのでレトロ感がたまらんです。記念にお持ち帰りしました。





c0197219_10454377.jpg

プラットホームにて記念撮影。
滅多にない経験なのでテンション上がりますね〜





c0197219_105683.jpg

GWとはいえ平日の早朝(4/28)なので贅沢に占拠しました(笑)





c0197219_1115562.jpg

ローカル列車の雰囲気が旅情を高めてくれます。




c0197219_1194092.jpg

しばしローカル列車サイクルトレインの旅を堪能して目的の駅に。

「お花畑駅」
なんとも可愛い駅名ですね。
(この写真と車内の写真はゲンジさん撮影)





c0197219_1128552.jpg

新鮮な光景です。





c0197219_1128472.jpg

どこか異国を旅してるようだ(笑)
(koroさん撮影)





改札を抜けると屋台が出ていた。
関西ならタコ焼きなんでしょうが見慣れない物を発見!
ひとつ¥150-也
見ためも味も想像出来ないので食べたい衝動が押さえ切れません。
財布を取り出したら…

koroさんから、ちょっと待ったコールがかかる!
んっ?何事ですか??

するともっと安くて美味しいのを売る店があるらしい。





c0197219_1141431.jpg

さっそく未知との遭遇を求めて移動するのである。
着いたのは地元のスーパーです。

店内に消えたkoroさんをゲンジさんと待つこと数分。





c0197219_11445515.jpg

これです。
見ただけでは何だかわからないでしょう?!

それは秩父のソウルフードである、
みそポテトだ!
じゃがいもの天ぷらに甘い味噌がかかってる。
じゃがいもがホクホクで衣がふんわりカリッと。
甘味噌が合うぞ。美味しい。
古くから食べられてる秩父B級グルメの定番のようです。
おやつやおかずでも食べるようで勿論おつまみにもなる。




c0197219_17514031.jpg

初めての土地は面白いですね。
ごちそうさま。



小腹も満たし一路、koro邸に戻り、補給と装備の入れ替えをして本日のキャンプ場を目指します。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-18 12:02 | 自転車

長瀞石畳

4/28am2014
秩父長瀞での記念すべき朝を迎えた。
自転車キャンプ泊の楽しさは仲間と過ごすからなんだろう。
きっとひとりだと、自宅と同じように単調に過ごしてしまうのでしょう。
c0197219_2385078.jpg




c0197219_23244326.jpg

川沿いなのか朝の冷え込みがハンパない。私が薄着だったのも原因ですが関西では希少なチリトマトヌードルが気分も身体も温めてくれた。
分け合って食べたコッペパンがチープだと言えるけど豊かな心になる。
なぜなんだろう。



c0197219_23265149.jpg

長瀞石畳をkoro156さんの案内で目指します。
ローライトな朝ですが自転車で走ると丁度いい感じです。





素晴らしい景観、頂上から観ると脚がすくみます。




c0197219_2347392.jpg

長瀞石畳は観光のメジャースポットだけあり土産屋さんやレストランもあり、この遊覧船もここから出船してます。









c0197219_23552122.jpg

迫力ある景観に時を忘れて見入るのでした。






c0197219_064439.jpg





c0197219_071998.jpg

[PR]
by tipo-27 | 2014-05-17 00:04 | 自転車

コッペパンと長瀞キャンプ

c0197219_2381655.jpg

4/27 2014

サドルバッグも三者三様です。
手前の青tikitは私ので........リクセンカウルのマッチパック20L
中の赤tikitはゲンジさん......キャラダイス キャンパー最大24L
奥の緑tikitはkoro156さん..キャラダイス SQR トラックス16L

注目すべきはゲンジさんのキャンパーでしょうか。
容量も大きいしスリーピングマットをZソル(非収縮マット?)を外付けすることで、サドルバッグ内の容量をフル活用している。
なので必要最小限のアイテムをフルカバー出来る仕様です。
簡単に云えばソロでも十二分にテント泊が可能なレベル。

謎なのはkoro156さんです。
限られた容量なのに、まるでドラえもんのポケットの如く色んな物が出て来る。
良く云えばパッキングの達人!でなければ詰め込み名人か(笑)

両者に共通してるのはソロで旅に出れる術とスキルを持ち合わせてることでしょう。
うん〜ん、、、私はまだまだ修行が足りません。



c0197219_0112.jpg

しかしゲンジさんの背中にデイパックが!
まだ荷があるのか!?
ネタを明かせば「松ぼっくり」なんです。
ソロストーブとワイルドストーブ用にkoro156さんのたっての願いからです(笑)



c0197219_012687.jpg

市街にある秩父神社でお参りをする。
以前、koro156さんに頂いたお守りもパニアバッグに入れてます。
感謝を込めてのお参りです。


c0197219_02584.jpg

当然ですが秩父在住のkoroさんの案内でコッペパンで有名な松本製パンも程近く、何とも素朴な菓子パンをふたつ購入したので後で珈琲と戴こう。




c0197219_023524.jpg

秩父太平洋セメントの煙突は面白い形だ。
煙突もですが工場そのものが秩父のシンボリック的な側面を物語る。
町に地場産業は不可欠ですし、過去や未来が現在を照らし出していた。


c0197219_035735.jpg

向かうは長瀞です。




c0197219_042328.jpg

この道は石畳で新緑のシャワーを浴びながら眼下に荒川の川面が見え隠れする。
ラフティング艇がクルージングしてた。

c0197219_04449.jpg

短い峠(注1)をひとつ越えると穏やかで気持ちいい舗装路が続き、とても走りよい。
ほんと気持ちいい。

荒川にまたがる橋を渡ろう。



c0197219_05687.jpg

下流側も



c0197219_052843.jpg

上流側の景観も素晴らしい。




c0197219_054891.jpg

首都圏から程近いのに、秩父はアウトドアライフの聖地と思わせる環境だ。
だからかモンベルが長瀞に出店している。
この日は暑いからゲンジさんがショートパンツを調達することに。
トレッキングもするので山用を購入したようです。
アウトドアショップが現地にあると便利ですね。
しかもモンベルの社員だったらグランドフロント店よりココで働きたいでしょう。
少なくとも私は(笑)



c0197219_1910937.jpg

新緑が美しい。
まだシーズンオフなのか広い敷地に数組のキャンパーだけです。
ほぼ貸し切り状態(苦笑)
そしてkoro156さんの弟さん夫婦も船橋から駆けつけてくれ、ビールや BBQの材料も持ち込んでくれた。
有り難い!時間が押して買い出しがまだだったのだ。
ありがとう。この場を借りて感謝です。

そして、そのままBBQに突入(笑)





c0197219_197579.jpg

皆の目を盗んであんバターを食べた(笑)
素朴ですが直球勝負なのが好印象です。





お酒でほぐれたのか徐々に盛り上がる。
ある事件が起きるまでは、、、、、


その件は次の記事で。



注1)翌日にとんでもない峠を…いや、ヒルクライムを経験する布石に過ぎない(笑)
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-10 19:35 | 自転車

秩父へ行こう

4/26 am 2014
秩父に行く方法は新幹線での輪行か、車を使った方法の二者択一です。
当初は新幹線で行くつもりでしたが、乗り換えが面倒になり車を使う事にした。

それは何を意味するか。
自由度が増したのである。
遠方なので26日は移動日に当て、道中で観光することが可能だ。
自転車を買った当初から温めていたプランを実現しようではないか。
願ったり叶ったりの展開に笑みがこぼれた。



c0197219_1317168.jpg

そうです!そうなんです。

富士山なのです。
富士山を背に自転車で走りたい。



c0197219_13185856.jpg

中央道の甲府南ICでおり、358号線を南下し、精進湖を抜けて到着。

そしてお約束の珈琲タイム
天気は晴れ。
しかし、山頂付近にびみょ〜な雲がかかる富士。
西から吹く風に乗り止めなく連なる。

雲…




c0197219_131919100.jpg

湖に流れ込む小川でカップを洗うなんて贅沢ですね。




c0197219_13174276.jpg

爽やかな風が穏やかな気分にさせてくれる。





c0197219_13183157.jpg

西湖はkoro156さんの勧めで訪ねた。
自転車で少し走り富士山の存在感に感動しながら。
時間が許す限り見惚れてました。
そして雲が切れるのを(笑)





そして、いよいよ秩父に向う。
140号線(雁坂みち)で熊谷方面へ。




c0197219_13201284.jpg

途中、お腹も空いたし山梨グルメと云えば「ほうとう」でしょう。
こちらで戴くことに。





c0197219_13201876.jpg

里芋や大根、人参や南瓜やインゲン豆。
具沢山で食べ切るが大変でした。
ホッとする味と云うか安心する優しい感じです。
きしめんのような麺がもちもちして美味しい。

c0197219_13205338.jpg

店内から見た風景。
実は富士山が望めるお店のようでした。
やはりというか雲で見えない(笑)






山梨を抜け、秩父に入った途端に景色が激変した。
まさに渓谷だといえる。
高い山々に切立った斜面沿いに車を走らせる。
深い谷の下に荒川が見え隠れ。
ほとんど車からは見えません。

美しいの一言に尽きる。

電車ならこの絶景を見下ろしながら行くのでしょうね。
それはそれで良かったかも知れない。
[PR]
by tipo-27 | 2014-05-02 13:24 | 自転車